« 梅観の会は終わったかい | トップページ | クレート・カバーを作ろう (あたしを見て) »

2008年2月18日 (月)

冒険はどきどき

 公園の向こうにはどんな町があるのかな・・・(´`)

りどみぃは、ちょっと知りたいと思っていました。
と言うのも、公園の横を通っているバス通りは、自分が運転して通った事が何度もあるけれど、そこから1歩入った住宅街(がありそう)は特に用もないので通った事がなかったのです。

ひとくちに住宅街と言っても、その町がいつ頃からあるのかとか、まず工場があって段々住宅街になった・・・とか、現在の様子がどんな順番で成り立って行ったのかによって、町の雰囲気って違います。

それぞれの建物の様式とか塀の素材や造りとか流行った時期等から違いが出て来るのではなかろうか?と思います。

「 歩いた事の無い道をみんとと歩きたい」とも思っていました。

なぜなら、通い慣れた道になると、みんとの足取りにも自信があふれ、ついついリードを引っぱり加減になったりするし、りどみぃに対して頼る気持ちも見られないからです。

ちょっとおどおどしてるみんとが見たいな〜(´ー`)

 見知らぬ町、見知らぬ通りでは、気軽に歩いているといきなり家の中から犬に吠えられたり、行き会ったお散歩中のわんこに「あんた誰っ」と怪しまれたりします。
自分のよく知る場所では元気いっぱい、自信たっぷりのみんとも、ちょっとどきどき☆するらしい・・・

案の定、いつもだったらりどみぃの左横、またはリードを引っ張らない程度にちょっと左前を歩くみんとが、絶対に横には来ませんでした。
では、どこを歩いていたか・・・?
りどみぃの左後、左脚の後に隠れるように歩いていました。

ぎゃはははは笑わせてくれるじゃないの!(T▽T)

しかし、見知らぬ町を行くということは相当楽しいようで、みんとはずっと笑っていました。(^^;)

 地図も持たず、「あっち行ってみようか」とか「もう1本向こうの道を歩こうかな」とか気が向くままに進み、行った事の無い公園に到着。

高台にあって眺めが良かったけれど、暗くなる前には知ってる場所まで戻らなきゃと思い、本日の冒険は終了となりました。

知らなかった場所に商店街があったり、工場があったり、車で通った時には気がつかなかったフレンチレストランを見つけたり・・・と楽しい時間を過ごしました。

みんとさんがいい子で面白かったです。

上手に歩いて、みんとじゃないみたいね。(^^;)

|

« 梅観の会は終わったかい | トップページ | クレート・カバーを作ろう (あたしを見て) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/10520741

この記事へのトラックバック一覧です: 冒険はどきどき:

« 梅観の会は終わったかい | トップページ | クレート・カバーを作ろう (あたしを見て) »