« お客様、危ない! | トップページ | マジックフラッシングネックレスの挫折 »

2008年3月 4日 (火)

ごあいさつの旅

 ターミナル駅からバスの終点の大きな公園に行けたらいいな・・・と軽く目的地を決めてはいましたが、「実際にはみんとがキャリーバッグの中でどれ位の時間耐えられるかによるな(・_・)」とも思っておりました。

なんせキャリーバッグ&バスは2ヶ月以上・・・いや、ことによると3ヶ月くらいやっていないかもしれません。
毎週必ずクリッカー教室の為にバスを利用していた頃とは違うのですから、長時間もつとは限りません。

案の定、バスに乗って30分位すると、バッグの中から「んふ〜っ」っというため息が聞こえて来ました。

バッグの中に居る事にあきてきたな・・・(・_・ )

途中、いくつもの駅の近くを通る為か、乗客が多くなり、バスが混んできました。終点まではまだ20分程度はかかると予測され、もしみんとが耐えかねて鳴いてしまった時、すぐに次の停留所で降りるというのは難しそうです。

そこで、みんとの鼻息に免じて降りてしまう事にしました。

 バス停で降りた時、来た道を戻る方向に行けばショッピングモールがあり、そちらは行った事があります。ちょっと公園などあるような雰囲気ではないので、あえて行った事の無い方へ行ってみる事にしました。

街頭の地図など見て、緑に塗られた場所を発見。
公園らしいので行ってみると、小高い山の地形を利用した公園でした。

段々畑ならぬ、段々公園・・・??(°_。)?(。_°)?

①~④までがそれぞれ別の広場になっていて、階段やつづれ折のスロープを上ることで次の高さの広場に行ける仕組みです。

バス通りがあった高さは、④の下、もっと見えないほど低い所になります。
(逆に考えれば、①の部分がどれくらい高い場所にあるかがお解かりいただけるでしょうか?)

①まで上りきって初めて見えた場所にはテニス発祥の地の碑があったり、同資料館があったりしてりどみぃびっくり☆

テニスコートも何面もあって、プレイヤーの姿がたくさん見えました。

案内板で「日本最初の西洋式庭園」があるとのことなので、奥に進んでみました。レストハウスは工事中で外側からしか見られませんでしたが、失礼してポーチで1枚。

すてきな四阿(あずまや)や大きな樹、ベンチなどがありました。

「大きな公園に行けば、お散歩中の知らないわんこにも出会えるかな?」と思って出て来た私たちなのですが・・・

ロングリードに替えて、みんととボール遊びをしました。

近くに別の公園があるのを地図でチェックしたので、再び移動です。
その途中で、やっとお散歩中のミニチュア・シュナウザーの女の子と飼い主さんに出会い、みんともご挨拶させてもらいました。

洋館が建ち並ぶ町並みを抜けてたどり着いた2つ目の公園でしたが、 以前は邸宅だったところを改装して作った公園だったので、5時になると門が閉まるタイプの公園でした。
ぎりぎり2、3分前に入って「せっかく来たから1週だけはしよう!」とみんとと走ってまわったので、すてきな庭園や建物の前で写真を撮る時間はありませんでした。

みんと、今度はゆっくり来ようね。( ̄  ̄;)

その隣も同じ公園で、こちらは門が無いので、建物の玄関横のお花と1枚。

素敵ねぇ〜(☆☆)

通り過ぎるお散歩わんこは何頭か見かけましたが、どちら様もご挨拶させていただける雰囲気ではありませんでした。
りどみぃとみんとが観光客丸出しだったからだろうか・・・?(^^;)

来た道を戻るのは嫌なので、「さて、どうしたもんか・・・近くに別の公園は無いかな?」と地図を見てみたら、歩いて行けそうな場所に緑色の地域を発見。なんと、”港の見える丘公園”とあるじゃありませんか!

えっ、”港の見える丘公園”?あの有名なあれ?
こんなところにあったのかー!?(゚O゚;)

 余談ですが、りどみぃは”港が見える丘公園”だと思っていました。
実は”の”だったのですね、今回わかりました。

港も港、ベイブリッジがど〜ん!

りどみぃ、こちら側からベイブリッジ見たのは初めてかもしれん・・・(・_・)

公園内にはバラ園もあり、季節が良ければ、美しいバラが見られるようです。

さすがに大きな公園だけあってお散歩わんこがたくさん来ていて、みんとはプードルさんやジャックラッセルさんなど、ご当地わんこの皆様にご挨拶させていただくことができたのでした。

 みんとの挨拶の仕方も、誰にでも「遊ぼう」と誘いがちだった子犬時代のそれとは違い、いろいろありました。

  1. 鼻だけ挨拶して、相手のお尻のにおいは嗅ぎに行かない
  2. 鼻だけ挨拶して、相手が自分のにおいを嗅ぐのは許すが、自分からは嗅ぎに行かない(白いプードルの男のこに)
  3. 距離を保ってあまりにおいを嗅ごうとしないが、相手が去った後に残り香をくんくん☆嗅ぎまくる(ジャックラッセルの2頭組に)
  4. 一瞬だけ目を合わせた後、体を相手から真横に向けて遠くを見てじっとしている
  5. 鼻での挨拶の後、お互いにくるくるとお尻のにおいを嗅ぎ合いながらまわる(レッドのプードルの女のこに)
  6. 姿勢を低くして、相手が上の方から頭の上のにおいを嗅ぐのを許すが、自分からは嗅ぎに行かず、相手が立ち去りかけたお尻のにおいをそっと後から嗅ぐ(エアデールテリアの女のこに)

バラエティーに富んでいるのぅ( ̄  ̄;)

この中でりどみぃが初めて見たみんとの反応は4です。
犬の行動学の本などに書かれているのを見た事はありましたが、みんとがやってるのを見るのは初めて。

おおっ、T字のポジションだっ!(゚O゚;)

これは、相手の犬に正面から向き合わず、体を横にして「自分は敵意はありません」とアピールする、犬の社会のお作法だそうです。
自分と相手の犬の位置を真上から見ると、Tの字に見える位置取りなんですね。

りどみぃ、教えたこと無いのに、みんと出来るんだ!偉いじゃないの〜(・△・;)

初めて会った犬というという条件は同じなのに、相手によって対応がそれぞれ違うところが興味深かったです。
りどみぃには解らないのですが、相手の犬の大きさや性別などの諸条件を鑑みて、行き会った瞬時にご挨拶の仕方を判断しているのでしょう。

 頭数としてはそう多いわんこと会えたわけではありませんが、それなりに有意義な旅でございました。

|

« お客様、危ない! | トップページ | マジックフラッシングネックレスの挫折 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/10938427

この記事へのトラックバック一覧です: ごあいさつの旅:

« お客様、危ない! | トップページ | マジックフラッシングネックレスの挫折 »