« レッサーパンダ登場 | トップページ | 葉っぱを頭に »

2007年11月30日 (金)

バスターキューブはカンガルーの香り

最近、みんとさんが控えめなおねだりをするようになりました。

例えば、りどみぃがずーっと仕事をしていてその足元でみんとが寝ている・・・という状態が続いた後など、目覚めたみんとが、りどみぃの膝の横付近を、お鼻でちょん☆っとつついたりします。(^▽^;)

「ねぇねぇ、りどみぃ何してるの?まだお時間できないの?」・・・って感じ?

遊べない時は、「ごめんね、後でね」と言って、またお仕事に戻るわけですが、ある日、暇を持て余したみんとがソファーの下に転がっていたバスターキューブをころころ☆と鼻先で転がし始めました。

子犬の時に与えて以来、長時間留守をする場合にドッグフードをざらざら☆っと入れてからサークル内に置いて出るパターン以外は、あまり使わないアイテムだったのですが、その時はたまたま小腹が空いていたのでしょうか・・・?

りどみぃ、遊ぶ時間が取れないので、その時はスモーク風味の馬肉のジャーキーを5mm位にぽきぽき☆折って細かくし、バスターキューブの中に入れてやって、みんとに芸をさせた後に与えました。

これで時間稼ぎが出来る・・・(^^;)

思惑通りに、みんとはバスターキューブを鼻先で下から上へ下から上へとすくい上げるようにすることで上手に転がし、その都度、1つ2つこぼれ落ちるジャーキーのかけらを食べて、楽しい時間を過ごしたようなのです。

と、みんとが思ったのかどうか・・・

その日以来、みんとは転がっている空のバスターキューブを鼻先で転がしては、りどみぃの顔を見るようになりました。

「出ないよ~」と言いたいのか、「何か入れて」と言いたいのか・・・(^^;)

バスターキューブは中に何か入っているとからから☆と音がするのですが(福引状態?)、全部出てしまうといくら転がしても音がしなくなります。
空っぽのプラスチックのキューブが、あちこちにぶつかる音ががつっ★がつっ★っと響くだけです。

しかし、最近買ったカンガルーのキューブジャーキーを入れてやったところ、全部出てしまって食べ終わった後でも、しつこくバスターキューブを転がしているようになりました。

もう中身が入ってないのに、夢中で転がし続ける横顔には、ちょっと鬼気迫るものが・・・

そ、そんなに美味しいのかえ?( ̄□ ̄;)!!

バスターキューブは、立方体で、その6面をサイコロに模してあるデザイン。1~6まで○の模様があるのですが、1の分が穴でして、美味しい物はそこからしか出て来ません。

中に美味しい物が入っている時、匂いが出て来るのも、その穴ってことになります。

そのせいなのでしょう、みんとは穴と同じサイズの自分の黒く湿ったお鼻を穴に押し当てて、くんくん☆とカンガルーの残り香を求めるように嗅いでおります。

はっ(゚〇゚;)
みんとの母犬がオーストラリア出身のミニチュア・シュナウザーだからかっ!? 故郷の香りなのかっ???

|

« レッサーパンダ登場 | トップページ | 葉っぱを頭に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/9190906

この記事へのトラックバック一覧です: バスターキューブはカンガルーの香り:

« レッサーパンダ登場 | トップページ | 葉っぱを頭に »