« 結膜炎のその後 | トップページ | ギョッとしたこと »

2007年8月31日 (金)

アジのかけら

 りどみぃは、みんとがこんな高い場所を歩いているのを見たのは初めてです。(゚O゚;)

これは、犬と人とが共に頑張らないと成り立たないという、障害物競走・・・アジリティーという物の練習用の施設でして、 調べてみるとドッグウォークという種類の障害物のようです。

全容はこのような形をしていて、結構高さがあります。

みんとさん、これを手で「こっち行ってごらん~(*^^*)」と誘導したところ、2回目くらいには端から端まで渡ることが出来ました。

まぁすごい(・◇・;)

仲良しココアくんも上手に歩き、両端から中心に向かって歩いて行った2頭・・・なんと、この狭さだというのに、 上手にすれ違っておりました。
お互いに身をかわしながらの、鮮やかなすれ違い・・・

なんて高度なことを!( ̄□ ̄;)!!

その後、りどみぃが横を一緒に走る・・・という、”アジリティー競技会ごっこ”をしたのですが、 みんとはこの細い板の上を走り抜けていました。

こんなに高い場所で、右も左も何も無いという所・・・歩いて渡るだけでもすごいと言うのに、走り抜けるとはっ!

りどみぃは、みんとにこんなことが出来るとは思っていなかったので、ちょっと感動してしまいました。

 さて、なぜいきなりシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・ シュナウザー)のみんとがこんなことをしているかと言うと、 木曜日のクリッカー教室の遠足(?)で、 ちょっと遠くの海の傍のドッグランに行ったからなのです。

一行は総勢人間が10名、犬が13頭だったので、大変にぎやかで楽しい一日でした。
ドッグランも、他のお客様がいなかったので、貸切状態で、わんこ達としても警戒心無く、のびのびと走りまわることが出来たようです。

広い敷地内には、プール、犬舎、アジリティーの設備のあるドッグランスペース、 芝生のドッグランスペースなどがありました。

アジリティ施設なんて初めてなので、それぞれのわんこが頑張って挑戦しているのはラブリーなのでした。 (*^^*)

みんとがこんなに元気にしていたのは最初だけ・・・

雨上がりの後の曇りとはいえ、かなり蒸し暑かったので、すぐに自主的に休憩し始めました。

暑くてつらいのか、面倒なのか・・・
みんとは、ハードルやトンネルは、いくらけしかけてもやってくれませんでした。(T▽T)

トンネルはかなり長さもあるので、内部が薄暗いとか孤独になるとか難しそうだとは思っていましたが、 日常的に跳んでいる高さのハードルも、地面から10~20cm程度にしても迂回してしまうとは、どういういことっ!?

自分の脚の長さより低いんだから、 またいで通りたまえ!(-"-;)

と思いましたが、とうとう一度もハードルの棒を乗り越えませんでした。

今回、アジリティーのかけらをかじってみたわけですが、「りどみぃには無理・・・体力的に・・・ ( ̄ ̄;) 」と思いました。

いっぱいドッグランで遊んだ後、場所を移して、海辺のレストランのテラス席でランチを楽しみました。

前回のドッグ・カフェ以来、宮ヶ瀬ダムでもこうしてテーブルの下に居た経験が身についているのか、 みんとはほとんど立ちませんでした。
ちゃんとテーブルの下で、ふせをしていました。

みんともだいぶ偉くなった・・・と思いたい・・・

疲れておとなしかっただけじゃないよね? (^◇^;)

 

|

« 結膜炎のその後 | トップページ | ギョッとしたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/7755650

この記事へのトラックバック一覧です: アジのかけら:

« 結膜炎のその後 | トップページ | ギョッとしたこと »