« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

シュナプー1歳10ヶ月の体重

 みんとさん、2月23日、生後1年10ヶ月での体重は5.62kgでした。(首輪、迷子札、リード込み)

半年ぶりに犬レプトスピラ感染症の予防注射*1接種時期が来たので、りどみぃがみんとを連れて行き、注射前の診察に含まれている体重測定でわかりました。

*1 狂犬病の予防注射の様に義務ではありませんが、ねずみなどから感染する感染症で、みんとが良く行くような自然がいっぱいの公園には、野ねずみもリスも住んでいる為、接種させています。

思えば、この冬はお腹を壊さなかったので、動物病院のお世話になる事も無く、家以外で体重を量るのは久しぶりでした。
トリミングの際には量っていただいているのかもしれませんが、りどみぃがその測定結果を知る事はありませんでした。

手元にある、りどみぃが自宅でみんとを抱いて体重計で測っていた記録によると4回分。

10/4
10/25
11/14
1/12(2008年)

すべてが 5.6kgでした。(他にも量ってはいましたが、記録してありませんでした。記録しなかった理由は、いつ量っても5.6kgだったから。(^^;))

8月に5.5kgを目指していたのですが、どう考えてもこれ以上みんとのごはん量を減らす事は考えられないし、運動量も十分だと思われますので、りどみぃ的には”シュナプーみんとの現年齢での理想の体重は5.6kg”だと思って来ました。

動物病院の体重測定でも同じ結果が出た事で、

我が道に誤りなしっ!ヽ(´ー`)ノ

と確信が得られたような嬉しさがありますわ♪

 これからもドライフード+野菜を基本に、ごはんやおやつの量をちゃんと管理して、みんとさんが健康に暮らせるように気をつけたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

リードの繕い

 みんとさんが日暮れて来る頃に使っている、反射素材の編み込まれたリードがほころびました。

がーん・・・!
これは車とすれ違う時に存在感あっていいのに〜(@_@;)

幸いにも、リードの持ち手部分を留めてある革を縫い合せてある糸がほつれて来ただけのようなので、なおしてみる事にしました。

なに、革には針が通るべき穴があいているんですから、そこを同じように通せばいいってことです。
リード自体は傷んでないのでまだ使いたいし、夕方目立ちにくい被毛色のみんとの安全確保には大切なアイテムです。

 いざ繕おうと思って見てみると、靴紐のように穴を下から上へ通してあって、編み上げたような縫い目になっています。
全部ほどいてしまったら、とても同じように縫えそうもないので、ほどけてしまった3目程はさておき、ほどけていない分は糸をしぼって玉結びを作り、それ以上ほどけないようにしました。

見よう見真似で縫い合せ、一見元通りに。
これでまた当分使えることでしょう。

めでたい(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月27日 (水)

ワニが来たぞー!

  シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんのお買い物を通販した時、ついでにぬいぐるみ系おもちゃのお買い得品を2個注文しました。

お買い得ゆえ、12種類ある内のどの種類が届くかどうか不明である・・・という、ある種の福袋のようなどきどき☆感がある商品でございます。(^▽^;)

ひとつのシリーズは”ボンビ トイキッズ 12種類(ゾウ・ライオン・さかな・クマ・ヒツジ・サメ・カメ・イルカ・ネズミ・ボーン・ボール・ハート)の内のどれかが届くもの。
もうひとつはのシリーズは”ボンビ トイキッズ カムカムDog全12犬種で、犬のぬいぐるみがどれか1個届くものでした。

さて、注文してから数日が過ぎました。

どきどきどき☆何が届いたかなっ(*^^*)

みんとには、ワニと黒い犬が届きました。

みんと、ワニが来たぞー!遊びたまえヽ(´ー`)ノ

手頃な大きさで縫製もきれいだし、形もゆがんでいない良いぬいぐるみです。早速とびかかったり、隙を狙ったり?の”狩ごっこ”をしていました。

笛も入っていたので、噛むたびに音がして、みんとさんは楽しそうです。

でも、りどみぃ、ふと気が付きました。

あ、あれ・・・?
12種類の中に、ワニは無かったのでは?( ̄□ ̄;)!!

気になって、調べてみたのですが、やっぱりこのシリーズ12種類にはワニは入っていませんでしたし、ボンビの製品としても見当たりませんでした。

このワニはいったい・・・何者?(・△・;)

ショップとしてお買い得品に出せる商品の1個だったってことかしらん?
まぁ、みんとさんが喜んでいるから、結果オーライなんですけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

獣が怪しむ獣道

 毎日のように行く公園であっても、その敷地内には、年間を通してみると数回しか行かない場所があります。

階段を上って行った場所にある小さな広場のような場所なのですが、桜の木にぐるっと囲まれているだけに、春はお花見でにぎわい、みんとのような犬は通るだけでもご迷惑・・・という雰囲気。

かと言って、他の季節は人気が無くても、行ったからと言ってどこかに通じているわけでもなくて、下って帰って来るしか無い場所であり、特に楽しいスペースでもありません。( ̄  ̄;)

どれくらい階段を上らなければならないかと言うと、下る時に写した写真をご覧下さいまし。これで、半分の道のりです。

つまり、上る時はこの倍の段数をひたすら上り・・・下る時はひたすら下らないとならないわけです。

 このめったに行かない高台に、気が向いて行ってみました。

誰が通るのか、草の間に獣道発見!

猫が通るには大き過ぎるし、子供が通るには草が分けられていなくて穴になっている・・・謎ね。イノシシでも通りそうですが、自然が豊とは言え、町中の公園にイノシシが出るわけもありません。

ふと思いついてみんとに獣道の前に座ってもらいましたが、穴に背を向けるのを不気味がっておりました。何かこの道を使っている動物の臭いでもするのでしょうか?

謎ね・・・(・_・ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

楽しい夢

 シュナプーのみんとさんは、寝ている時によく夢を見ていることがあります。

寝言を「くぅ」とか「わふ」とか言う事もあるし、口元がむにゃむにゃ動いていることもあるし、前足がおいでおいでをするように動いている事があります。

これまでにりどみぃが見た事があるのは、その多くは”うなされている”感じ。
なんか怒っているようだったり、困って抗議している様子だったりしたものでした。

まぁ、口元がむにゃむにゃしている時は、何か食べている夢みたいに見えましたけどね。(^^;)

 さて、じじくんも帰宅した後のこと、みんとは近くで眠ってしまいました。

くぅくぅとお腹が動いてよく寝ていましたが、その内、夢を見ているような様子が見られました。

おおっ、尻尾を振っている!(・△・;)

横向きで寝ているみんとさん、口元はむふ☆っと笑い、目は閉じています。
眠っているのに間違いありません。
しかし、時々、尻尾がぱたぱたぱた☆と揺れるのです。

うーん、何の夢を見ているんだろうか・・・いずれにせよ、りどみぃのことじゃないわね。( ̄  ̄;)

みんとは、朝の再会時以外、ほとんどりどみぃに対して尻尾振りませんから。
じじくんが帰宅した時のことでも思い出してるのかな?とも思いましたが、じじくん本人の見解はこうです。

久しぶりに会えた好きなわんこ友達の事でも(夢に)見てるんじゃない?(・_・)

なるほど〜なんとなく納得。
その後もみんとは眠り続け、尻尾はぱたぱた☆ぱたぱた☆っと軽やかに振られ続けたのでした。

楽しい夢を見ているなら、それが何の夢でもいいわよね、みんとちゃん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

カルガモさんご一行

 今日もやっぱり風が強くて、「午後になって弱まらないかな~」という希望を持って様子を見ておりましたが、弱まることはありませんでした。

では風の中、じじくん、りどみぃ、みんとでお散歩に出発~(^^;)

謎のぎんなんは、なぜか量が減っています。

・・・リスが回収したとか? ?(°_。)?(。_°)?

先週は咲きそろっていなかった梅園の梅も見頃を迎えていて、吹き渡る風は良い匂いです。

みんとは、公園のあちこちでいろんな知り合いわんこや初めてのわんこに出会ってご挨拶し、ご機嫌でした。

先日カワセミを見た池に行ってみましたが、今日はカワセミには会えず・・・なぜか山道を行くカルガモさんご一行を見かけました。

地面から何かをついばんで食べておりました。
木の実?虫?何を食べていたのやら不明ですが、この丸々と肥えているプロポーションを見ると、えさに不自由はしていないようですね。

・・・やめとけゞ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

一天にわかにかき曇り

 あまりに風が強くて、「これは身の危険を感じる程ではなかろうか?」と思ったりどみぃ、しつけ教室に行くべきかどうか迷いました。

というのは、みんとのクラスが始まる1時間前になっても中止の連絡(メール)が来ないのです。

あ〜う〜連絡がないという事は、やるのかな・・・というか、前のクラスは今頃やっているのかな?( ̄  ̄;)

迷いに迷いましたが、先週ちょっと交通手段の都合で自主的に欠席した手前、2週連続で休む度胸がありませんでした。

2週も続けて休んだら、みんとがどんな生活態度になるか・・・恐ろしくて休めません。(-"-;)

 驚いた事に、お教室の開かれる公園に到着したら、家の方と全然様子が違っていました。
空は青空だし、風は吹いていないし・・・なんだか公園や各わんこのお家付近は天候が安定していたらしく、前のクラスの参加者もたくさん。

えーっえーっえーっ?なんだか別世界・・・(・・;)

 レッスンが始まり、みんとが苦手な”他の犬が側に居ても無視して「おすわり」や「ふせ」の指示に従う”練習などをしていましたが、途中から急に風が強くなって来て、目も開けていられない程砂が飛んで来る状態に・・・

おおっ!りどみぃんちの方と同じになったぞっっっ!(T▽T)

みんとは、あまりに強い風に自分の耳がなびいて目に入りそうになったりし、「いやんいやん」と頭を振っていました。


大体公園に人気が無いじゃないですか!(-"-;)

木陰に隠れるようにしてレッスンは続きましたが、先生がおっしゃるには「この状況で言う事がきけるのはすごいことだよ」だそうです。

強くて冷たい風で体温が奪われるのか、みんとは段々震えて来ました。

寒いのねぇ(・・、)

 クラスが終了すると、あまりの風の強さと冷たさで、みなさま蜘蛛の子を散らすように解散しました。

夜のニュースによれば、春一番だそうです。

へー春なんだ(・◇・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

謎のぎんなん

  ・・・なんざましょ?これは。(・_・)

よく行く公園の木の根元に、こんなもんがありました。

これは・・・どう見ても小粒ながらもぎんなんなのでは?でも、こんなにたくさん、なぜにこんな場所に?( ̄  ̄;)

根元にぎんなんがたくさんあるにもかかわらず、このは幹に”ミズキ”とネームプレートがかけてあって、決して銀杏の樹ではありません。

それに自然になった実が落下したとは思えない密集具合です。
これは何者にせよ、誰かが集めた物でしょう。

こんな状態になると匂いもしなくなるらしく、みんとは全然気にしていません。
(とっても強烈な匂いがする時は、身を投げてぐりぐり☆とこすりつけ、自分に匂いをつけようとします(・・、))

確かにこの公園には、銀杏がなる銀杏の樹も複数あって、秋から冬にかけては袋一杯拾っている方々を見かけたものでした。
それだけに、人間が集めた物なら、持って帰るのが道理かと思われます。

思い返してみると、数日前までは、ここは落ち葉の山だったような気がします。
雪が降ったら、落ち葉の上に雪が積もった形だったし、その雪が無くなれば枯れ葉の山に戻る・・・そんな場所だったのです。

しかし、ふと気がつくと、公園のあちらこちらがきれいになっています。
ある場所は枯れ葉が掃き集められて取り除かれたようで、竹箒の筋目が残っているし、ある場所では花が移植されて、花壇に整えられていたりします。
これは、今週に造園業者さんのお手入れが入ったに違いないです。

心なしか、ここも落ち葉が半分になっているような・・・ということは、落ち葉が片付けられた為に、下にあった銀杏が見えたってこと?実は、これは秋からずーっとあったってこと??(°_。)?(。_°)?

ここは、よくリスを見かける場所で、みんとが行きたがって困るのですが、このぎんなんも、もしやリスが冬の食料として落ち葉の下に蓄えてあった物なのでしょうか?

リスって銀杏食べるのかなぁ?( ̄  ̄;)

銀杏は強烈な匂いがするとはいえ、木の実の一種である事には変わりなく、人間が食べても美味しい実ですから、リスが食べても不思議は無い気はします。

しかし、リスが答えてくれるわけもなくて、結局謎は残るのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

洗濯乾燥済みフード

 乾燥した衣類を取り出していたら、ドラムの底でからん☆という小さな音が聞こえました。

ん?金具の着いた衣類なんかもう入ってないはずなのになんじゃ?(・_・)

取り出してみたら、茶色の小さな塊で、大きさは指でつまめるほど。

どう見てもドッグフードですな・・・なぜここに?(-"-;)

まぁ、なぜ洗濯機の中にドッグフードが入ったのかは永遠の謎としてさておき、この1粒は、洗われて乾燥されたことになります。

・・・よく溶けきらなくて残ってたね・・・(・_・)

ふと思いついて、元はどれ位の大きさか比べてみたくて並べてみました。

絶句。( ̄  ̄;)

洗剤に洗われちゃったフードなので、残念ですが廃棄処分。
比較に使った1粒は、みんとさんに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

猫は埋もれて冬を越す

 りどみぃは、飼い主がいなくて公園で暮らしている猫たちのことを”野生の猫”と呼んでおりますが、こたつで丸くなりたい程寒がり屋の猫が、冬の寒さを乗り切るのは大変であろうな・・・と思っておりました。

毎日のように公園に行っていると、猫が時間帯によって暖かい場所を移動して1日を過ごしているのがわかって来ました。

公園内のトイレの横のマンホールのふたの上だったり、「危険立ち入り禁止」と書かれている何か大掛かりな機械がある物置の横だったり、日当たりの良いベンチの上にいたりするんです。

そして先日、りどみぃは枯葉の山の所に猫が4匹も集っているのを見かけ、「もしや枯れ葉って温かい?」と思ったのですが、ついに確証を得ました。

別の場所にある枯葉の山のところで、枯葉に埋もれてぬくぬく☆している猫を発見したのです。

この枯れ葉の山は、りどみぃとみんとが通りかかるほんの少し前まで日当だったようです。
しかし、上に寝そべるだけではなくて、すり鉢状に掘って納まるように枯れ葉にくるまるとは・・・暖かそうです。
こんな風にして、寒い冬を乗り切るんですねぇ。

みんとは、猫ナシであっても枯れ葉の山が大好きですが、友達になりたい猫がいるとあっては、そっちに近寄りたくてたまりません。

猫は、みんとなんかと友達になりたくないので、ある一定の距離より近付いて来たら、逃げようと思っているようです。
「しかし、このぬくぬく☆が捨てがたい」とも思っているようで、「立ちたくないなーあいつ(みんとのこと)もっと近くまで来るかしら?」と目を離せない様子。

りどみぃには、猫の心の声が聞こえたような気がしました。

みんと、みんとは家に帰れば湯たんぽもエアコンもあるけど、あの猫さんにはないんだから、お邪魔するのはやめましょうね。(ーー;)

りどみぃ、みんとを説得して帰途につきましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

クレート・カバーを作ろう (あたしを見て)

・・・見てやってくださいまし、このみんとさんの不満そうなお顔を!

 10月に思い立ち11月に作業を途中でやめていた、みんとのクレートにかけるカバー(ただの四角いキルト)制作。
やっと時間が作れたので、続きの作業を進めようとしたら、配色を見る為に並べた布の上に(呼びもしないのに!)とことこ☆やって来たみんとさん、これ見よがし・・・もとい、「あたしを見て!」とばかりに目の前にどっかり座りました。

これは新聞を読もうと床の上に広げた時と同じだわ(-"-;)

 フォーパッチと1枚布を7列7段並べて配色のバランスを見ようとしていたりどみぃ、並べてみて、同じ布が近過ぎるところや、同じ色があまりにも集まっているところが無いように・・・と、どうしてもじーっと無言で並べた布を見てしまいます。

みんとさんとしては、「そんな物見てないで、あたしを見て!」と思うらしい。
でも、これはりどみぃ思うに、みんとさんの我がままだと思うのです。
だって、これは2時間近いお散歩から帰って来て、足を洗った後のごほうびに、骨付きカルビ(犬用のおやつ)もあげた後ですもん。

でも、みんとさん、愛が足りないのねん(・_・ )

「これはみんとのキルトだからね〜みんとのこと忘れてないよ」と両手で顔を挟んで両耳の辺りをぐりぐり☆なで、「でも、ちょっとこっちにいてね」と別の場所を指さして、1度はキルトの上からどいてもらいましたが、3段目の配色しつつ並べているところでみんとさん、再び登場。

うわ・・・作業が進まん・・・( ̄  ̄;)

愛が足りないとの訴えを無視するのも不憫なので、数分間みんとをだっこしてやり、全身をぐりぐり☆なでてやりました。

その後、作業を再開し、みんとが目の前の布の上に座ったら、「どいてね〜」と別の場所を指し示して移動してもらい、移動したらごほうびにチーズをやることを2回程繰り返したら、もう布の上にはのらなくなりました。

どうやら並べた布にのるより、のってない方が良い事があると考えたようです。りどみぃの前ではなくて、横に座りました。

そして、しばらくすると眠ってしまいました。めでたしめでたし。(^▽^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

冒険はどきどき

 公園の向こうにはどんな町があるのかな・・・(´`)

りどみぃは、ちょっと知りたいと思っていました。
と言うのも、公園の横を通っているバス通りは、自分が運転して通った事が何度もあるけれど、そこから1歩入った住宅街(がありそう)は特に用もないので通った事がなかったのです。

ひとくちに住宅街と言っても、その町がいつ頃からあるのかとか、まず工場があって段々住宅街になった・・・とか、現在の様子がどんな順番で成り立って行ったのかによって、町の雰囲気って違います。

それぞれの建物の様式とか塀の素材や造りとか流行った時期等から違いが出て来るのではなかろうか?と思います。

「 歩いた事の無い道をみんとと歩きたい」とも思っていました。

なぜなら、通い慣れた道になると、みんとの足取りにも自信があふれ、ついついリードを引っぱり加減になったりするし、りどみぃに対して頼る気持ちも見られないからです。

ちょっとおどおどしてるみんとが見たいな〜(´ー`)

 見知らぬ町、見知らぬ通りでは、気軽に歩いているといきなり家の中から犬に吠えられたり、行き会ったお散歩中のわんこに「あんた誰っ」と怪しまれたりします。
自分のよく知る場所では元気いっぱい、自信たっぷりのみんとも、ちょっとどきどき☆するらしい・・・

案の定、いつもだったらりどみぃの左横、またはリードを引っ張らない程度にちょっと左前を歩くみんとが、絶対に横には来ませんでした。
では、どこを歩いていたか・・・?
りどみぃの左後、左脚の後に隠れるように歩いていました。

ぎゃはははは笑わせてくれるじゃないの!(T▽T)

しかし、見知らぬ町を行くということは相当楽しいようで、みんとはずっと笑っていました。(^^;)

 地図も持たず、「あっち行ってみようか」とか「もう1本向こうの道を歩こうかな」とか気が向くままに進み、行った事の無い公園に到着。

高台にあって眺めが良かったけれど、暗くなる前には知ってる場所まで戻らなきゃと思い、本日の冒険は終了となりました。

知らなかった場所に商店街があったり、工場があったり、車で通った時には気がつかなかったフレンチレストランを見つけたり・・・と楽しい時間を過ごしました。

みんとさんがいい子で面白かったです。

上手に歩いて、みんとじゃないみたいね。(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

梅観の会は終わったかい

 昨日、いつも車で行く大きな公園で、その公園で翌日行われる梅まつりののぼりを見つけましたが、みんとさんに「梅まつりの時には来られない」と言ったらがっくり☆していたようなので、歩いても行かれる森の公園に行ってみました。

ここでも、今日17日に「梅観(うめみ)の会」として、イベントが行われる事になっていたのです。

お、みんとさん、やってるやってる。(・_・ )

・・・と、お抹茶などを出していたらしい水屋では物品の片付け。お茶席だったはずの緋毛氈がくるくると巻かれる作業が進行中。

えーっえーっえーっ?!もう終わりなのっ?(゚O゚;)

1時過ぎだというのに、もうお片づけが始まっています。
りどみぃが確認できたのは、うどんとポップコーンのテントのみ、他のテント下では何を供されていたのかさえわかりません。

む、無念。りどみぃとみんと遅かりし〜(-"-;)

せっかく来たので、すごすごと公園を一周して、小高いところで休憩。
肝心の梅園では花盛りを迎えた梅は数本といったところで、これから咲き始めるようですが、公園のあちこちには見頃を迎えている梅がありました。

公園に住んでいるリスは、今日も地面に降りていて、何か食べていました。
地面にどんぐり等埋めておくリスかどうかは知りませんが、いずれにせよ雪が無くなって嬉しい事でしょう。

1時間程歩き回って、公園を後にしました。

「来年はもっと早い時間に来ないと雰囲気を楽しめないねぇ」などとみんとと語り合って(?)の帰り道、町の掲示板に貼ってあった別の場所の「梅観の会」のお知らせに気がつきました。(いまごろ!)

同じ梅観の会でも、そちらはずっと西の方の里山の公園で行われるイベントのお知らせでした。

そうそう、そう言えば里山の公園でも毎年紅白の垂れ幕をかけて、何かやってる風であったっけ。こっちは11時からだったのね。でも終了時間は書いてないな・・・

”もちつき、焼き鳥、やきそば・・・”

・・・なんですと?!Σ(・・ノ)ノ!

みんとさん、私たち、こっちの梅観の会に行った方が良かったんじゃないでしょうか!?
しかし、すでに森の公園で撤収が始まってから1時間は過ぎています。
終了時間が書いていない(未定?)の里山の公園とはいえ、もう終わっているに違いないでしょう。

みんと、来年は、里山の公園の梅観の会に行こう!それも、お昼までには行こうね。(・・、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

梅まつりは明日

 公園に行ったら、可愛い色ののぼりがはたはた☆とはためいていたので行ってみました。

のぼりには「梅まつり」とあり、どうやら明日日曜日10:00-15:00にイベントが行われるそうな。

貼ってあるスケジュール表によれば、和太鼓の演奏やパントマイムなどもあり、公園の職員の方々が薪や炭をトラックで運びこんでいるのは、甘酒や焼き芋他の準備のようです。

みんとさん、梅まつりだって。(☆☆)

いや、梅まつりは明日1日のみのことらしい・・・今日はまだ準備中です。
それから、一応言っておきますけど、明日は私たちここには来られませんのよ。(^▽^;)

ごっ、ごめんね。(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

頭にのせるなら

 シュナプーのみんとさんの頭に物をのせる練習は、いまだに毎日続いております。
というよりは、何の理由も無くおやつをやることはできないので、何かやってもらう事にしていて、頭に物をのせるのも、お手やおかわりをするのと同程度の技(?)の1つになりつつあります。

葉っぱからサンタ帽鬼の面といろいろのせたな・・・お年玉にもらったハンバーガーも・・・ヽ(´ー`)ノ

でも、実はもっといろいろのせているのです。
そこで、今日は、秘蔵のスナップを公開いたします。

これはタオルハンカチ。
頭に物をのせる練習を始めて間もない頃です。4つ折のハンカチよりも落としにくいように、半分に折ってみたり、対角線で三角に折ってみたりした頃の1枚。
タオルをのせることに関しては、すでに重くもないし痛くも無いし、落ちやすくも無い・・・ということを理解していて、余裕の微笑みです。(^▽^;)

これは、いただいたお年賀の包装についていた水引。
ハンカチよりステップアップ(?)して、何か違う物をのせる練習を始め、でもまだ重さは軽い方が良いだろうという事で選んでみました。

お年賀の水引なだけに、おめでたい感じ・・・(^^;)

お次は、これまた贈り物の包装についていたリボンのお花。
水引を使っての練習は、頭の上にのせた物は、みんとが前傾姿勢でいなくても簡単には落ちないと悟らせる為、結構長い期間繰り返しやっていましたが、鬼のお面をのせる頃にはかなり頭を上げるようになってきたので、ちょっと立体的な物をのせてみました。

・・・可愛いじゃないの(・_・ )

昨夜から、小さなぬいぐるみをのせられるようになりました。
それはまた撮影できたらお目にかけたいと思います。

みんとさんが、物をのせても”ほぼ平気”になってよかった、よかった。(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

ごま待ちみんと

 先日、みんとに手作りおやつを作ってやろうと思ったにもかかわらず、いっこうに実行に移していない、ぼーっとした飼い主りどみぃでごぜーます。

ココアくんのママお手製のおやつは、すでにすべてみんとのお腹の中に消えました。みんとにとってとっておきのごほうびだったようで、りどみぃが洗い物をしている時に新聞ストッカーを荒らそうとした際、マットの上で”待て”を命じたら、7分間もじっとしておりました。すばらしい〜ヽ(´ー`)ノ

 本日はバレンタインデー♪
みんとのお友達(先輩であり、お兄ちゃん的存在である)わんこの大地くんのママが手作りおやつを下さいました。

ありがたや、ありがたや(ー人ー)

胡麻、小麦粉、水から出来ているそうです。とってもヘルシー(☆☆)
みんとがあんまり喜んで食べるので、りどみぃもお相伴しましたが、さくさくで胡麻が香ばしくておいしいんですの!

実は、大地くんのママに手作りおやつをいただくのは初めてではなくて、以前は”おいも(さつまいも)のクッキー”をいただきました。
これもみんとに大好評で、やっぱりりどみぃは味見をさせていただいたのですが、素朴な甘みと香りが美味しかったのでした。(材料はさつまいもと豆乳と小麦粉とうかがったような記憶)

しかし、りどみぃはうっかりしていたので、撮影など思いつきもせず、すべてみんとのお腹の中へ去って行ってしまいました。( ̄  ̄;)

「今度は、全部いただいちゃう前に撮影しましょうねぇ〜」とみんとを説得してテーブルの上に広げたクッキーを撮影しておりましたところ、いい匂いがするんでしょうね・・・みんとさんが立ち上がって、テーブルの上にふんふんふんふん☆と鼻を突き出し、すごく食べたそうにしておりました。

そんなに欲しいのなら、1個くらいやろうかな・・・ということで、みんとのマットの上で前足の上にのせて撮影です。

隙を見てぱく☆っとやられるかな?(・_・ )

しかし、みんとさんは偉かった!
数枚の撮影が終わるまで、ちゃんと食べずに待っていたのでした。

顔があからさまに「まだですか?」って語っていますけど、勝手に食べないなんて上出来ですわ〜ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

あんな音こんな音

季節の変わり目にお腹を壊した時、みんとのお腹がぎゅるぎゅる☆こぽこぽ☆鳴っている音はかなり大きく部屋に響き渡り、みんと自身も自分のお腹を見下ろしてじっと音源を怪しんでいるようなところがありました。

寒くなりかけの頃、みんとと散歩に行く時、外に出たとたんくしゃみ3連続したりするので、服を着せるべきか迷う事が多くなり、(でも、みんとさんはお洋服を着るのが嫌い)着せずに散歩に行った時は、帰宅後お腹を壊さないかどうか様子を見たものです。

みんとのお腹の状態が不穏な雰囲気になっていないかどうか、知りたいものだのぅ(´`)

最初は、みんとを仰向けに寝かせて、お腹に耳を当ててみました。
結構お腹の音が聞こえます。こぽぽ・・・って小さな音です。こういう音の時は大丈夫、通常の消化活動等でお腹が壊れているようには思えません。

お腹が壊れている時は、もっと雑音という感じの多種多様な音が鳴り響いていたからな・・・(・_・ )

りどみぃ、思いついて聴診器を買ってみました。

いやいや、大げさなものではありません。最近では「聴診器ブック」*1なる物が書店でも売られている時代。

*1 聴診器とその使い方などが書かれている本とのセットで、聴診器で自分の体の中の音を聴いて、日頃から健康に留意したり、消化等のメカニズムについて学んだりできる内容のようです。

自分で家族で健康チェック! 聴診器ブック Book 自分で家族で健康チェック! 聴診器ブック

著者:桐生 迪介
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、子供が気軽に使えるように、アメリカでは使い捨ての医療器具として使用されているという、300円くらいの物も、やはり書店で売られているのを見た事があります。
子供の場合、木の幹に当てて中の音を聴いたり、うさぎなどの小動物の心音などを確かめるなどの学習を楽しくできるとか。

りどみぃが通販で「どれにしようか」選んでいた時のレビューでは、お腹に赤ちゃんがいるお母さんが、「子供の鼓動が聴きたくて購入しました」というのもありましたし、やっぱりりどみぃのように、「ペットの犬の心音が聴きたくて」というのもありました。

さて、買おうと思って調べてみたらわかったのですが、聴診器にはシングルとダブルというのがあるのです。
音を聴きたい対象物にぺた☆っと当てる円い部分、あれをヘッドとか言うようで、その中でも音を聴きたい対象物に当てる面(集音部)はチェストピースと言うそうな。

あれがシングルヘッドだと一面のみ。ダブルヘッドだと、円い根元からくるり☆と裏返して反対側にもある穴を使って音を聴く事が出来るとの事。
シングルはダイアフラムというプラスチックの振動盤でカバーしてあるので穴が開いていない面のみ、ダブルはダイアフラム面とベル面という真ん中に穴が開いている面とで両表になっていて、ベル面の周囲にはゴムがついているようなのです。

ダイアフラム面は高周波域の音を聴くのに向いていて、ベル面は全周波数域が聴けるけれど、接触面積が大きいダイヤフラム面の方が音が大きく聞こえる・・・など、いろいろお勉強になりました。(@_@;)

病院で血圧を測る時等に看護士さんが腕にぺた☆っとやってくれるのはシングルだそうで、心音以外にも内蔵の音を聴くのはダブルが良いと書いてあるところもあり、素人判断で、大は小を兼ねる・・・ダブルはシングル機能を兼ねるんではなかろうかと思ったりどみぃは、ダブルヘッドのを選びました。

みんとのお腹は小さいから、接する面が小さいと言う意味では、ゴム面の使い勝手も良さそうですしね。

ヘッドと耳管という耳の近くまでつながっているコードのような部分の色も8色もあって、選び放題・・・りどみぃはラブリーなピンクにしました。

ナーシングスコープ本体1,260円+送料210円(メール便)でゲット。

安心料と思えば、お安いわぁ(☆☆)

さて、肝心のみんとのお腹の音は、こぽ・・・こぽこ・・・というような、大変ささやかで穏やかな音でした。

平和なお腹の中ってこんな音なのねん(・_・ )

この平和な音を覚えておけば、ぐるぐる鳴りだした時にすぐにわかりそうです。

ついでにみんとの心音を聴いてみました。
どぅん☆どぅん☆どぅん☆という感じ。続けざまに鳴っているリズムです。
聴診器を当てられてどきどきなのかな?

ほ乳類の心音のスピードは、種の大きさによって違いがあるというのを思い出して、りどみぃ自身の心音を聴いてみました。
みんとより体が大きい人間だから、もっとゆっくりのはず。

む・・・こっこれはっ(-"-;)

どっく・・ん☆どっく・・ん☆と、見事にみんとよりゆっくりしたリズムで鳴っています。

うさぎやねずみは、みんとより鼓動が速いんだろうな・・・
ねずみの心音はととととととと☆って聞こえるというのを読んだ事があったっけ。ヽ(´ー`)ノ

みんとのお腹の音から始まり、生き物すべてに思いを馳せたひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

ぴよぴよ☆してね

 タカラトミーの製品で、「愛鳥倶楽部」という商品がありまして、言うなればきれいな色の小鳥のフィギュアでございます。

首の後にセンサーがあって、それをそっと刺激することで鳴き声が発せられるというような仕組みです。
そのフィギュアのモデルになっている鳥の鳴き声で、しばしさわやかに癒されるって感じでしょうか。

現在は、全10種類あるそうです。(ずっと前は雀もあったのに、今のラインナップには見当たりませなんだ)

りどみぃが持っている数種類の中に、”るりびたきのひな”というのがあります。
現愛鳥倶楽部のラインナップには、ひなどりは4種あるようですが、同じ構造かどうかは不明。りどみぃのるりびたきのひなは、足の裏に金属の電極が付いていて、掌にのせたりすると通電して「ぴよぴよぴよ」と鳴くようになっています。

通電すれば鳴くわけで、別に掌でなくても、指先でもいいのですが、少し汗をかいているような湿気がある皮膚の部分が良いようで、りどみぃの場合、額や拳に押し当てても鳴いてくれません。

 ある時、ぬいぐるみやおもちゃが入っている箱から、みんとがこれを見つけ、くわえて遊びたそうにしました。
脚の部分がかなり華奢なのですぐに返してもらいましたが、ふと思いついてるりびたきのひなの足の裏をみんとの目の前に差し出してみました。

みんと、ここに”ちゅ☆”して (*^^*)

すると、みんとが素直にちゅっ☆っとしてくれたので、お鼻付近のモイスチャーで通電し、ひながぴよぴよぴよ☆と鳴きました。

みんとの目は点になり、とっても不思議そうに首をかしげていたので、「不思議だねぇ、こうすると鳴くんだよ」と言いながら、今度はりどみぃがそっとひなの足の裏を、みんとのお鼻にちょん☆と触れさせました。

ぴよぴよぴよ☆

上手上手!(^▽^)

その後、みんとの好きなチーズのかけらなどやったので、ひなに対して良い印象を持ったようです。

るりびたきのひなは2階のある部屋に置いてあって、その部屋にみんとが入った時だけの挨拶のようなイベントになりました。
りどみぃが「ぴよぴよ☆して」と言うと、差し出されたひなの足の裏にお鼻をちょん☆と当てて鳴かせてくれます。

ぴよぴよ☆聞こえた後はごほうびがもらえるので、みんとにとってはクリッカーの音と同じような位置付けのようです。

今日もぴよぴよ☆してね!(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

ど根性菜の花と梅

 公園の花壇で咲きかけた菜の花が雪に覆われてしまった時、秋のコスモスの惨状を思い出して、がっかりしました。


同じ花壇には、昨秋にはコスモスが花咲く日を迎えようとしていた矢先、台風で無残にもなぎ倒されてしまい、お互いに絡み合った茎がお互いの立ち直りを抑えるようになってしまし、とうとうきれいに咲くことも無いままに取り払われてしまったからです。

菜の花も、雪がとけてみたら皆同じ方向に倒れていて、同様にこのまま終わってしまうのかと、りどみぃには思われました。

・・・しかし、なんですな、菜の花ってのは雪に降られてもとろけちゃわないのですな。
よく野菜のことを知らないりどみぃ、菜の花・・・菜っ葉も、寒さに当たると冷蔵庫の奥で凍ってしまったレタスのように、常温に戻ると葉っぱがとろけて二度と元には戻らないタイプの弱々しい葉っぱだと思っていました。

でも違うのね・・・(・△・;)

菜の花は、雪が解けたあと、横に曲がってしまった場所から上に向かって伸び始め、ちゃんとそのてっぺんに黄色い花を咲かせたのです。

 雪と言えば、梅の花もまだ下に雪が残っているにもかかわらず咲き始めておりました。

近くによると良い匂いがしていたので、みんとを抱き上げて嗅がせてやりましたが、桜の花の時と同様に、ぱく☆っと食べようとしました。

ひええっ、なんてことを! ( ̄□ ̄;)

花の香りでもいい匂いだと食べられると認識するのだろうか…?

ともあれ、みんとはお花より下に残っている雪に興味があるようでした。

みんとさん、雪、好きねぇ(ーー;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

カワセミを見た!

 みんとさんとよく行く公園で、カワセミを見ました!(☆☆)

湧き水から出来ている池で、ちゃぽん☆と水に飛び込んではお魚を捕まえてのお食事中でした。

多少風があるにしては暖かく晴れていたので、公園は多くの人でにぎわっていましたが、人がいることに慣れているのか、 雪の日の翌日でお腹がすいているからそれどころじゃないのか、池のほとりのベンチに人が居ても逃げもせず、ひたすら”狩&ごっくん☆” のお食事を繰り返しておりました。

テレビでカワセミの狩の様子を見たことがありますが、1回の狩の映像のみを「スローモーションでもう一度」 的な放送が多かったように思います。
それゆえ、りどみぃはカワセミがこんなに続けざまに食べているなんて思っていませんでした。

カワセミの狩は、木の枝の上や水面に近い柵の上でじっと水の中を見るような待機の姿勢から、ぽちゃん☆と鋭く水に飛び込み、 次の瞬間には元の位置に戻って、うぐうぐ☆とお魚を飲み込んでしまう・・・という手順になっているようですが、うぐうぐ☆の後は、 すぐに水面を見て、次のお魚の物色をしているように見えました。

ぽちゃん☆うぐうぐ☆ぽちゃん☆うぐうぐ☆の繰り返しなのです。

カワセミって結構大食漢なのねん!Σ(・ω・ノ)ノ!

カワセミが水に飛び込む時、陽射しを受けて、きらっ☆っと輝くのですね。とってもきれいでした。
最初に見つけた時は、池の手前から向こうのカワセミを見たのですが、かなり近付いても狩の邪魔をしないで済むようなので、 じじくんに写真を撮って欲しくて、池をまわり込んで行くことにしました。

人間が傍にいても平気なカワセミでも、犬のみんとが近付くと警戒するかもしれないので、 りどみぃとみんとはじじくんよりずっと後方で待機。

みんとにはカワセミは見えていないようで、「なんでこんな池のほとりで停まってるの?」と不思議そうにした上、 「早くあっちに行きません?」と池とは違う方へ行きたがる様子が見えましたので、”つけ”をさせて、 口に次々とやわらかささみをちぎったのを入れてやり、時間稼ぎをしました。(^▽^;)

そこに居る間はささみが口に入ってくるので、みんとはずっとりどみぃの足元にいて、静かにもぐもぐ☆

現金なやつ・・・(^^;)

輝くカワセミはとってもきれいでした。また見たいものです。ヽ(´ー`)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

冬の仲良しスナップ

 先日、まだぐったり☆状態だったりどみぃ、みんとはじじくんがリードを持つ事になった上での公園へのお散歩にとぼとぼ☆ついて行ったところ、思いがけずみんとと仲良しのココアくん一家に会うことができました。

前日のしつけ教室は、じじくんはお仕事、りどみぃはぐったり☆で欠席せざるを得なかったみんと・・・結果、わんこ友達にも会えなかったわけで、ココアくんに会えた時に喜んだ事と言ったら!

枯れ葉がいっぱいの公園で、みんとと並んで2ショットを撮らせていただきました。

夏に2ショットがラブリーだったココアくんとみんと・・・冬も仲良し♪

かわいいわぁ(*^^*)

ただ、夏の時と違って、ぐったり☆りどみぃに対して下克上中だった為、みんとはココアくんの隣に座るようにというりどみぃの指示にあんまり従いませんでした。

リーダーシップが無いと、 ラブリー2ショットも撮れないのねぇ(ーー;)

この可愛いココアくんのママから、本を見て手作りしたという”わんこのおやつ”を、いただきました。

コーンミールとささみとカッテージチーズが入っているそうです。

いただいたその場で1個だけあげたら、みんとは喜んで食べていましたが、相当美味しいらしくて、この撮影のために部屋の隅っこに” 待て”させていたら、せつなそうに「きゅん・・・きゅん・・・」 と遠慮がちに鼻を鳴らしてくいました。

撮影終了後、待ちかねたところへ1個やったら、もっと食べたかったんでしょうね・・・ものすごくキチン☆っとおすわりをして、じっとりどみぃを見たまま動かなくなりました。

眼力でおねだりだ・・・(・◇・;)

そこで、シット・ハイ(ちんちん)やらお手やら、みんとが出来る芸を次々とやらせ、その報酬としてもう1個だけやることにしたのですが、あんまり美味しそうなので、味見に1/3個ちぎってから渡しました。

1/3個をそのまた半分ずつ、りどみぃとじじくんとで味わいましたが、食べている間は人間には薄味でも、ほのかなもちもち感が美味しかったです。

しかし、ごくん☆と飲み込んだ後、美味しさの波がやってきました。

おおっ!これはお口に残る旨味がたまらんっ!(☆☆)

鶏の酒蒸しとか、茹で鶏とか、棒棒鶏とかで、鶏の肉の部分だけを食べてみると解るかと思うのですが、ジューシーな鶏肉の旨味が口いっぱいに広がります。あれですの。

ごくん☆と飲み込んだ後、お口が美味しい鶏肉の味が残って幸せな気分になりました。

うむ、これはみんともたまらんだろう・・・ヽ(´ー`)ノ

待っている間のお顔をアップで見ると、みんとってば泣きそうです。


涙が出そう?

実は、りどみぃも”わんこのおやつ”や”わんこの服”に関する本は持っていたりするのです。でも、まだ何一つ実行に移していない・・・(^^;)
構想だけは一人前なんだけど、実行が伴わないアタクシって・・・絶句。

こんなに喜ぶなら、りどみぃもがんばって作ってやらねばならぬかのぅ・・・と思ったことでした。ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

雪はらいの知恵

 日曜日の朝起きたら雪が積もっていたので、みんとさんを連れて公園に行きました。

雪はまだ降り続いている状態だったので、前回のみぞれっぽい雪よりはずっとふわふわ☆さくさくです。

今回は、じじくんと一緒だったので、カメラマン役はまかせてしまい、りどみぃはみんとと遊ぶことに専念しました。

雪の中でも目立つ、オレンジ色の牛のおもちゃを投げて、「取ってこ~い!」と叫べば、素直に取りに行くじゃありませんか!

う~ん、本当に雪を苦にしないやつ・・・ヽ(´ー`)ノ

しかし、雪の中にぽすっ☆と落ちた牛をぱくっ☆とくわえたら、口の中に雪も一緒に入ってしまったようです。
1度くわえたのに、ぽろり☆と落とし、雪が取れたところをくわえ直して持って来ました。

 もう一度投げると、今度はいきなり牛をくわえないで、前足で牛の雪を払って、それからくわえるではありませんか!

おおっ、教えてもいないのに冷たい雪をはらう知恵があるとは!(・◇・; )

それからも数度投げては持って来させて遊びましたが、同じように雪をはらっていました。

自分がくわえる部分の雪をはらうと、そこをぱく☆っとくわえるので、牛全体の雪をはらいたいわけではないようです。

やはり雪が口に入るのを避けているらしく、他にも雪が口に入らないように工夫しているふしがあり、 牛の角部分をおしゃぶりをくわえるかのように上手にくわえて持って来たことも・・・

前回雪の中をただふらついていた時には見ることの出来なかった、 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの小知恵でございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

節分は鬼の面

みんとさ~ん、 ここに座ってくださいよぉ(*^^*)

りどみぃの企みに気が付いていないシュナプーのみんとさん、 指示通りに座りました。
畳み掛けるように交渉します。

今日は節分なんで、こんな物を頭にのせてください! (*^^*)

いや、重くは無いですよ。(・△・;)

ちょっと下を向き過ぎなので、下顎に手を添えて顔を上向かせ、 お口にはジャーキーのかけらを入れてやります。

ぐったり★りどみぃの時だったらやってくれなかったかも。
しかし、りどみぃもだいぶ復調してきたので、みんとの挑戦を退け、再びリーダーとして君臨しつつあります。
みんとは、りどみぃを踏まなくなりました。

まぁ、鬼の面をつけたからって、豆まきの時、鬼の役をやってもらおうとは思わんから、安心したまへ。 ( ̄^ ̄)

・・・みんとは、1歳10ヶ月だから、お豆は1個ね。(・_・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »