« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ついにはマウントされる

”ぐったり★りどみぃ”にリーダーとしての実力(?)の衰えを見出したらしいシュナプーのみんと、最初に気がついたのは、 勝手にドアの出入りをすることでした。

それまでは、リビングから廊下へ勝手に行かないようにさせていたので、 たとえドアが開いていても部屋から出て行かない傾向にありました。

リーダーの許可が無ければ、群れから離れてはいけないのです。 d(ーー;)

しかし、これを勝手に出て行くようになりました。

出て行った先の洗面所などでは、ゴミ箱を漁って、捨ててあるティッシュを丸めた物などを拾って、 ばらばら☆に散らかすような事をやりました。

これは、みんとはちゃんと”やってはけいないこと”と知っていることです。
知っててやるんだから挑戦的です。
即座に禁止の声がかかるかどうか試しているようなのです。

りどみぃは、ぐったり★していたので鈍臭くて、即座に反応することができませんでしたし、声が出せたとしても 「いけない~(@_@;)」という、だらだらとした注意しか与えることが出来ませんでした。

 次に気がついたのは、「待て」と言っても待たずに動いてしまうとか、寝ているりどみぃの首元の布団に、 勝手に鼻先からずいずい☆と入って来る図々しい振る舞いをするようになったことです。

みんととりどみぃはお昼寝の時は一緒のお布団で寝ますが、必ずりどみぃがみんとに何か”おすわり”や”お手”の芸をさせて、 そのごほうびとして布団の上で寝ることや、中に入ることを許すことにしていました。
これを、勝手に許しも得ずに入り込んで来るのです。

情けないことに、これもりどみぃは「だめだよー。(ーー;)」程度に手で払いのけるしぐさをするのが関の山でした。

そしたら、「やっぱりこれは、下克上のチャンスだ(☆☆)」 と思ったんでしょうね。
仰向けに寝ているりどみぃの胸からお腹にかけての部分に、みんとがどーん★と縦長にのってふせました。 完全にマウント*1です。

*1 地位が上の者が下の者に「私がお前より上だぞ」と言う意味でも行われる一種の示威行為。
牡犬がヒート中の牝犬に「子犬を作りましょう」と持ちかけるのとは、この場合違います。
みんとは牝ですし・・・(´;ω;`)ウッ…

うっそ~(T▽T)

こればっかりは、どんなにぐったり★していようが、りどみぃとしては許すことが出来ません。何より、重いし・・・
手で胸の上を払いのけるようにして、みんとをどかしました。
その上で、「平らに寝ているからやられるんだな・・・隙があり過ぎなんだな、きっと」と思ったので、 くるくるする頭を持ち上げて壁を背に座り、両脚を投げ出した状態にしました。

と・・・なんと、今度はみんとがそのりどみぃの右脚の膝辺りに前脚をのせ、足首をお腹の下にまたがって腰を振るではありませんか!

まだマウントするかっっっ!(T▽T)

こんな失礼なことをされたのはいつ以来であったか・・・
もう前回されたのがいつだったか思い出せないくらい遠い昔となっていたのに・・・

みんととりどみぃの主従関係は、すっかりタイムスリップしてしまったのでした。
ここで、りどみぃ、強く強く実感しました。

元気じゃないと、リーダーが務められない!!!(-"-;)

危うし、りどみぃのリーダーの座!
がんばれ、りどみぃ、元気になって悪魔のわんこ(みんと)の挑戦を退けるんだ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

儚いリーダーの座

 私事ですが、りどみぃは金曜日の夜になって急に体調を崩し、 それこそぐったり★という状態で倒れこんでしまいました。

お仕事やらお出かけやらで忙しかったので、疲労が限界に達してしまったようです。りどみぃの身体から「もう動けないです」 のサインが出たらしい・・・

 つい先日、そう1週間前のお教室で、お正月明けとは思えない服従心を見せたシュナプー(父犬: トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんと・・・りどみぃは、”リーダーとして認められたのだろうか?” とちょっとうれしかったのですが、今回、その座がまだまだとても儚いものである事を実感しました。

そう、思い返せば、木曜日までは良かったのです・・・
しかし、ぶっ倒れた金曜日から、みんとさんの悪魔ぶりが発揮されました。

連日出かけていて一緒にいてやる時間が短かったこともあり、 りどみぃはぶっ倒れてからもリビングの床に敷いたお昼寝用の寝床で寝込んでいました。みんとも、この時はおとなしく、 りどみぃの横で寝ていました。

が・・・まず、じじくんが帰宅した時です。
みんとは、じじくんが玄関の鍵を開けてリビングに入って来るまで、「わんわんわん☆」と歓迎の雄叫びを叫び続けました。

これがりどみぃが元気ないつもなら、じじくんが帰宅する前にみんとに予告する所から始まります。

みんと、 もうすぐじじくんが帰って来るからね、帰って来たら静かにしてね。静かに出来るかな?(・_・ )

そして、実際にじじくんが帰宅した気配がしたら、 みんとが1声2声鳴いた時点でりどみぃが右手でマットを示し、「みんと、静かに!マット!」と命じます。

マットの上でみんとがふせをしたら、りどみぃはほめながらチーズをやることにしています。
ちゃんとマットの上にいる間は、りどみぃがチーズを1mmずつ切って次々と食べさせてくれるので、ちゃんとふせをしたまま、 じじくんがリビングに入って来るのを待ちます。

じじくんが上着を脱いだりして、みんとと触れ合っても良い身支度が出来たら、初めてりどみぃが「OK、 じじくんに”お帰り”ってご挨拶していいよ」とふせの解除をします。

みんとが、じじくんに跳びつかずにご挨拶して戻って来たら、もう一切れ追加でチーズをやります。

すぐに静かに出来て、お行儀も良いみんとさん、素敵~(☆☆)

 これが、”ぐったりりどみぃ”の時に台無しになりました。
まず、予告が出来なかったので、みんともとろとろと眠っていた時に急にじじくん帰宅ということになり、驚きのあまり吠えること、吠えること!

りどみぃ、「みんと、マット」と言うも、耳には届かない様子。
結果的に、みんとの大興奮をこれっぽっちも静めることが出来ませんでした。

興奮したままなので、リビングに入って来たじじくんにも跳び付きますし、 あろうことかりどみぃのお腹の上をスプリングボードよろしく踏んで行きました。

ぐえっ(T△T)

前に踏まれた時は、タイミング良く声が出たので、 踏んだみんとがその場に凍りつくほどぎょっ★っとさせ、結果的に「りどみぃを踏んではいけない」と悟らせることが出来たようなのですが、 今回はこの逆になってしまいました。

じじくんの方へ行こうとしたみんとに踏まれても、 ぐったりりどみぃは抗議の声を上げることも出来ませんでした。
じじくんが動くたび、そちらに行こうとするみんとは、これ幸いに近道しようと、りどみぃを往復で踏むなど、大胆なことをやってのけました。

しかし、それでも叱ることが出来なかった上、 お腹を踏まれたダメージで身を二つに折って苦しんでいるのをみんとに見られ、奴はこう考えたらしいのです。

りどみぃ(リーダー)が弱ってる・・・(・ _・)

自然界では、リーダーの力が弱まると、そこにつけいるように群れのメンバーがリーダーに挑戦するという・・ ・

みんとは、 それからりどみぃがどれくらい弱っているのかを試しているようなところが見られるようになりました。

つづく

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

シュナプーみんと初めての雪

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんが生まれて1年と9ヶ月… 雪が降ったことはありませんでした。
だから、みんとは雪を見たことが無かったわけです。

坂が多いりどみぃの家の周辺では、雪が降ると始末が悪いのですが、みんとが雪を見たらどんな反応をするのか知りたい気持ちもあり、 「明日は雪が降るでしょう(・_・)」 という天気予報が出て、ちょっと待ち遠しかったのでした。

じじくんが出かける時にはみぞれだったようですが、しばらく後に外を見れば、うっすらと白くなっていました。テレビの気象情報では、 昼前には雨になってしまい、この雪も消えるとのこと、これは今の内にみんとに雪を見せなくてはなりません!

朝ご飯を食べると食休みもそこそこに、みんとと外に出てみました。

玄関を出ていきなり、ねぎが入っていた袋に積もっている雪に鼻を近づけ、ふんふんふんふん☆としつこく匂いを嗅いでいました。 寒さは特に苦にならないようですが、初めて見る雪に、とても不思議そうです。

冷たくないのかなー(・◇・;)

みんとは、植木鉢の上の雪やプランターの苺の苗の上に積もった雪にもいちいち鼻を近づけ、白い物体がどんな匂いなのか、 どれも同じ物なのかを確認するように、念入りにチェックしていました。

みんと、これは"雪"だよ。冷たいねぇ、 不思議だねぇ(*^^*)

 きっと公園などは白く降り積もっているはず・・・と、りどみぃはみんとをうながして家を後にしました。
途中、よそ様の庭先に雪があると、その奥へ・・・とずいずい☆進んで行きそうになること数度。

みんとさんっ、公園に行けば、雪はいっぱいありますから! (T▽T)

と、お庭に不法侵入しそうなところをなんとか押しとどめ、転ばぬように気をつけながら公園へと向かったのでした。

公園に到着すると、誰も足を踏み入れてない雪原(?)がありました。

おおっ、みんと、貸切状態だぞ~!きゃっほーヽ(´ー`)ノ

すでに雪と言うよりはみぞれになりかけた空模様では、余程の物好きでないと公園なんか訪れないのでしょう。

ロングリードにしてやると、なんだか楽しそうに雪原へと出て行きました。
りどみぃは、片手に傘&リード、片手にカメラ状態だったので、内心は「これで転んだら悲惨だな・・・(-"-;)」とか考えておりました。

ふわふわ☆の雪だったなら、傘を畳んで雪玉を投げるとか、おもちゃを投げるとかの遊びが出来たのですが、 みぞれからカメラを守る為には傘をさしていなくてはならず、りどみぃはみんとが公園中を散策するのを見守るくらいしか出来ませんでした。

ということで、カメラ目線の写真がほとんど撮れませんでした。(;´Д`)

30分位は公園にいたかと思いますが、段々とみぞれが雨っぽくなってきて、雪にぽつぽつ☆と穴があくようになってきたので、 引き上げることにしました。

みんと、お家に帰る?まだ遊ぶ??(°_。)?(。_°)?

と聞くと、みんとが少し寒そうにして、りどみぃの傘の下に入って来たので、”帰る意思あり”と見て、帰宅しました。

楽しかったけれど寒かったらしく、玄関で体や足を拭くのもそこそこにリビングの方に入りたがっておりました。(^▽^;)

雪に湿った被毛をドライヤーで乾かしてやると、走り回った疲労もあってか、とろとろ☆と眠ってしまいました。

みんと、初めての雪はどうだった?
楽しかったね・・・(*^^*)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月22日 (火)

りどみぃはリーダーになれたのか?!

 19日土曜日に、今年になってから初めてでのしつけ教室がありました。

先週は天候不順で中止になった為、前回からまるっきり1ヶ月が経ってしまったことになります。

りどみぃ、とてもこの日を恐れていました。
今までの経験上、1週間以上お教室という緊張する勉強の時間から遠ざかると、みんとは気がゆるみ、 身勝手な悪魔のわんこに戻ってしまうからです。

お教室が始まっても、久しぶりに会えた友達わんこと遊びたくて気もそぞろ・・・それがいつものパターンでした。

しかし、今回は違ったのです!(・◇・;)

お教室開始前、いつものように再会を喜んで、友達わんこにも飼い主さんにも挨拶してまわっていましたが、いざ歩く練習が始まると、 ちゃんと一緒に歩くではありませんか!

これなら、前回、1ヶ月前の時と同じです。
同じなんて驚きなのでした。

今までのパターンだと(夏休みの後など)、みんとが出来ていた事をやらなくなってしまい、 お勉強の進度がすごく後退してしまった印象がありました。

例えば、”1度「おすわり」と言って直後に座り、そのまま動かないレベル”までできていたものが、お休みの後には、 1度言っただけでは座らないとか、座るまで何秒もかかるとか、座っても勝手に立ってうろうろしようとするとか、それ以前に出来ていた (やっていた?)ことが、”無かったことに”なってしまうわけです。

 そうなると、また1から教えていかなくてはなりません。

りどみぃが1度言ったら、直ちに座らなくてはならないこと、座ったら勝手に立ち上がってはいけないこと・・・

それらをまた根気良く教えて、やっと元のレベルの戻ることが出来、そこからまた勉強を進めて行くのでした。

 しかし、今回は、この”無かったこと”がほとんどありませんでした。

1年前のみんとさんとは、大きく違っています。

すごいじゃないの・・・(・◇・;)

みんとがりどみぃをリーダーと認めて異議を唱えなくなったのだろうか?
もし、そうならとってもうれしいな♪と、この1年間の苦労(?)を思い、報われる日を夢見るのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

そういえばお正月に

 最近、パソコンに向かえる時間がとても限られているので、やっぱりリアルタイムで話題を書けないりどみぃでございます。 (ーー;)

今日は、今更ながらお正月のことを・・・

 みんとさん、じじくんのおねー様に、お年玉プレゼントにおもちゃやおやつをいただきました。ありがたいっ\(^^@)/

りどみぃが行ける範囲のペットショップやホームセンターでは売ってないので、 どちらもみんとが持っていないおもちゃでした。

よかったわねぇ、みんと♪(*^^*)

話は変わりますが、お正月と言えば、みんとはりどみぃの実家で株が上がったんですの。

と、申しますのは、りどみぃの姉の家には、ミニチュア・ダックスフンドの”かりん”ちゃんがいるのですが、 みんとより2歳お姉さんわんこなのです。

以前、みんとは恐れを知らぬ子犬だったので、かりんちゃんに会うと、「遊んで!遊んで!」としつこくし、 その落ち着きの無さと押し付けがましさは、相当かりんちゃんを悩ませていたのです。

かりんちゃんは、りどみぃのことが好きなのですが、もれなくみんとが付いて来るので、「いや~ん、 困ったわぁ」と思ってたらしい・・・

それでも、みんとが子犬ゆえのじゃれつきをしていた時は、りどみぃも「ごめんねぇ、かりんちゃん」 で済んでいたのですが、生後5ヶ月以上過ぎた頃から、生意気にもかりんちゃんに”マウント”しようとしたりして、みんとさんってば、 悪魔のわんこらしさを発揮。

うわっ、それはイカンでしょう!( ̄□ ̄;)!!

かりんちゃんも、「そんなことする子は嫌いっ」と思ったようです。
そして、「絶対にマウントなんて許すものですか!」となんとか押さえ込まれるのを避けようと、りどみぃやりどみぃ姉の肩の高さまで、 助けを求めて登って来ました。(当然だわ(^▽^;))

自分が届かない所まで逃げられちゃって、下から見上げるしかないみんと・・・途方に暮れるのもつかの間、 また他の事に興味を抱いて、あっという間にいなくなる・・・なつかしゅうございます。

 しかし、今回、みんとはそのようなかりんちゃんの嫌がることを、一切しませんでした。
それゆえ、かりんちゃんも逃げなくて済み、お互いにくんくん☆しあったりして、それなりに和やかに過ごす事が出来たのでした。

みんとも大人になったんだねぇ・・・ ヽ(´ー`)ノ

と、皆に言われたものです。めでたいことです♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

ぶたちゃんのトリミング

 最近はスケジュールが2ヵ月半に1度になっている、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・ シュナウザー)のみんとさんのトリミングの日がやって来ました。

毎回違う色や印象で帰って来るみんとさんですが、今回はとっても女の子らしい可愛さでいっぱいでした。
鼻筋に白さも目立たなかったので、ハクビシンには見えなかったです。 (^^;)


かわいかろ?

前回は、ほんのわずかですが鼻筋から頬にかけての毛が長くて、もっとシュナウザーっぽい雰囲気でした。そこで、 今回はもう少し短く切っていただくようにお願いしました。

仕上げの時に、はっきりしていたフェイスラインを梳き鋏で切っていただき、柔らかな丸顔の印象になりました。
頭の上もプードルさんっぽく、丸くカットされているのも似合ってます。

1月という時節柄、リボンは金糸が使われているゴージャスな雰囲気で、お正月風。めでたい!

えがったわね、みんとさん。赤がお似合いね♪(*^^*)

 さて、家に戻ってからのこと、 りどみぃが靴下のかかとなどの毛玉を取ろうと毛玉クリーナーのスイッチを入れて作業をしていると、物見高いみんとさんが手元を見に来ました。

ぷぷぷ、みんとさんも、今日、こんな音聞いてきたんでしょ? (*^^*)

と、りどみぃがトリミングの時のクリッパー(電動バリカン)を連想して話しかけつつ作業を進めるのを、 みんとさんはずーっとおすわりして見ていました。

「これが終わったら遊んでやろう。何して遊んでやろうかな・・・?」と考えていたりどみぃ、その時ひらめいたのです!

みんとのぶたちゃんもトリミングしましょう!(☆☆)


みんととことん使用後(洗濯経験3回)

みんとが自分の手羽先を分けてあげるほど愛しているぶたちゃん・ ・・

汚れては洗い・・・を繰り返している内に、毛玉だらけになりました。
(みんとが噛んだことで糸が出ているという部分もある)

これ・・・毛玉クリーナーで取れるのではなかろうか? (; ̄ー ̄)

クリッパー(電動バリカン)よろしく、りどみぃが毛玉クリーナーでぶたちゃんのトリミングです。

 しかし、靴下の毛玉を取っている時はおとなしくおすわりして見ていたみんとが、 なんとか手元のぶたを救出しようと邪魔するではありませんか!

そこで、気をそらす為に、買い置きの新品のぶたちゃんをおろしてやることにしました。

新品のぶたちゃんのあまりの美しさ(?)とスリムさに、「これも1枚撮影しておかねばなるまい!」と思ったのですが、 一度は渡した新ぶたちゃんを床に置いて撮影しようとした所、どうしてもみんとが傍から離れず、フレームの中に入っております。
この踏ん張った足には、「早く返して欲しい」という無言の圧力が感じられます。(ーー;)


みんと使用前

 みんとが新ぶたちゃんとたわむれている間に、初代のぶたちゃんのトリミングが完了しました。
りどみぃが思ってた通り、毛玉がなくなるとすっきり☆として、新品のようです。

・・・”新品”は言い過ぎかもしれませんが、このぶたちゃんにも、まだまだ働いてもらおうと、りどみぃは強く心に決めたのでした。 ヽ(´ー`)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

うちのうなぎ犬

うちの”うなぎ犬” をごらんくださいまし~! ヽ(´ー`)ノ

うなぎのぬいぐるみ+みんと(犬)で、”うなぎ犬”

 みんとのお気に入りのごほうび、”仔牛の骨付きカルビ”が近所のペットショップでは売られなくなってしまったので、 仕方なく通信販売の海へと旅に出たのですが、あと数百円で送料無料になるというお買い物状況になり、 りどみぃは思わずおもちゃを物色してしまったのでございます。(送料無料って言葉は魅力的ですわ)

”海シリーズ”というおもちゃのラインナップがあって、タコや魚などもあったのですが、りどみぃが気に入った”うなぎ”と” ロブスター”を買いました。
ロブスターはまだしまってあります。(1度に2個もおもちゃを新調するのは贅沢だからなのです)(^^;)

このうなぎ、頭の部分に噛むと鳴るように笛が入っていて、胸びれから下の胴体の背中部分には、 カシャカシャ☆としたしわくちゃなラッピング資材のような物が入っているらしく、適度な張りと弾力、そして噛むと音がする・・・ という作りになっています。

また、うなぎの身をくねらせたようなフォルムを忠実に再現してあって、これがまた適度にマズルにはまったり、 口から逃げ出して行くバネの働きをしているようです。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんの遊び心を鷲づかみしたようで、 ものすごく気に入っています。

期せずしてビョーン☆とか飛んでしまうのが、みんとには「逃げたっ!」と思えるらしく、 狩の本能丸出しで格闘しています。

仰向けになって、両前足を器用に使ってつかもうとしてみたり・・・

逃げたうなぎにとどめをさしたり・・・

”送料無料”に惹かれて試しに買ってみたおもちゃなのに、これほどまでにウケるとは!

しばらく、面白いうなぎ犬姿を楽しめそうです。(^▽^;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日 (金)

ひげ抜きの櫛

 みんとさん、トリミング直前で1番もこもこ☆している時期です。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)という特徴のせいか、個体差なのか・ ・・みんとの被毛はかなり柔らかいのですが、カールしているせいで、わずかにある死毛(抜け毛)がそこにとどまり、 毛玉の原因になったりします。

そこで、毎日、お散歩の後にはコームで梳かして死毛を取り除いておくようにしてはいるのですが、 どうしてもわずかに残ってしまうようです。

毛玉が出来ちゃった時、毛が短ければ、かなり簡単にほぐすことが出来るのですが、 これだけ長くなっていると、単なるコームで梳かしても解けません。
いろいろな道具(?)をりどみぃなりの工夫の順番で使って、みんとさんに毛玉が出来ないようにしています。

これはみんとさんのコーミングに使っているお道具です。

トリミング直後から、1ヵ月の間は、毎日コーミングしていればほとんど毛玉の心配は無いので、③の” PETIOのノミ取りコーム”を使っています。

みんとさんからノミが発見されたことは無いのですが、櫛の目が細かいので気に入っています。
また、櫛の歯が1本1本丸くて、わんこの皮膚に傷をつけないのと、歯が毛玉などに引っかかった時に1本1本それぞれが360度回るらしくて、 摩擦が軽減されるという工夫がされているようです。

①は、同社の”毛玉取り”で、曲がった歯の内側が刃になっています。イメージとしては、 鎌が並んでいるような感じ?

小さく毛玉が絡んでいるような時、③で梳かして引っかかったら、①に持ち替えて軽く梳かしてみます。
それでも引っかかるようなら、ちょっとだけ力を入れて梳かし、大抵の場合はこれで刃が毛玉部分を切ってくれるので、 引っかからないようになります。

毛玉取りでも引っかかる場合は、りどみぃが両手の指先で毛玉に絡んだ毛を少しずつほぐすようにします。

 トリミング1ヵ月が過ぎると、毛が絡みやすくなります。
②はグレイハウンド社製のコームで、「ショードッグ御用達」だそうです。

道具負けしとる・・・(^▽^;)

目の粗い方で梳かしてから細かい方で梳かすと、ほとんど引っかからないできれいに梳かすことが出来ます。
この適当な粗さがいいようです。

しかし、目の細かさを比べると、②の細かい方と③では、③の方が細かくて、それだけに、 ②でのコーミングが終わった後に③で梳くと、また抜け毛が取れたりします。

 ブラッシング用のブラシや、スリッカーブラシも持ってはいるのですが、 引っかかって全然作業が進まないし、被毛のどの部分に毛玉があるのかを特定しにくく、腋の下などの細かい部分の手入れには使いにくくて、 今ではしまったきりになっています。

②の細かい目や③でコーミングした後、④でコーミングを仕上げると、 ほぼ完璧に死毛を除去することが出来ます。

④は、輸入品の”ノミ取りコーム”で、 りどみぃが通常行くようなホームセンターやペットショップでは見かけない品です。ある動物病院の通信販売で買いました。

これはとっても目が細かくて、本当に良く取り残してあった抜け毛を集めてくれます。

 しかし、それは使い方によっては凶器にもなる物だったのです!

なんと、このコームでみんとのお顔を梳かしたところ、 コームに2本もの黒い太い物が挟まっているではありませんか!

・・・こっ、これはみんとのおひげ・・・(・△・ ;)

コームの歯の目が細か過ぎて、ひげを梳くことも出来ないということです。
言い換えれば、”ひげの太さより細かい目”なのですね。

うーん、みんとさんは、まったく逆らいませんでしたが、 りどみぃのコーミングでひげを2本ぶちっ☆っと抜いてしまったのだとしたら、可哀想なことをしました。

痛かったんじゃなかろうか?(・△・;)

ちっとも痛そうにしなかったから、抜けかかっていたおひげだったのかな?・・・と、考えたい、 りどみぃなのでした。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

ドーナツ屋さんのテラスにて

笑顔全開とはこういう顔を言うのでしょうか?
昨日のみんとさんは、こんな顔でごきげんでした。

オフィスまで出向いて仕事をしなくてはいけない時は、お昼休みの1時間はみんとと外に出ることにしています。
コンビニでりどみぃのお昼ごはんを仕入れて、公園のベンチなどでピクニック。

ベンチの傍でりどみぃが食べ終わるのを待っているみんとに、時々お愛想にみんとのジャーキーなんか振舞いつつ、ランチタイムは過ぎて行くのです。

食後には、ロングリードにしておもちゃを投げて"持って来い"をして遊んだり、川沿いの遊歩道をお散歩したり、並木が見事な通りの歩道を歩いたりするわけです。

そんなある日、テラス席があるドーナツ店があるのを知っていたりどみぃ、お天気が良いこともあり、行ってみることにしました。

午前中、ずっとオフィスでおとなしくしていたみんと、何回もこの町に来ている内に、顔馴染みのご当地わんこも出来たりして、くんくん☆と並木の根本を嗅ぎながら近況を把握しているらしくて、とっても楽しそうです。

ドーナツ屋さんに到着すると、一番奥のテラス席が空いていたので、手前にあるテーブルの横を通りつつご挨拶。

こんにちは~犬連れで失礼いたします。(^▽^;)

みんとは、尻尾ふりふり☆でご挨拶です。

みんとのリードを傍のラティスにつなぎ、りどみぃのみ店内へ・・・
肉まんやドーナツ、スープやコーヒーなどを頼んでいる時、ガラス越しにちょっと鳴いちゃっている声が聞こえてきました。
両手にトレイを持って、外に戻ると、鳴くのも道理です。
なんと隣の席の年配の男性が、みんとに「来い、来い」と席に座ったまま手招きしているではありませんか!

呼ばれても行けないのに、可哀相なみんとさん・・・そら鳴くわな・・・行きたくてせつなくて・・・ (-"-;)

「お騒がせして申し訳ありません (^^;)」と周囲に頭を下げつつ席に着きましたが、りどみぃ、内心思っておりましたよ。

ううっ、鳴かさないで欲しい~(ーー;)

と・・・

(でも、将来的には、どんなに人に声かけられても鳴かないようにならなきゃいけないのですわよね)

問はず語りで隣のテーブルの紳士がおっしゃるには、ご自身が15年間犬を飼っていたという犬好きらしく、みんとの愛想が良いのもあいまって、みんとがとても気に入ったようなのです。
愛犬をほめられたり、可愛がっていただくのは、飼い主としては嬉しいものです。

しかし、りどみぃが戻った時、みんとの足元に一口大のドーナツのかけらが・・・

幸いにもみんとは食べなかったようですが、こういうのって困っちゃいます。・・・( ̄  ̄;) いやん

ドーナツとか勝手にやらないで欲しいな・・・(ーー;)

みんとは基本的に食べ物にあんまり固執しないし、遊びたい時は"食べ物はいらないから遊びましょう"と食べ物に対しては二の次のところがあります。
また、りどみぃはドーナツをやったこと無いので、それが食べ物だと解らなかったのかもしれません。りどみぃとしては、人間の食べ物の味を覚えて欲しくないのです。

りどみぃは、わざとすぐには拾わずに、食事を始めました。
しかし、みんとからは少しも目を離しませんでした。

みんとはりどみぃが食事を始めると暇を持て余し、リードの届く範囲をくんくん☆匂いを嗅いでいましたが、ふとドーナツのかけらの匂いを嗅ごうと、鼻を近づけました。

りどみぃが待っていた瞬間です。
みんとにしか聞こえないような、小さな、でもドスの効いた声で短く、 「No(ノッ)(-"-)」と言いました。

みんとは、すぐに匂いを嗅ごうとするのを止めてドーナツのかけらから離れました。
りどみぃは紙のナプキンでそっとそれを拾って片付けてしまいました。

やれやれ・・これで、みんとさんが勝手に食べ物を拾って食べてはいけないと理解したであろうか?(ーー;)

ともあれ、りどみぃが声をかけたら、すぐに匂いを嗅ぐのをやめたので、チーズやジャーキーを椀飯振舞しておきました。

「拾って食べるより、ずっとお得♪」 感が大事ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

猫はご迷惑

 ある曇りの日のこと、ちょっと寒い日の上、午後の早い時間だったので、公園はがらがらでした。

お散歩の犬はおろか、ジョギングする人影も無いくらい・・・

ロングリードでてくてく☆歩くみんとさんも、ちょっと寂しそうです。と・・・

公園に住んでいる野生の猫の1匹がおりました。
みんとは子犬の時から顔なじみで、お友達になりたいようですが、あちらはそうではないらしい・・・

どうも、みんとの「遊ぼう!遊ぼう!」というぴょんぴょん☆した動きが、猫をイライラ★させるらしい・・・

みんとさん、あんまりしつこくしちゃ・・・ (-"-;)

そ・・・ね、りどみぃが見たところ、すごく怒ってるみたいだわね。(・△・ ;)

お顔からは、殺気がにじみ出ている!( ̄□ ̄;)!!

というわけで、みんとさんにはお友達になることを諦めてもらいました。

猫さんにご迷惑をかけてはいけないのです。
たとえ、どんなにみんとが一緒に遊びたくても・・・ね。(^▽^;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

驚いたこと、フリスビー編

大掃除の時に、予想外にいい子で驚かせてくれたシュナプーのみんとさん・・・

次にりどみぃを驚かせたのは、31日の夕方に公園に行って、初めてフリスビーに挑戦させてみたところ、ちゃんと追って行き、拾って持って来たことです。(・△・;)

普段ラテックスやぬいぐるみのおもちゃを投げて、「取って来い」の遊びをしているせいか、みんとはりどみぃが何かを投げると、それが古靴下であろうと、木のダンベルだろうと、骨ガムだろうと拾って来てくれるのですが、初めて見たお皿のようなフリスビーまで持って来るとは思いませんでした。

このフリスビー、何ヶ月も前に買ってはみたものの、他にも遊ぶおもちゃもあることだし・・・と、パッケージを開いてもいなかった物です。(^^;)
大掃除の際にじじくんの目に停まり、やってみることになった次第。

じじくんが、家の中で「ほいっ」っと軽く投げ出してみたところ、みんとが臆せずたったったっ☆っと走って行って拾って来ました。
いやはや、りどみぃ、驚いたの何の!

うっそ~!? (・◇・;)

りどみぃは、てっきりみんとが「何それ?」と近付いては行くものの、ちょっと匂いを嗅いで、「ふん☆」っと興味を失って遠ざかると思っていました。
だって、初めて見た、あんなに平べったい運び難い物を器用に拾って来るなんて、誰が予測出来たでしょう? いや、出来はしない!

フリスビー・ドッグの訓練の仕方が書かれている本には、「フリスビーという物に慣れさせる為に、ごはんを上にのせて食べさせるとか、視界に入る生活の場に置いておいて、その存在に慣れさせよう」という意味のことが書いてあるようですが、慣れるも何も・・・ねぇ・・・

みんとさんって物怖じしないわんこですこと・・・ (・△・ ;)

さすがに家の中で投げると壁に当たって落ちるだけなので、公園へと場を移し、みんとには10mのロングリードをつけて、やってみましたが、これもちゃんと追いかけるのでした。

とは言え、みんとはまだ空中でキャッチするのは出来ません。
みんととしては、後肢で立ち上がってジャンプ・・・のようなことをするので、目的は理解しているようなのですが、りどみぃが未熟者なので、ちょうど良い高さやスピードに投げてやることが出来ないのです。

まことにフリスビーを投げるのは難しい・・・りどみぃは、まだまだ練習が必要です。
みんとがキャッチしやすいのは、”ゆっくり遠くまで飛ぶフリスビー”らしいのですが、これは投げる力とその時に加える回転する力のバランスによって成り立つもののようです。

ゆっくり飛ぶには、回転していなければ安定しないし、回転をかけようと頑張ると、地面にぐさっ☆っと刺さるような投げ方になってしまったりして、これがなかなか・・・

思い通りにイカンのぅ (-"-;)

じじくんに至っては、遠慮無く「下手だなぁ(・◇・;)」なんて一言を投げかけて来る始末。

そんじゃ、じじくんが自分で投げて、写真も撮れば~? (-"-;)

・・・と、禁断の一言を口にしそうになりました。

わくわく☆しているみんとに対して、上手に投げられないりどみぃ・・・なんだかすごく迷惑をかけているようで気が引けます。

今度、公園で、フリスビーの自主トレしようかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 4日 (金)

驚いたこと、大掃除編

 めでたくも無事に、2008年になりました。
シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)の女の子、みんとも1歳9ヶ月。

このブログでりどみぃの不定期なアップにお付き合い下さっている皆様、本年もお気が向いたら、 みんとの成長ぶり(成長すればいいんだけど(^^;))を覗きに来て下さいまし。 (*^^*)

 2007年最後にも書きましたが、年末の3日間程、じじくんとりどみぃは、大掃除しとりました。

この時にりどみぃが驚いたのは、”みんとが結構おりこうさんだった” ことです。

2階の片付けに長時間費やすことを考えて、寂しくない様にみんとも2階に連れて行ったのですが、実際に連れて行く前は、 もっと大変な事があるように予想していました。

例えば、見慣れない物を片っ端からかじるとか、りどみぃが見てない内に、どこかの物陰でおしっこしてしまうとか、 ベッドの上に勝手に上がってマットレスが破けるまで穴を掘るとか・・・です。(^▽^;)

しかし、みんとはこれらの予想された”悪さ”を1つもしませんでした!

意外だわ・・・(・△・ ;)


不敵な微笑み

棚の上に置かれていたぬいぐるみには興味津々だったようですが、それも「これ、りどみぃのだから」と言うと、諦めるようで、 あらいぐまラスカルもトトロもパンダのぬいぐるみも一命を取り留めておりました。(^▽^;)

いきなり「わんわん!」と警戒心むき出しの吠え方をしたので驚いたじじくんがみんとの視線をたどると、ピーター・ ラビットのぬいぐるみがあったとか・・・

ウサギを狩るつもりじゃないだろうな?( ̄□ ̄;)!!

 トイレについても、勝手にどこかでおしっこしてしまうような事はありませんでした。
それ相応の時間が経ったので、廊下にワイド版のペットシーツを広げてやったのですが、匂いを嗅いでくるくる回る割には、 イマイチしようとしないので、「階下のトイレでちっちする?」と聞いて腕を差し伸べたら、抱きついて来ました。

みんとには階段の上り下りを自分ですることを禁じているので、おりる時も抱いてやるわけです。
階段をおりて、みんとを床に下ろし、リビングへの扉を開けてやったところ、一直線にサークルに入って行って、 トイレトレーの上で用を足していました。

なんてお利口なんだっっっ!(・◇・;)

その上、「りどみぃは、また上に行くけど、みんとも行く?下で遊んでる?」と聞いてみたところ、再び前脚を両方上に上げて、 抱き上げてもらう体勢を取るではありませんか!

すごいじゃな~い!100%話が通じてるのね・・・(・△・ ;)

みんとさん、期待以上の賢さです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »