« お出入り管理の術 | トップページ | 恐怖のボタン電池 »

2007年9月 9日 (日)

じじくんは演技派

 みんとにリーダーとして尊重してもらう為、「じじくんやりどみぃは、いつでも自由にどこへでも行けるけれど、みんとはそうじゃないよd(・ ・)」という立場の違いを解ってもらえるように、リビングと廊下の境のドアは、いつも閉めておくことにしました。

そして、人間がドアを開けて出入りする時に、そのままついて行けることもあれば、鼻先でそっとドアを閉められてしまうこともある。
また、ドアが開け放たれても、「待て」をさせられて、やっぱりついて行けないこともある・・・と、いろいろなパターンで日常的な出入りを行い、みんとに学んで行ってもらいました。

ここで特筆すべきは、人間側も何度も出入りするので、閉めたつもりでも、ドアがきちんと閉まっていない場合があった時です。カチャ☆っと音がするまで閉めないとダメなんですよね。
きちんと閉まってない時、”ドアの出入りの管理”をし始めた後でも、みんとは器用に鼻で手前に開き、わくわくする玄関&お風呂場パトロールに勝手に出て行ってしまったものでした。

そんな時、最初の頃は、みんとに閉めた人間が誰かわからないようにそっとドアを押して閉めてしまい、わざと大きな声で「あれ?みんとどこに行った?みんとどこー?」とリビングの中で探しまわっているように振る舞い、その後ドアを開いて、「みんとこっちにいたんだ、ダメだよ群れから離れては・・・このドアは勝手に閉まっちゃうことがあるから、気をつけてね」などと言いつつ入れてやりました。

りどみぃは、これでみんとに” このドアはいつ閉まっちゃうかわからないな。閉まっちゃうと入れないから、気軽に出て行かない方がいいな” と考えて欲しかったわけです。

じじくんは、これを一段階進めて、” 部屋の中ではすごく楽しいことが起こっている”とみんとに思わせるようにしました。
つまり、大きな声で「おおっ、これは美味しいな」とか「わはははははっ楽しいなー」とか、りどみぃが思わずつられて笑ってしまう程の大げさな演技をしとりました。

(以下、これも全部演技)
わははははははっ!楽しいなーみんと!\(^^@)/
あれ?みんとが居ないぞ、どこに行った?みんと(・・ )( ・・ )

(ドアを開けて)
なんだ、みんと、どうした、こんな所で。(・_・)
今、すごく面白かったんだぞ、お前見逃しちゃったな。 (~ー~)

(入れてやる)

・・・面白かったのは、じじくん自身ではないかと・・・(-_- ; )

こんなことを毎日やっておりました。
毎度毎度、みんとがドアの前で開くまで待っているところを見ると、部屋の中で何があったのか気になって戻って来ていたのかとも思われ、じじくんの作戦は効果があったような気が・・・

また、先日は、こんなことも言っておりました。

(ドアを開けて、みんとが戻ってきたのに向かって)
お前、ひとりで外行っちゃダメだぞ。
俺だって外ではいろいろと大変なこともあるんだからな。
お前みたいな小さいのがひとりで行ったら危ないんだぞ。( ̄○ ̄)

・・・説教しとる・・・(・◇・; )

しかし、みんとは、じじくんがこう言っている間、きちんとおすわりをしてじじくんを見上げ、神妙な顔をして聞いておりました。
言われていることの内容は解らないにせよ、自分に対して何か言っているというのは、ちゃんと理解しているようなのです。

結果的には、この舞台俳優ばりの演技によって、みんとに理解してもらいたかった基本的な、” ドアの出入りは許可が必要らしい。それに群れから勝手に離れて出て行くと簡単に戻れなくなっちゃう時がある” というのを理解したようなので、次の段階として、今では少し対応を変えています。

まず、開いているドアから出て行こうとしているみんとを見かけたら「みんと~」と注意を促し、「勝手に行っちゃいけないよ」とみんとが出て行けないようにドアを閉めてしまいます。
また、うっかりして知らない内にみんとが既に廊下に出て行ってしまった場合は、リビングの中から「みんと~」と名前を呼び、それで来ればそれでよし。

名前を呼んでも来なかったら、「みんと、おいで」と”おいで”というキーワードを使い、声だけで呼び戻しをしてみます。この時、ドアの内側、リビング側から呼ぶだけで、りどみぃ自身はドアには近寄りません。

呼んだ事で戻って来たら、「勝手に行っちゃダメよ」と言いながら、もう行けないようにドアを閉めます。

「みんと、おいで」と呼んでも来なかったら、そっとドアに近寄ってドアを閉めてしまい、演技派じじくんに登場願います。 (^^;)

幸いにも、みんとはりどみぃが呼べばすぐに来るので、じじくん不在の際でも、りどみぃが舞台女優になる必要は無く、やれやれ・・・なのでした。

|

« お出入り管理の術 | トップページ | 恐怖のボタン電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/7878239

この記事へのトラックバック一覧です: じじくんは演技派:

« お出入り管理の術 | トップページ | 恐怖のボタン電池 »