« ごあいさつの旅 | トップページ | ”みんとのマット”作り1 »

2008年3月 5日 (水)

マジックフラッシングネックレスの挫折

 被毛の色が黒っぽい色のみんとの視認性を高める為に、日が短くなった頃からマジックフラッシングネックレスという物を購入し、良い具合に使ってきました。

が・・・限界を感じて、違う製品を使うことにしました。(ーー;)

なぜ限界を感じたかと言うと、電池を交換する度に壊してしまうからです。
みんとは青いライトの物、グリーンのライトの物(トリミング直後用)、グリーンのライトの物(トリミング直前用)と合計3個持っていたのですが、結局は全部同様の理由で壊してしまいました。

とっても不経済・・・(ーー;)

3年も使っている人のレヴューが通販のページにのっているのを読んだこともありますから、製品の問題ではなくて、使用者りどみぃの問題なのかも。

ネックレスの電池&スイッチ部分はこのような黒いケースの中に入っている状態なのですが、これを取り出してボタン電池を交換し、元通りケースに戻したつもりでも、以後はオン&オフがどうも不具合を生じ始める・・・というパターンでした。

オンしても点灯しない・・・逆に、点いていたのが、家について点灯をオフにしようとしても消えないということもあり、他にも首尾良く点灯して散歩に出たのに、いつの間にか消えていた・・・なんてこともあり、これらはすべて電池交換をすると、必ずなるのでした。

 3つとも壊してしまった後、しばらくは以前使っていたペンダント型の青い光のライトを使っていましたが、みんとの後からは光がまったく見えず、後から来る車やジョギングのランナーはぎょっとすると思われ、やっぱり首輪型のが欲しいと思いました。

そこで、国産のメーカーの製品を買ってみることに。

今日の散歩の時から使い始めたのですが、点灯時の明るさは十分満足の行く物でした。マジックフラッシングネックレスより、明るいように感じました。

しかし、作りには不満がいっぱいあります。(ーー;)
まず、小型犬用を買ったのに、首輪部分が25mmであるがゆえに、バックル(ジョイントパーツ)が大きい!

どれ位大きいかと言うと、みんとがいつも使っている首輪と並べると・・・

こんなにも大きいのです。
同様に、Dカンも大き過ぎますね。

これらは皆、首輪部分に光を伝える透明な樹脂(?)を仕込む上で必要なテープ幅25mmから単純に幅を揃えたパーツになっているのでしょうが、首周りが30cmも無い犬にとっては、首輪がしなやかに首に沿わない結果になり、痛々しいし、見苦しいです。

りどみぃは、みんとにはいつも通りに首のサイズに合っている首輪を使い、そちらにリードをつなぐことにして、このライトの首輪はネックレスとして上に重ねて使うつもりです。

ネックレスとして使うので、ちょっと手を加えてみんとに合った物に作り変えようかな・・・と計画中。

今度は壊さないように気をつけます!(^▽^;)

|

« ごあいさつの旅 | トップページ | ”みんとのマット”作り1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/10991981

この記事へのトラックバック一覧です: マジックフラッシングネックレスの挫折:

« ごあいさつの旅 | トップページ | ”みんとのマット”作り1 »