« じじくんは演技派 | トップページ | みんと、りどみぃを踏む »

2007年9月11日 (火)

恐怖のボタン電池

 シュナプーのみんとは、1歳5ヶ月になった今でも、骨ガムや小さめのぬいぐるみなどをくわえては放り投げ、 そこにまた狙いを付けて飛びかかる・・・という、”ひとり狩りごっこ”をして遊んでいることがあるので、その時も、りどみぃは「ああ、 またやってる」と微笑ましい気持ちで2、3回みんとがそうするのを見ていました。

くわえては投げているのは骨ガムの端っこかな??(°_。)?(。 _°)?

カーペットの上に投げては飛びかかっているのを見ている時はそう思ったりどみぃですが、みんとの夏仕様のアルミ冷却マットの上に” それ” が投げ落とされた時、カツッ★っという音がしたのを聞き逃しませんでした。
だってアルミマットに当たって鳴ったその音は、明らかに金属音だったのです。

えっ、この音は何?・・・!!!( ̄□ ̄;)!!

血の気が引くというのは、こういうことなのでしょう、りどみぃは反射的に怒鳴っていました。折しも、 みんとが一度アルミマットの上に投げた”それ”を口でくわえようとしていたからです。

みんと!いけないっ!!!まてっ!!! (゜ロ゜;

あんまりにも非日常的な大きな声だったので、みんとは動きを止めました。
くわえようとしていた床に近かった位置から口を上げ、怒鳴りながら走り寄るりどみぃを、けげんそうな顔で見ていました。

待てよっ!待てだよ~!(` ´;)

アルミマットの前にひざまずき、みんとがくわえようとしていた物を拾うことができました。
みんとがくわえては投げて遊んでいた物は・・・ボタン電池です。



みんとが口にしてしまったLR44のボタン電池

人間の子供でも、誤飲が大変に危険だとされている、ボタン電池だったのです!

あっあぶね~( ̄□ ̄;)!!

・・・と、思わず動揺してお言葉が悪くなってしまいました。
りどみぃは、カツッ★っという金属音を聞いた時、直感的に「ボタン電池だっ!」と解ったので、 怒鳴ってでもそれを止めたのでした。

なぜ、こんな事が起こったかと申しますと、 みんとが夕暮れ時や夜道を歩く時に使用する犬用のライトのことから説明しなくてはなりません。

そのライトは、こんな形をしておりまして、ライトのカバー部分を強くねじって閉めることによってスイッチが入ります。

使わない時には、緩めるとスイッチがオフになるわけで、問題のボタン電池は金属部分に入っていました。
みんとが使っていない時、りどみぃはこのライト部分を緩め過ぎてしまい、ボタン電池がぱらぱら☆っと床に落ちてしまったことがありました。

急いで拾ったのですが、 生憎とこのライトには電池が2個だったのか3個だったのか記憶が不確かになってしまい、2個入れてライトが点いたので、 てっきり電池は2個だったと思い、2個とも回収したので安心してしまったのです。

その後、夕方の散歩で使ってみたら点いたり点かなかったりして、りどみぃは電池の消耗を疑い、 近くの家電店で新しくボタン電池を4個買って来ました。2個だと思ってたので、あとの2個は買い置きにするつもりだったのです。

家電店のカウンターで、店員さんにも確認しました。

りどみぃ「このライト、電池が2個か3個かわからなくなってしまったんですけど・・・ どちらだったか確認する方法ありますか?」
店員さん「3個だったら、2個入れただけでは点きませんから。」

なるほど・・・と納得して、これは2個電池のライトだということになりました。

だ・け・ど! (-"-;)

みんとが遊んでいたボタン電池回収により、これは3個電池のライトだったということが判りました。
このライトを買ったペットショップに行ったら、専用電池として3個組みの電池がいっぱい売っていました。

3個電池の製品でも、2個電池入れただけで点いたりすることもあるのですな。

みんとがボタン電池を飲んだりしなくてよかった・・・・・・( ̄  ̄;)

もしも知らない間に遊んでいて飲んでしまったら、胃に穴があいてしまったかもしれません。
こっ、こわ過ぎる!

今後は管理に細心の注意を払わねば・・・と心に誓ったりどみぃでございました。

 


 

|

« じじくんは演技派 | トップページ | みんと、りどみぃを踏む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/7906688

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖のボタン電池:

« じじくんは演技派 | トップページ | みんと、りどみぃを踏む »