« 横須賀の荒崎公園 | トップページ | 春は浮かれてる »

2008年3月23日 (日)

右にも世界があったのか?

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、りどみぃが引っ張りわんこにしてしまったという過去がありますが、散歩の時の歩きっぷりも、ひどいものでした。(ーー;)

何しろ、行きたい方へと行くので、左の電柱の匂いを嗅いだと思えば、 右の街灯の匂いを嗅ぎたいってなもので、その時、りどみぃの歩く足元を平気で横切る始末でした。

何度そのせいで転びそうになったことか・・・(-"-;)

 そこで、ちゃんと一緒に歩けるようになるまでは、ロングリードで自由に歩いて良い時をのぞいて、短いリードの時は、”みんとはりどみぃの左側を歩くものだ”ということを徹底して教えました。

しかし、その内にりどみぃの前を左右に横切らなくなったと思ったら、今度はこっそり☆りどみぃの後を左右にうろつくなど、みんとなりにいらん工夫をしたりして、その道程はなかなかに険しいものでした。

と・・・1年余の努力が実ってか、今ではみんとはちゃんと左側を歩くようになっていました。
たまにみんとが右側を歩こうとしても、「違うよ?」と軽く注意の言葉をかけるだけで、みんとはりどみぃの左側に戻って来るようになっていたのです。

 しかし、先日のしつけ教室で、「このクラスのレベルだったら、左だけじゃなくて右につけて歩くようにも出来るように教えましょう」なんて言うじゃないですか!

げげげげ~っ( ̄□ ̄;)!!

案の定、みんとは右を歩かせようとしても、自主的に左側に戻ってしまいます。右手にごほうびを持って、右側を歩かせるなどしても、ごほうびに夢中でついて来ている間は歩きますが、反面自分がどこを歩いているかという自覚が無いので、ごほうびを持っていない右手で誘導してもついてきません。

とりあえず、歩くより先に右側の脚側停座を教えることにしました。

みんとはなんだか居心地が悪そうで、右脚からずっと遠い場所で座ってしまいます。
そういえば、左側に”つけ”をする脚側停座を教えた時も、こんな感じだったっけ・・・あれをまた1からやり直しって感じで教えないとならないようなのです。右側で・・・根気が要るなぁっっっ。・゚・(ノД`)

 右側におすわりさせられたみんとは、「右側にも世界があったのか?!」というように、ちょっときょろきょろ☆してしまうようです。

みんと、りどみぃの右側にも世界はあるからね・・・ずっと封印してあったけど!(・△・;)

|

« 横須賀の荒崎公園 | トップページ | 春は浮かれてる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/11711597

この記事へのトラックバック一覧です: 右にも世界があったのか?:

« 横須賀の荒崎公園 | トップページ | 春は浮かれてる »