« アジのひらき | トップページ | 芝桜 »

2008年4月22日 (火)

ここで待つわ4 自主トレ場所編

 ずっと以前、まだクリッカーを習い始めた頃、先生にうかがった話に、「犬は物事を映像で記憶する」という意味のことがありました。

たとえば、初めて”おすわり”を家の中で教え、出来るようになったとします。でも、翌日、公園に行ってやらせてみようとしたら、「なんのことですか?(・・)きょとん☆ 」と言いたげで、全然やらない・・・なんてことがあるわけです。

これは、わんこが”おすわり”という動作(芸?)と家の中の景色を結びつけて1シーンの映像として記憶しているからで、公園と”おすわり”は経験が無いゆえに結びついていないってことらしいのです。

 そこで、公園でも家で教えたのと同様に、あらためて”おすわり”を教えると、動作自体は既に理解していますから、「ああ、アレをここ(公園)でもやればいいのね?」とかなんとか考えて、公園でも”おすわり”した経験となり、映像として記憶に残るわけです。

新しいことを憶える最初の頃にこういう事が積み上げられて応用力がつくようで、その結果、赤信号を待つ交差点の歩道の上でも、散歩に出かける前の自宅の玄関の前でも”おすわり”が出来たりするようになるんですかね~?

で、まぁ”おすわり”ひとつ取ってもこんな感じですから、他に”ふせ”を教えても何かの芸を教えても、みんとにとっても、初めてその場所でやるのは、初めて教わるのと同じような戸惑いがあるようです。

 この傾向を把握してると、「なんでやらないんだろう?」と考えることは無くて、「ここでは教えてないもんね」と、りどみぃも、みんとに何か新しいことを教える時の手順が解って来ました。

  1. 家の中で教えて、ハンドサインか言葉のどちらでもやるようにする。
  2. 公園の中で、誰も周囲にいないような集中できる環境で、言葉だけかけてみる。やらない場合は、ハンドサインと言葉を両方同時に使ってやらせてみる。(家の中で出来ていたことなら、大概これで出来る)
  3. 数日かけて、同様の状況の公園で言葉をかけるだけでできるようにする。
  4. できるようになったら、公園内でも他の人や犬が通る場所で、同様に言葉だけでやらせてみる。やらない場合は、ハンドサイン+言葉を両方使って出来るまで、数日かけて教える。
  5. できるようになったら、その場所で言葉だけで出来るようにする。

1度のお勉強は、りどみぃは3回と決めています。(^^;)
それから、クリッカーのお勉強のお約束通り、成功して終わることも守っていました。
シット・ハイを外でやれるように慣らす時には、初日は、みんとの両前足を跪いたりどみぃが両手で持ってやるような形でポーズをキープし、言葉で「イエス!いいこ(*^^*)」とほめてから、ごほうびをどかっ☆っとあげておしまいにしました。

「外でシット・ハイ(もどき)をやって、美味しかった(☆☆)」というように、みんとの記憶に残り、その次の機会に同じ場所で同様のことを要求すると、美味しかった印象深さが、その映像を容易によみがえらせることになるのかもしれません。

  ”待つ練習”は、最初の頃、公園の2箇所とコンビニ3箇所、ドラッグストア1箇所、家の玄関の前等で、同時進行的に行いました。
つまり、その日に北に向かって散歩に行けば、公園内のX地点で練習し、その帰り道にはコンビニAに寄って、また練習・・・というように、1日の内に数回やることもあれば、別の日はコンビニBまで行くという散歩にして、帰り道に里山の公園寄る・・・というように、毎日のように、あっちでもこっちでもやっていました。(^^;)

練習場所を選ぶ時は、みんとが鳴いてもその周辺にご迷惑にならない場所(店)にしました。
たとえば、コンビニAは国道沿い、コンビニBは幹線道路沿い、公園X地点は親子連れが遊ぶ遊具のあるスペースからは遠い場所・・・といった具合です。

しかし、今になって考えると、まずは公園の1箇所(X地点)のみで練習し、そこで数分待てるようになったら別の場所でも・・・というように、応用範囲を広げていけば良かったと思います。
冒頭の「犬は映像で・・・」をころっと忘れていたので、日替わりという感じであっちでもこっちでも練習してしまいましたが、それだとみんとにとっては、「今日も心細い。ここでも心細い」という心細さの連続になり、かえって「待たされるのは心細い」と印象を強めてしまったのかもしれません。

 みんとの場合、最初に待てるようになったのは、公園のX地点(敷地の西の端)。そこで、特訓(?)して、「ここなら待てる」状態になった後、数ヶ月経ってから、コンビニAで待てるようになりました。(その数ヶ月間は毎日とまではいかなくても、意識的に毎週1度は各場所で待たせる練習をするようにしていました)

コンビニAで待てるようになってからは、”公園X地点→コンビニA”程の時間はかからずに、すぐにコンビニBで待てるようになりました。
その後、ドラッグストアで待てるようになり、最後に待てるようになったのがコンビニCです。

|

« アジのひらき | トップページ | 芝桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/20418374

この記事へのトラックバック一覧です: ここで待つわ4 自主トレ場所編:

« アジのひらき | トップページ | 芝桜 »