« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

バスターキューブはカンガルーの香り

最近、みんとさんが控えめなおねだりをするようになりました。

例えば、りどみぃがずーっと仕事をしていてその足元でみんとが寝ている・・・という状態が続いた後など、目覚めたみんとが、りどみぃの膝の横付近を、お鼻でちょん☆っとつついたりします。(^▽^;)

「ねぇねぇ、りどみぃ何してるの?まだお時間できないの?」・・・って感じ?

遊べない時は、「ごめんね、後でね」と言って、またお仕事に戻るわけですが、ある日、暇を持て余したみんとがソファーの下に転がっていたバスターキューブをころころ☆と鼻先で転がし始めました。

子犬の時に与えて以来、長時間留守をする場合にドッグフードをざらざら☆っと入れてからサークル内に置いて出るパターン以外は、あまり使わないアイテムだったのですが、その時はたまたま小腹が空いていたのでしょうか・・・?

りどみぃ、遊ぶ時間が取れないので、その時はスモーク風味の馬肉のジャーキーを5mm位にぽきぽき☆折って細かくし、バスターキューブの中に入れてやって、みんとに芸をさせた後に与えました。

これで時間稼ぎが出来る・・・(^^;)

思惑通りに、みんとはバスターキューブを鼻先で下から上へ下から上へとすくい上げるようにすることで上手に転がし、その都度、1つ2つこぼれ落ちるジャーキーのかけらを食べて、楽しい時間を過ごしたようなのです。

と、みんとが思ったのかどうか・・・

その日以来、みんとは転がっている空のバスターキューブを鼻先で転がしては、りどみぃの顔を見るようになりました。

「出ないよ~」と言いたいのか、「何か入れて」と言いたいのか・・・(^^;)

バスターキューブは中に何か入っているとからから☆と音がするのですが(福引状態?)、全部出てしまうといくら転がしても音がしなくなります。
空っぽのプラスチックのキューブが、あちこちにぶつかる音ががつっ★がつっ★っと響くだけです。

しかし、最近買ったカンガルーのキューブジャーキーを入れてやったところ、全部出てしまって食べ終わった後でも、しつこくバスターキューブを転がしているようになりました。

もう中身が入ってないのに、夢中で転がし続ける横顔には、ちょっと鬼気迫るものが・・・

そ、そんなに美味しいのかえ?( ̄□ ̄;)!!

バスターキューブは、立方体で、その6面をサイコロに模してあるデザイン。1~6まで○の模様があるのですが、1の分が穴でして、美味しい物はそこからしか出て来ません。

中に美味しい物が入っている時、匂いが出て来るのも、その穴ってことになります。

そのせいなのでしょう、みんとは穴と同じサイズの自分の黒く湿ったお鼻を穴に押し当てて、くんくん☆とカンガルーの残り香を求めるように嗅いでおります。

はっ(゚〇゚;)
みんとの母犬がオーストラリア出身のミニチュア・シュナウザーだからかっ!? 故郷の香りなのかっ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

レッサーパンダ登場

 2週間ばかり前にも少し寒い日があって、暖房しているリビングに一日中りどみぃと一緒に居るみんとは、 散歩に行く為に廊下に出るとそこでくしゃみを1発。くしゅん☆≡(><)

首輪をして、リードをして、玄関の外へ1歩出ると、そこでもくしゅん☆

気温差が厳し過ぎるのかっ?( ̄□ ̄;)!!

そこで、翌日は昨冬に買った、ボア素材の上着を着せて出ました。

が・・・みんとが硬直★
どうやら、ちょっときつくなってしまったようなのです。

可愛かったのに・・・(ーー;)


去年のみんと

 みんとは季節の変わり目で急に冷えた時にお腹の調子を崩したことが2回ほどあり、冷えには気をつけたいところです。

着るのを嫌がるのを無理やり着せるようなことはしたくないし、りどみぃが見ても特にきつい様にも見えないのですが、 みんとが着心地が悪いならもうちょっと大きいのを用意しなくてはなりません。

みんとに赤いマントタイプのお洋服を作ってやろうと思って、 材料は買ってあるのですが(買ったのは去年のクリスマス前だった(^^;)・・・今は作っている時間が無いのだ!

急遽、みんとを連れてペットショップに行き、お店の人にサイズを見てもらったり、試着させてもらったりして、 防寒用の服を買って来ました。

みんと、レッサーパンダに変身です。(^▽^;)

とっても迷惑そう・・・ですが、これは単に服を着慣れていないのと、フードがうっとうしいからのようです。
真夏に防暑の為に濡らして着せるタオル地のワンピースを平気で着ていたので、服がダメってわけじゃないんですが、 秋になって何も着ない時期が長く続いたので、着ている感覚を失ったかもしれないですね。

ま、すぐ慣れるでしょう・・・(^▽^;)

 フードをかぶれば、両頬が白くて、立ち耳がついているシルエットになるのですが、 初日なので無理させるとストレスになると思い、そこまでしての撮影は断念しました。

そうそう、背中には白と茶色のシマシマの尻尾もついています。
みんとが地面のにおいを嗅ごうとすると、フードが落ちて目が見えない状態になってしまうので、落ちないように裏返してやりました。

防寒効果はあるらしく、今日はとても寒かったのに、みんとのお腹は元気です。(*^^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

美味しい罠

かさかさかさ・・・☆と音がした方を見ると、先生がご自身のトートバッグから未開封のバターロールの袋を取り出したところでした。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんとりどみぃのペアが臨んだシルバークラス認定試験でのひとコマです。


(試験より前の週末に遊びに行った湘南の砂浜にて)

先生が開封すれば、辺りに広がるバターやパンのいい匂い・・・

美味しそう~ヽ(´ー`)ノ

と、先生はバターロールをひとつ取ると、いくつかにちぎって、横に直線状に並べました。

そこを迂回して犬を向こう側へ連れて行き、そこでおすわりして待たせ、飼い主だけ10mこちら側に来てしまうのですが、その後、呼ぶ・・・という難しい”呼び戻し”の課目の試験。

なんと!美味しそうなあれこれは、わんこへの誘惑の罠(障害物)なのです!(T▽T)

最初、りどみぃは、みんとには人間用のパンを食べさせたことは無いので、「みんとは食べ物だってわからないんじゃないだろうか?(・_・)」とか都合良く考えようとました。

・・・ならば、食べずに来るかもしれない・・・ (^▽^;)ひひひ

クラスで1番優秀と皆が認めるトイ・プードルの飼い主さんも「パンはやったことない」とのこと、それなら食べずに来るかな?とその試験本番を見守っていると、プードルさんってば、1番大きな塊のパンをばくっ★っと行くではありませんか!

なぬっ?Σ(・ω・ノ)ノ!
食べたこと無くても、美味しそうな物はわかるのねっ?!

きっと、みんとも食べようと思ってしまうに違いない!


(自由課目でやった”シット・ハイ”の技)

それに、どの部分を犬が通ってもどれかに気が付くように、ささみやチーズもパンと交互になるように横一列に並べて置かれているという念の入った罠・・・かかるなと言う方が無理じゃないでしょうか?

無理~みんとはチーズが大好きだもん (T▽T)

そして、みんとの番がやって来ました。

と、みんとが思ったのかどうか・・・

なんと、本番では真正面のりどみぃめがけて、寄り道しないで走って来ました!試験を見守る方々からもどよめきが上がります!

おおっ!食べ物には目もくれないとは、素晴らしい! ( ̄□ ̄;)

しかし、みんとは、りどみぃの足元まで来ておすわりすると、「じゃ、そういうことで!」と言ったかのように、次の瞬間はきびすを返して元来た方へ戻ろうとしました。

えっ?!(・△・;)

っと目が点になるりどみぃ。そこへ先生の「呼んで呼んで!」との声がかかり、りどみぃが慌てて「みんと!おいで」と数歩追って呼ぶと、みんとが素直に戻って来ました。
結果的に、食べ物がある所までは行っていなかったので、何も食べないで済みました。

あ、危なかったー( ̄□ ̄;)!!

難しい試験課目をなんとかクリアして、めでたく合格したことは、「本当に良かったねぇ」としみじみじじくんとりどみぃとで語り合っております。

未来は明るい?(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

シルバーわんこ・みんと誕生

聞いてくださいまし~!みんと、テスト受かりましたのよぉ~ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

あまりの喜びに我を忘れてしまいました。(^▽^;)
今日は、みんとのシルバークラス認定試験の本番でした。


(宮が瀬・親水池のほとり)

前夜まで、かなりの確率で落ちると思っていたので、正直、合格して驚きました。 わはははははは(^▽^;)

ブロンズクラス認定試験の時は”おまけ”で合格だったのですが、今回はそんなことは無くて、 全部で17項目10点ずつの評価で170点満点中、もう少しで150点台に届く・・・という、大変すばらしい出来であったようです。
ちなみに合格は130点以上とのこと。

すごいじゃなーい(・△・;)

本当に、りどみぃやじじくんが驚いてしまうくらい、今日のみんとはがんばりました。 (みんとじゃないみたい~(ーー;))

例えば、今日は受験者が5組だったので、開始順を決めるのにじゃんけんをしたのですが、 みんとは3番目ということになりました。
1、2番目の組が試験を受けている間、みんととりどみぃはずっと待っていなくてはならないわけです。
放っておけば、一瞬だってじっとしていないようなみんとですから、これがどんなに忍耐がいることか・・・!

その忍耐の時間が過ぎた後、自分たちの試験本番中も、立てだの座れだのと、 ずっとりどみぃの指示に従って行動しなくてはいけないわけです。それも、共通のルールなので、 試験中はずっとごほうび(おやつ)をやってはいけないのです!

みんと、よくぞ”ただ働き”に耐えたっ!(^▽^;)


(宮が瀬・ピクニック広場近くの水辺)

 特に、りどみぃが心配していた”ふせをして5分間待つ(りどみぃは20m以上離れた物陰に隠れる)”という課目は、 今までで最高に長い間ふせの状態を保っていることが出来ましたし、鳴き声は出しませんでした。

いやー驚いたっ(・◇・;)

姿勢をくずしておすわりになってしまったり、立ってしまった時はすぐに元のふせに戻るように指示を出さなくてはならないのですが、 基本的にこちらが何を望んでいるのかを理解したようなのです。
りどみぃが物陰から一瞬姿を現して、手で合図するだけで元のふせに戻ったなんて、みんとにしては上出来です。

 試験課目の中には、”10mダンベルやおもちゃを持って来させる(持来)”というのがあるのですが、りどみぃってば、 この内容をずっと勘違いしていて、今日になってその間違いに気付いたという泥縄状態。 (ーー;)

正解は、犬を指導手(飼い主のこと)の左脚の横におすわり(脚側停座)させ、”待て”と指示してからダンベルを10m先に投げ、 それから”持って来い”と指示するという段取りなのです。
犬がだーっと駆けて行ってダンベルをくわえて、戻って来たら受け取り、”つけ”をさせて終了。

りどみぃは、これを最初から10m先にダンベルを置いておき、”持って来い”するだけでOKなのだと思っていました。

・・・10mも遠くに、投げられるだろうか・・・(・△・;)

これが、置いておくのではなくて、試験には投げるのも含まれると知ったりどみぃの脳裏に浮かんだこと・・・

 案の定、1投目は力が入り過ぎ、ダンベルは10mどころではない遠くに飛んで転がり、植え込みに入ってしまいました。
みんとは、見つからなくてうろうろ・・・

うっ、罪深いりどみぃ(T▽T)

先生の了解を得て、最初からやり直し、もう一度投げましたが、今度も10mでは留まらず、植え込み手前の縁石に当たって、 やっと停まったのでした。いやはや、また植え込みに飛び込むかと思って、肝を冷やしました。

こんなノーコンりどみぃの投げたダンベルでしたが、みんとは、ちょっとうろうろ☆はしましたが、お鼻を使って探し当て、 無事に持って来てくれました。(^^;)


(宮が瀬・メイン階段)

 自由選択課目というのは、何か芸をさせるのですが、2種類やらなくてはいけませんでした。
みんとは、” ひらり”” シット・ハイ”をやりました。両方とも上出来で、シット・ハイの時には「可愛い」 の声も聞こえてきましたのよ~(*^^*)うふ

他にも難しい条件下での”呼び戻し”がありましたが、それについては次回にします。

みんとは長時間の緊張で疲れたのか、帰宅後、6時頃からずーっと寝ています。晩御飯は、8時頃、 目を覚ました一瞬の間に食べさせました。

しかし、本当にがんばったね、みんと・・・(゜ーÅ) ホロリ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

テスト前夜

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとと通っている毎週土曜日のしつけ教室・・・明日はシルバーの試験なのです。

ビギナークラスから、ブロンズ、シルバー、ゴールドという段階になっていて、レベルが上がるごとに犬のお利口度(?)も上であるということなのですが、みんとは現在はブロンズです。

とは言え、みんとは、ブロンズの試験の時、おまけで合格をいただいたので、おまけ無しでちゃんと合格したご同輩と一緒に学ぶのは気の引けることでございました。(ーー;)

おまけで合格したみんとではありますが、ブロンズの課題であった”5m離れた場所からおすわりさせる(遠隔)”とか” 呼び戻す”なんてのは、今となってはちゃんとできておりますので、やっとブロンズとして恥ずかしくなくなった・・・という段階なのです。

「なのに、シルバーなんてとんでもない!(・△・;)」 というのが本音なのですが、ちょっとこちらが気を抜くと”我が道を行く” わんこであるみんとにリーダーシップを取られそうになるりどみぃ、目標を高く持って頑張るのも必要かと思い、今日まで頑張ってまいりました。

でも・・・シルバーだと10m離れて指示するわけだし・・・
みんとは、”5分間りどみぃが物陰に隠れた後待つ”って項目は、生まれてからこの方一度も出来たことないし・・・

きっと落ちると思う・・・(T▽T)

今回の試験に落ちたら、次に受けられるのは来春とのことです。
つまり、来春までずーっと毎週、真冬でも通って勉強を続けなくてはならないということでもあります。

いや、実際には、万が一おまけ(?)で合格できたとしても、しつけ教室をやめようとは思ってはいません。
毎週通っていてさえ、公園一落ち着きの無い犬であるみんとなのですから、気を緩めたらどんなことになるのか、想像するのも恐ろしい・・・

もー今回不合格でもいいっ!いつの日か受かれば、それでいい! (-"-;)

と腹をくくり、明日に備えます~

みんと~せめてまじめにやってね!出来る項目だけでもいいから・・・(・△・;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

臭くて走れない・・・

楽しかった宮が瀬・・・でも、その帰り道のことは、是非とも書いておかねばなりません。

あれは辛かった・・・思い出しても眉間に皺が寄ってしまう。(-"-;)

これは、これから車に乗って帰ろうという時の1枚。
みんとが座っている手前、黄色いラインがある方が駐車場です。

お天気が良かったので、車内の熱を抜こうと、両側のドアを開け放って、その間車の後方の植え込み辺りでみんとを待たせていたのですが・・・

あんた!なにやってんのっっっ!? (・△・;)

りどみぃ、焦りましたわ。だってみんとが駐車場と植え込みの境の縁石の隅にたまっている落ち葉の上で、いきなり仰向けになったかと思うと、ぐりぐりぐりぐり☆っと背中をこすり付けていたからなのです。

ぷ~ん・・・

い・や~っ!(TロT)

一瞬ぐりぐりされただけなのに、みんとは臭い犬になっていました。
銀杏の実の周りの果肉部分のような臭いにおいが強烈にみんとの背中から立ち上っていました。

落ち葉の山にりどみぃが鼻を近づけてみると、同じ臭いがします。
生臭いようななんともいえないにおい・・・
しかし、この時は「こいつっ、家に帰ったらお風呂場で全身丸洗いの刑だ!(-"-;)」程度にしか思っていませんでした。

「お前、なんてことしてくれたんだ(-"-;)」とみんとに一言だけ注意するじじくん。
取り敢えず後部座席に固定してあるみんとの席であるネット状のボックスにみんとを入れ、駐車場を後にしました。

少ししか走らない内に、 車内が臭くて窓を開けなければいられない状態になりました。

ぐっ、ぐざい!(く、臭い)ぐざぐでだばらだい!(臭くてたまらない) (TロT)

急遽、宮が瀬の鳥居原エリアに寄って、水道でその部分を洗っちゃおうと思ったのですが、フリーマーケットが開催されている日に当たり、そちらのパーキングは駐車場待ちの列が出来ていて断念、一度は「とにかく早く帰って洗おう」ということになりました。

しかし、窓を開けていなければ車内に居られないほどの悪臭、高速道路を使って帰るのに、窓を閉めても大丈夫なのか?
だからと言って、窓を全開にして高速ってのも辛い季節です。

どこでもいいから、どこかの公園で洗おう!(;´Д`)

相談がまとまって、地図で緑地を探し、通りがかりの市営公園(?)によることが出来ました。

最初は、りどみぃが持っていた携帯用ウェットティッシュで、臭い部分を拭い取ろうとしました。
しかし、宮が瀬から公園までの間に少し渇き気味になってしまっていて、4枚ばかりでは足りやしませんでした。(-"-;)

そこで、公園の水道の蛇口の側まで連れて行って、手で水をすくうようにしてはみんとの右肩(臭い部分)にかけ、乾いてしまった部分をもみもみ☆して、付着物を洗い落としました。

気色悪い~銀杏の皮ならいいけど、よその犬のうんちとか他の腐敗物とかだったら嫌~真相は知りたくないわぁぁぁ (T▽T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

クレート・カバーを作ろう(愕然)

 少し前から、 ちょっとずつ作業を進めてクレートにかけるカバーとしてのキルトを作っておりますが、まだまだ完成まで先は長そうです。

と申しますのも、先日10×10cm正方に裁った布を4枚濃淡で配色してフォーパッチに縫い上げたワタクシ、それを床の上に並べて、 トップとしての配色を試みました。

りどみぃの計画としては右上から左下へ斜めの線が強調されているようなキルトが作りたかったのですが、 同じ布が隣同士にならないように気をつけて並べてみたら、これが・・・

うっ、恐れていた結果に・・・!Σ( ̄□ ̄;)ガーン

右上から左下への線の縞々キルトどころか、単なる市松模様に成り下がっているではありませんか!

市松模様だとしても、それも、どうにもすっきりしない・・・
全然良くない・・・(T▽T)

同じ布を使うにしても、”四角つなぎ”として、濃淡さえもランダムに並んでいたらそれなりの味も出たかもしれないのですが、 濃淡をはっきりと出して配色してしまったのがアダになって、どうにも良くない・・・(-"-;)

どーすんのっ、どーすんの?りどみぃ!(・△・;)

 このまま作るにはあまりにも最初のイメージや好みと違うので、フォーパッチをただ並べるという方法から、 間に別布を入れてつなぐという方法に変更してみようかと思いました。

パターンとパターンの間に入れる布をラティスと言いますが、ラティスが入ることによってパターン同士がはっきりし、 雑然とした市松模様度が軽減されるかと思われたからです。

ラティスにどんな布を選ぶかによっても作品の雰囲気はかなり変わってきますが、パターン部分を引き締めるような色柄が良いようなので、 布を選ぶことも試みました。

こんな可愛いチェックもいいかな?とか。

 しかし、最終的には、パターン(フォーパッチ)とパターンの間にラティスを入れたキルトにすることはやめました。
その代わり、20×20cmの淡色の一枚布をパターンと交互に配置することで、最初に意図していた通りに、 濃色が右上から左下へ並んでいるように見せることに。

暫定的に並べてみただけですが、市松模様の雑然さが、かなりすっきりとした上、 りどみぃが意図していた右上から左下への線が浮き上がってきました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

宮が瀬湖畔エリア堪能

暦の上では立冬も過ぎたけれど、りどみぃの心はまだ秋ざんす。(´`)
だって、まだ食欲の秋を堪能しきれてないもんね~

これは11月4日(日)に、宮が瀬湖畔エリアに行った時のスナップ。
紅葉はまだ期待できないと思っていたのに、きれいに色づいている樹があちこちにあり、すでに秋を楽しむことが出来ました。

前回宮が瀬に行った時はとても暑くて、広い敷地の端まで行くことを断念してしまった位でしたが、いい季節になったもんです。

「今回は渡ってみたかった水の郷大つり橋や、大噴水の向こうへ行こうじゃないか!」と連れ立って、けやき広場を見下ろしてみたら・・・

なっ、なんですか、これは・・・( - -)

11月3日文化の日はあちらこちらでイベントが開催されていたので、翌日4日なら何もやっていないであろうと思い込み、特に予定を確認して行かなかったので、驚いたのなんの!

そこにはたくさんのゼッケンをつけたランナーの姿が・・・
コースにコーンが並べられていたり、ゴール地点にはゲートまで用意されていて華やかなる雰囲気。

マラソン大会やっとる・・・(・◇・;)

毎年恒例の大会らしく、3キロコースとか5キロコースとか小学生の部とか順次行われていて、スポーツの秋を感じさせました。

コースはけやき広場の遊歩道や宮が瀬やまなみセンターの横を通る起伏に富んだ場所などが利用されていて、スポーツマンでないりどみぃの目は点になるばかり。(・△・;)

レースのランナーを邪魔しないように広場を横切るのに気を使いましたが、広いのでレースに無関係な空間もたくさんあり、のびのび遊ぶことが出来ました。

いざ、つり橋を渡ろう~!(^▽^)/

つり橋はつり橋だけに、ちょびっと揺れましたが、みんとは特に怖がる事も無くて、意外な感じでありました。

つり橋の上から見ると、ダム湖の美しいこと!

お昼ごはんは、今回も手打ちそばの山登の中庭でいただきました。

立ち上がって撮影したにもかかわらず、入りきれなかった1人前の皿そば・・・

1枚単位で追加できるので、りどみぃとじじくんはそれぞれ3枚ずつ追加して舌鼓を打ちました。

犬もOKの中庭席。みんとにはテーブルの下でふせをしてもらいました。
今回も、店員さんがおそばを運んで来てくれた時は喜んで立ち上がってしまいましたが、りどみぃが指示すると、すぐにふせに戻りましたので、前回よりはずっとドッグ・カフェやドッグ・ソバ(?)に場慣れしてきたように思います。

中庭に犬と一緒に入れるというのは犬連れの家族には好ましいようで、ミニチュア・ピンシャー、プードルなども見かけました。

山中湖のことをやっと書き終わったばかりなので、まるでしょっちゅう遊びに行っているかのようですが、そうではありません・・・いや、決して遊んでばかりいるわけでは。ゞ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

退屈保護色

 今日はりどみぃは忙しかったので、みんとさんはホッタラカシニされていました。(^^;)

もちろん、通りすがりに「みんとは良いこだねぇ」とお顔もみもみ☆したり、お昼休みに抱っこしたりはしましたが、 それ以外はほとんど声もかけない時間が続く傾向にありました。

・・・と、退屈だったんでしょうね、りどみぃが脱いで置いてあったシープ起毛のフリース(こげ茶)を、 前足でがしがし☆と平らにすると、敷物として寝てしまいました。

なんという・・・!ま、いいか・・・(^^;)

しかし・・・みんと、どこ?状態・・・
これを保護色と言わずして、なんと言う?(-"-;)

こうして見ると、現在のみんとの被毛はこげ茶色なんですな。
濃いグレーなのではなくて・・・

やっぱり父犬のトイ・プードルの家系にブラウンがいるからだろうか・・・

鼻先にある骨ガムがラブリーざんす。ヽ(´ー`)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

停まらない犬

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、おんなのこなのに元気いっぱい。 (^^;)

今日は、公園へ行く途中、ご近所のわんこの飼い主さんと、お初にお目にかかるわんこの飼い主さんとが御一緒しているのに会いました。

 みんとがシュナプーなのを知ると、お初の飼い主さんがウェストポーチからデジカメを取り出して、 みんとの写真を撮ろうとなさいました。

しかし、これは難しいでしょうなっ! (ーー;)

なぜならば、みんとは”ノンストップわんこ”だからなのです。
それぞれの飼い主さんが連れていらっしゃるわんこ達に挨拶はするは、飼い主さんにも愛想を振りまくは・・・で、みんとはじっとしていません。

何枚も撮影に失敗して困っているようだったので、みんとにおすわりをさせようとして言ってみましたが、 りどみぃの脚の横でうずうず☆と足踏みをする始末。

絶対、1枚もまともに撮れてない・・・(^▽^;)

「(じっとさせる事が出来なくて)すみません~」と言いつつ、みんとがちっとも言うことを聞かないので、りどみぃ恥ずかしかったです。

「もう(ご挨拶)おしまい」とみんとに宣言し、逃げるように公園へと立ち去るアタクシタチ・・・

 みんとを撮り慣れているじじくんでさえ、いつも苦労させられております。
だって、みんとってば、

あっち向いたり・・・

こっち向いたり・・・

おすわりしていてさえ、ちっとも、じっとしていないんですから!

ちなみに、”おすわり”させてないと、予想だにしない動きをするので、根本的に写真が撮れなくなります。

停まらない犬の撮影は大変~ ヽ(´▽`)ノ

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月13日 (火)

クレート・カバーを作ろう (ピーシング)

型紙通りに切った布を縫い合わせる事を"ピーシング"と言いますが、今作っているクレート*にかけるカバーは洗濯を何度もする事を考えて丈夫に作りたいので、ピーシングはミシンで行います。

*犬の入るハウス。クレートとは巣穴という意味らしい。

縫い代を一定幅に揃える為に、ミシンのテーブルにボール紙を貼ってしまいます。
針の落ちる所からミシンの押さえ金の端までが7mm程度なら、それを目安にする方法もありますが、以前、やってみたところ、りどみぃは上手に出来ませんでした。縫い代が多くなったり少なくなったり(!)と一定に出来なかったので、後で縫い合わせる時に合わせるのに手間がかかりました。

針の落ちる所から押さえ金の端までが7mm以下(6mm)だったので、ボール紙をきちんと7mmの場所に貼って、その紙をガイドとして布端が接するようにすれば、常に1mm見えていることになります。

1mm見えているように気をつけて縫う事で、縫い代が少なくなる事は避けられるようになりました。めでたい!(*^^*)

洋服や雑巾(?)を縫ったりする時に比べて、針目は少し細かめに設定。特に返し縫いなどしないで次々と縫って行くので、ほどけ難いように細かい目で縫うんですね。

フォーパッチに配色した布を中表に重ねて、どんどんミシンで縫います。 鎖のようにつながっているからか、これを"チェーンピーシング"と呼ぶそうです。

 りどみぃは、この時に待ち針は使いません。
布同士がぴったり重なっていれば、ミシンで縫ってもそんなにずれないみたいなので。
先染めの布等は、縫い合わせる相手がブロードやシーチングのような薄くて凹凸の無い布だと、先染め布の方が伸び加減になってずれそうになる傾向があるように感じますが、目打ちの先でこれから縫う部分をちょっと押さえるようにすると、それが回避できるので、ミシンピーシングの時には、目打ちを常に手にしています。

濃淡がはっきりしているフォーパッチなので、縫い代は濃い色の方に倒します。
りどみぃは、ここで軽くアイロンで押さえますが、これはその方が次に縫う時にぴっちり☆合いやすいから。
アイロンで押さえる事は、特に手間だとは思いません。なるべくきれいに仕上げたいですからね。(^^)b

フォーパッチの上の段と下の段を中心をぴっちり☆合わせてミシンで縫い合わせますが、この時もりどみぃは待ち針は打ちません。
ぴっちり☆合わせた中心がずれないように、指で挟んで布同士をなじませ、ミシンで縫う時は同じ中心の部分を目打ちの先で押さえてずれないように気をつけて縫います。

縫い代は全部下向きに倒しておきました。
フォーパッチを並べてセッティングする時に、隣同士の縫い代が下向きと上向きになるようにすれば、大きな1枚に縫いつなげる時にも縫い代が平均化されます。

7列7段のつもりで49個のフォーパッチを作ったつもりだったのに、全部縫い終わってみたら53個できました。
最初に布を裁断する時に、多く切ってしまったようです。

ま・・・いいか・・・ (^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

白鳥よさらば・山中湖

 ウッドチップ敷きのドッグランで、貸切状態のままアジリティーごっこを楽しんだシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬: ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、次は通路の向かい側にある森林浴タイプのドッグランに入ってみました。

こもれびがいい感じです。ここはきっと、夏の暑い日でも過ごしやすいんでしょうね。

いっぱい遊んだので、受付で利用証を返却して、また山中湖畔の散策に行くことにしました。
先刻、湖の上にいる白鳥数羽を見た場所と違う対岸の方の湖畔に、陸に上がって休んでいるらしき白鳥たちが見えたので、 車でそちらの方まで移動してみることにしました。

いたいた・・・ん?( ‥ )

ここは湖岸の砂浜の奥行きがあまり無い場所で、駐車場、歩道、木製の柵、湖という並びだった為、 歩道の上から見下ろす形で白鳥見物をしました。

何を思って白鳥は湖面を見つめるのか、なぜに等間隔に並んだのか・・・謎ね。(・・)

そうね・・・白鳥も犬の考えていることは知りたくないかも・・・
鳥猟犬とかいるしね。(^^;)

 お昼ごはんは、店内にも犬OKのレストラン(インドカレー、パスタ)K’s POINT で楽しみました。
店内にリードをつなげるフックが多数用意されていたり、犬用のお水や器、メニューもあります。(しかし写真は撮らなかったので、 1枚もないのでした(^^;))

他にお客様のいない所に入ったので、最初はみんともテーブル近くの床の上でふせをしていたのですが、 次々と犬同伴のお客様が近くのテーブルに着く度に、ご挨拶しようと立ち上がるので、りどみぃはその度にふせを命じなくてはならなくて、 食べることに専念している向かいの席のじじくんがうらやましかった・・・(-"-;)

人間のお腹が膨れたところで、みんとがとっても友達になりたかった白鳥さんたちに別れを告げて、移動です。

白鳥よ、さらば。いつかまた来るよ! \(^^@)/

山中湖を後にして、東名高速道路の足柄サービスエリア(上り)によって休憩しました。
下りにはドッグランがあるのに、ここには無いのです。

「犬は行きも帰りも休憩したいんだよ~」と声を大にして訴えたい!

「これだけスペースがあれば、作れるんじゃないのか?」とか思いながら、ロングリードでお散歩しました。

その後、敷地内のスターバックスコーヒーで、一休み。

最近は意識して機会を作り、みんとにテーブル席の下で大人しくしている練習をさせております。
この日もテラス席は犬OKなので、ウッドデッキの上に伏せをしているように命じました。

みんとは、初めてドッグ・ カフェに行った時よりはいい子にしていましたが、まだまだウッドデッキ側の出入り口から出入りするお客様や、 テラスに席を探す方々がわしらのテーブルの傍を通る度、うれしくて色めきたつので、りどみぃはここでも毎回「みんと、ふせ」 と声をかけなくてはいけませんでした。

ううっ、気がやすまらんっ (-"-;)

とても充実し、楽しかった山中湖への遠足でしたが、お転婆シュナプーみんとさんの今後の課題山積をも実感させた一日でございました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

ドッグラン体験・山中湖

 気が付けば、山中湖に遊びに行ってから、 もうすぐ1ヶ月になろうとしているじゃありませんか!(・◇・;)

もう書かなくてもいいか・・・と思いつつ、ドッグランに行っ時のことは書き残しておきたいな・・・とも思うりどみぃ、 雨の日の土曜日を利用して、ちまちま☆と書いてみるのでした。今日はしつけ教室お休みなのです。

 さて、みんとがドッグランを利用させて貰うのに訪れたのは、 小田急山中湖フォレストコテージという施設でした。
カナディアン・バンガロー、カナディアン・キャビン、森林オートキャンプサイト、ログバンガロー他多種多様の設備があるらしいのですが、 その中に犬と一緒に泊まれるわんわんキャビンというのがあって、ドッグランもその宿泊客の為に用意されているようです。

ここは、宿泊客でなくても利用でき、年会費など払わないでも当日受付で時間利用でき、利用料金がリーズナブル(1時間500円 2007年10月当時)というありがたさ。いいわぁ(☆☆)

写真手前が山中湖にあたり、入り口横にある受付・売店に申し出て利用予定時間分を前金で支払い、 首からかけるタイプの利用証を受け取って、そのすぐ裏手にあるドッグランに入場することになっています。

湖に近い方がアジリティー設備があるウッドチップ敷きで、通路を挟んだ奥が木陰のある気分は森林浴の下草があるタイプ。 芝生ってわけじゃないようです。

午前中だったせいか、オンシーズンではないせいか、しばらくの間、みんとの貸切でした。(^^;)

 以前、夏のとても暑い日にアジリティーの用具に触れたことがあったせいか、 涼しいせいか・・・みんとは結構積極的に遊んでいました。

前回のドッグランでは、地面にポールを置いても、頑として跨ごうともしなかったハードル・・・「今日は跳ぶかな?」 と思ってうながしてみましたが・・・絶句。

いや、みんとさん、それはくぐる物じゃなくて~ゞ(^^;)

りどみぃが上をまたいで教えても、みんとはあくまでも下をくぐる・・・

上の段が高過ぎて、「とてもじゃないが跳べない」と思わせるものがあるのかもしれないので、下の段だけにしてみたら跳びました。

みんとちゃん、そんなに高く跳べるなら、上の段も跳べるってば!( ̄□ ̄;)!!

・・・と、2段に戻してみれば、いきなり消極的になるみんとさん。

あ、ありがと・・・(ーー;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

マジックフラッシングネックレスのこと

 シュナプーのみんとさんの被毛の色は、黒とグレーと白で構成されているので、ちょっと見は黒い犬です。でも、 カラスの濡れ羽色ってほどじゃあない。(ーー;)

こういう色の犬は、黄昏時になるととても見え難くなります。
空がまだ夕焼けになる前の公園でさえ、植え込みの陰に入られちゃうと見失いそうになる位です。

 そこで、以前は首輪に着けるペンダントタイプのライトを買って、 夕方は早めに点灯する事にしていました。
みんとがお散歩に行く森の公園は、ジョギングをなさるランナーも多くて、いきなり足下で黒い陰が動くとぎょっとするかもしれないですもんね。

ここに黒いわんこがいますよーヾ(・o・*)シ

と光で知らせる事によって、そういう人様を驚かせる事を避けられるやも知れませぬ。
歩道の無い道路を歩く時も、対向車からの視認性を高めておけば、事故に遭う危険性が低くなります。

しかし、ひと月ばかり過ぎる内、りどみぃは気がつきました。
車もランナーも、前から来るとは限らない事に・・・!

ペンダントタイプのライトは、首輪の喉の下部分に下がる事になり、後からだと全く見えません。また、 みんとのように被毛が伸びて来るとその巻き毛の中にライトが埋もれてしまい、本来の製品としての光も十分に見えなくなってしまう始末。

いかん、これはいかん。(-"-;)

 最初は、工事現場の人が身に着けているような、反射テープで首輪かベストのような物を作ろうかと思いました。
しかし、ライトに照らされて光るタイプでは、無灯火の自転車やジョギングのランナーからは、みんとが見えない事には変わりないわけですし、 ここはやはり自ら光を発する発光体でなくては・・・!

 そこで、あれこれ調べてよさげだったので、こんなの買ってみました。
パッケージの英字にはMAGIC FLASHING COLLARとありますが、 輸入販売元が裏にシールで貼った説明には"マジックフラッシング ネックレス"と書かれています。

これは、首輪とは別に首にかけるタイプのライトで、スイッチを入れると輪全体が光るのでどの角度から見ても見えます。

色は製品としては4色あるようですが、輸入販売元では赤、青、緑のみ輸入しているらしく、オレンジは選べませんでした。
みんとは青と緑、両方買ってみました。

説明によると、赤はCR2032型ボタン電池1個を使用で80時間、青緑はともにCR2016型ボタン電池を2個使用とのことで、 連続30時間使用できるとの事。
明るさは赤より青緑の方が明るいようなので、みんとには青と緑を1個ずつ買いました。

どんな仕組みなのかは不明ですが、黒い部分にはボタン電池が入っていて、60cmの透明なソフトチューブが付属しているのは、 どの色でも共通のようです。
チューブと言っても、ホースのように空洞なのではありませんが、ハサミで簡単に切れます。

パッケージを開けて最初にする事は、このソフトチューブをみんとにちょうど良い長さにカットして、黒のスイッチ部分に差し込んで、 固定長のネックレスを作る事でした。
これがどきどき☆ものでして・・・
短く切り過ぎると、みんとの頭が通らないし、大き過ぎるとみんとが歩く時に胸元で揺れて邪魔になりそうです。
まぁ大きかったら切り足せば良いけれど、切り過ぎてしまったら取り返しがつかないので、スリル満点でした。(^▽^;)

 さて、まだ使い始めて2週間程度ですが、今のところはとっても良いです。
首輪全体が青く(または緑に)光るので、どの角度から見ても、そこにみんとがいる事がわかるのではないかと。
防水の機能は無いそうですが、まぁ雨の日で黄昏時なんて条件の悪い時はお散歩に行かなければいいんだし、 付属の電池が消耗している事があると断りがありましたが、まだ交換する必要は感じていません。

いいじゃないの~マジック フラッシング ネックレス!(☆☆)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

初めての町を探検、東へ

 日が暮れると、人々のみんとに対しての視認性は格段に落ちるので、夕焼けになったら即対策をします。

首にかけるタイプの光る首輪をかけて点灯、 りどみぃが使うリードも車のライトなどが当たった時に光る反射性の素材を編みこんである物にします。

みんと・・・名残惜しいかえ? (^^;)

ひたすら東に向かって歩き、父母の家にたどり着いた時は、出かけてから1時間半が過ぎていました。
我ながらすごいわぁ、りどみぃ・・・休憩無し、飲まず食わずで、がんがん歩き通してしまった。(ーー;)

みんとは満足し、疲れたのでしょう。
まだ開かれていないカタログ雑誌にひんやり感を求めて、添い寝をしておりました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

初めての町を探検、西へ南へ

 ・・・と、突き進んで、「さて、帰ろうか」となった時、同じ道を帰るのはつまらないような気がして、 とある町角で左に90度曲がってみました。
今度は西に向かったわけです。
すると線路に行き当たり、「線路沿いに帰ろうか・・・」とも思いましたが、車の量が多いので断念。
線路を横断して進み、小さな川に到着。

ここでも「川沿いに土手を歩いて帰ろうか」と思えば、工事中で「通り抜けできません」と書いてあるではありませんか! (-"-;)くっ・・・

ついに、橋を渡ってしまいました。
遊歩道から左に曲がった時点で、すでに行ったことのない町だったのに、そのまま道なりに進んだことで、もっと行ったことのない町に・・・

行ったことのない公園、それも人口密度の低いところを発見!
しばしロングリードで遊ぶことができたみんとさんを、送電線の上からにぎやかな鳥たちが見守っていました。

誰もいないお砂場前で、初めての公園記念に1枚。ぱちり☆

生憎と投げて遊ぶようなおもちゃを持って来ていなかったのと、帰路の所要時間を考えて、西への移動を続けることにしました。

おお、ここは”ここ”だったのかっ!(・◇・;)

ついに、幹線道路に行き当たり、りどみぃが知っている場所に出ました。
もう数ブロック西に進むと、また小さな川があることを知っています。

「みんと、あそこまで行ってみよう!」
無論、お散歩大好きみんとに異論があるはずは無く、芝生がきれいな小さな河川敷がある川べりに到着しました。
ここで南に向かって歩くことに。空間も広いので、ロングリードでも大丈夫。

さぁ、みんと、走りたまえ!線路沿いを歩くよりも、 幹線道路沿いを歩くよりも、安全で楽しかろ?(*^^*)

すぐ脇に陸上競技場や公園があるせいか、川のせいか・・・広々としてとても気持ちのよい景色が広がっていました。

さっきの公園にお散歩わんこがいなかった理由が判明。この辺に住んでいるわんこは、みんなここに来ていたのです。

そらそーよね、鳥が見守ってる公園より、川風に吹かれて歩きたいよね・ ・・(^▽^;)

みんとはここで複数のわんこさんたちにご挨拶をし、休憩をしてお水を飲んだり、 若者がスポーツに打ち込んでいるのをのぞいたりしましたが、気が付けばもう夕焼けじゃありませんか!

黒い犬は、黄昏時にうろうろしていると危険度アップです。これは帰路を急がねば~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »