« 鏡の国のみんと | トップページ | パンダちゃん、こんにちは »

2007年10月14日 (日)

箱膳でごはん

ある動物病院の通販ページに書いてあったことなのですが、「犬のごはんの器は、その犬の肩甲骨の高さから10cm下がごはんの器の上面になる位が良い」とのこと。

へーっ、そーなんだ~ (・△・ )

理由としては、「食べ物と一緒に空気を飲み込まないから胃での消化が早くなるので、それが胃捻転などの危険性も回避できることにもなる・・・」とか、「老犬は筋力が衰えているから負担を少なくしてやれる」とか数々の利点が書かれていました。

床の上に置いても、特に食べにくそうではなかったのですが、ちょうどトマト6個入りの小箱が空いていたので、それをみんとの食卓として使うことにしました。

ちょっと低いかな?でも他に箱なんてないもんねー(^▽^;)


ささやかな食卓

特に食べやすくなったようにも見えないけど・・・ま、いいか。 (ーー;)

それからは、「みんとーごはんだよ~(*^○^*)」と声をかける時に、片手にトマトの箱、片手に器というスタイルになっていたので、みんとも「あの箱はごはんの友」と認識したようで、部屋の掃除の時に箱を手にしたりすると、勘違いで目を輝かせていたりしたものでした。

毎日毎食、美味しくごはんを食べている内に、大事な食卓が壊れてきました。ダンボール製だから、しょうがないんですけど・・・(ーー;)

何か二代目食卓として使える箱はないかな?と辺りを見回すと、あるじゃありませんか!
色も黒いし、なんとなく大きさ高さも同じようなやつが!

おおっ!トマトの箱の時よりも高級感があって、箱膳のようだっ!(・◇・; )

・・・ということで、以後、みんとはこの箱膳でごはんを食べています。

この箱は木製で、去るお正月におせち料理を取り寄せた時、3段重の重箱の役目として器に使われていた物なのです。

木製で塗ってあるので、丈夫で手入れしやすい!(^▽^)

”みんとの肩甲骨の高さから10cm下”だと、重箱2段にしてもいい位なのですが、実際にやってみたところ、高過ぎて食べにくそうだったので、トマトの箱と同じような高さである1段にしました。

箱膳なだけに、ふたをはずせは器をしまうことも出来ます。

いいんじゃなーい? (☆☆)

|

« 鏡の国のみんと | トップページ | パンダちゃん、こんにちは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/8422832

この記事へのトラックバック一覧です: 箱膳でごはん:

« 鏡の国のみんと | トップページ | パンダちゃん、こんにちは »