« 去年の服は着られるか? | トップページ | 白鳥と友達になりたい »

2007年10月18日 (木)

睡眠の深さと寝相の関係

 みんとが寝ているのをじーっくり見る機会があって気がついたのですが、寝相は眠りの深さで段階的に変化して行くようですね。

みんとが最初に「どれ、寝ましょうかね」と寝姿勢を取る時には、”ふせ” の姿勢である腹這いか鼻先を尻尾の方に向けて円くなる形なのです。


ふせバージョンの寝相


円形バージョンの寝相

が、眠りが深くなって行くと寝返りを打って横向きになります。

夢を見てうなされているらしく、小さく「わふっ」っと寝言を言ったり、誰とお話してるのか、何か食べている夢なのか、 「むにゃむにゃっ゚。(=_-)」っと言ってたり、鼻先むずむず☆とおひげを動かしたり、 前足が何かをかくようにぴくぴくっ☆っと動いたりするような仕草が見られるのは、この状態の時です。
そうそう、まぶたに隙間があると、眼球が動いているのが見えたり、白目が見えてちょっと怖いのもこの状態の時。(ーー;)


横向きバージョンの寝相

物音などがするとすぐに目を覚ましてしまいますが、何事も無いと眠りはいよいよ深くなり、 見ているとゆっくりと仰向けになって脚を開き、お腹丸出しの寝相になります。(^▽^;)


お腹丸出しバージョンの寝相

みんとの開き・・・(・_・)

お腹を出した姿勢になってからも、どんどんどんどん眠りが深くなるようです。 本当に熟睡してしまうと、 この状態のお腹をりどみぃがなでなで☆しても目を覚ましません。

みんとさん、 とっても幸せそうねヽ(´ー`)ノ

あっ・・・! すみません~ (^^;)


 

|

« 去年の服は着られるか? | トップページ | 白鳥と友達になりたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/8495792

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠の深さと寝相の関係:

« 去年の服は着られるか? | トップページ | 白鳥と友達になりたい »