« 35gのごはん | トップページ | 結膜炎のその後 »

2007年8月24日 (金)

原因不明の結膜炎

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとを動物病院に連れて行きました。

一昨日22日水曜日の朝から、どうも右目の目頭に目ヤニがたまりがちで、拭いてやらないと眼球にまとわりついているようで、 目頭の外側に出て来ないような状態でした。

これって、みんとの目ヤニとしては変なのです。
朝起きてあくびなどしていると、それは目ヤニが出ることはありますが、そういう場合は涙と一緒に押し出されて目頭の外側・・・ まつ毛や被毛に付着して乾いた塊になるものなのです。

それが、眼球の目頭付近にぺた☆っと貼り付いているようで、瞼から外に出されてきません。
目や口を拭いて良い犬用のノンアルコールのウェットティッシュなどでそっと端を押さえると、 付着した目ヤニがねぱー☆っと伸びて取れます。

この粘性も、いつもより濃い感じなのです。
しかし、拭いてやればやったで、少しするとすぐにまた目ヤニがある・・・というように、量もいつもとは違っていました。

何より目ヤニが出ているのは右目だけで、左目からはこれっぽっちも出ていません。

みんと自身は気にしていないようで、食欲もあるし散歩も行く気十分だし、目頭をかこうなどもなかったのですが、 目ヤニ3日目の今朝は量が増えているような気がして、放っておけないと思いました。

場所が目だけに、悪化したら見えなくなっちゃったりするといけないし、頭・・・脳に近いですから、ばい菌でも入ったらイカンでしょう。 ・・・( ̄  ̄;)

 診察前の体重測定では、首輪あり、リードありの状態で5.65kgでした。

眼球に傷があるかどうか試薬での検査をしていただき、これは傷が無いとのこと。
試薬が緑色だったので、両眼に薬をさして洗い流す前のみんとは、洋犬のようでした。

あ、みんとは洋犬か!(・◇・; )

もとい、目が緑色の犬みたいでした。緑の瞳のチンチラ猫ほど透明感は無いけど、妙に高級感があったのでした。

何らかのほこりや被毛などの原因により、結膜炎をおこしているという診断になりました。

抗生物質と消炎剤の目薬を1個ずついただいて、目薬のさし方を教わりました。

頭越しに後から、上瞼を上に引き上げるようにして白目スペースを少し作り、そこに上から1滴垂らすようなさし方なのですが、 りどみぃが家で1人でやってもちゃんとできました。

素晴らしい~(☆☆)

お薬はしみない性質の物なのか、みんとが嫌がったり暴れたりはしません。
また、診察の際に一度薬をさしていただいた後は、夕刻まで目ヤニはたまりませんでしたので、とっても良く効いているようです。

一週間くらいはさす回数を減らして続け、状態を観察する必要がありそうですが、 眼球に傷が無いと判っただけでも安心できました。

みんとが右目だけ結膜炎になっちゃった原因は不明です。
シャンプーもしていないし、どこかにぶつけたとか何かの粉が入ったとか、りどみぃが見ている範囲では何の事件もありませんでした。

でも、ま、こういうこともあるわよね・・・ ヽ(´▽`)ノ

と乗り越えていかねばならんでしょう。

 

|

« 35gのごはん | トップページ | 結膜炎のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/7661483

この記事へのトラックバック一覧です: 原因不明の結膜炎:

« 35gのごはん | トップページ | 結膜炎のその後 »