« シット・ハイができるまで | トップページ | てるてる坊主を作ろう! »

2007年7月12日 (木)

レインコートのお直し

みんとの被毛の色に良く似合っているレインコート・・・試着して買ってきたにも関わらず、ちょっと着丈が長いようでした

そこで、りどみぃは手直ししてみることに。
裾をずーっとバイヤスでバインディング(binding)してあるので、まずはこれをリッパーでほどいて、本体を5cm程カット。
カットした部分の両端は、元のようにカーブに仕上げれば、きっと雰囲気を残すことが出来るでしょう。

このレインコート、表はナイロン、犬側はメッシュ素材になっていて、バイヤスをほどいてみたら、その二つの素材がずれないように、ちゃんとアウトラインに沿って、ミシンで押さえてありました。

見えない部分に手がかけてある・・・これは見習わねば!(・◇・; )

とりあえず、マチ針で2枚(ナイロン&メッシュ)をずれないようにとめておきましょう。

水に濡れると消えるマーカーで、5cm内側にびーっ☆と線を引き、半径5cmのカーブで仕上がり線を書きました。

そのカーブ通りに鋏で断ち、手縫いでバイヤステープの下になる部分を細かくぐし縫いして、ずれないようにしてから、その部分をバイヤスで挟みながら、カーブの形に沿わせて、マチ針でとめました。

バイヤスの端は縫い代5mmほどを内側に折り返し、それ以上の余分はカット。
バイヤス同士を重ねて、本体を裏に返し(メッシュ面を見ながら)、端ミシンで左脇腹部分-尻尾部分ー右脇腹部分へ、カーブに沿って縫いました。

尻尾部分を縫う時には、製品の仕立てと同じ様に、尻尾を通す輪をバイヤスに挟み込んで縫いましたし、せっかく犬の絵のタグが付いていたので、それもまた付けておきました。

この後、夕方の散歩で試着してもらって写真を撮るつもりでしたが、雨が上がっていたので、バッグの中に入れて出かけました。
現地で着せようと思ったからです。

甘かった・・・りどみぃの考えが甘かったです。(-"-;)

公園に到着したら、みんとは早速にもまだ濡れている草むらに踊り込み、お腹から下顎までがずぶ濡れに・・・

もう着せられやしません・・・(T▽T)

おまけに、その後雨雲が通りかかり、みんととりどみぃは降られてしまいました。
家に着く頃には青空が見える所があったりして、「ああ、ちょっと木の下で雨宿りすればよかったかしらん?」と思ったりして・・・

帰宅後、お風呂場に直行して、みんとのお腹と足を洗い、ドライヤーをかけて、コームで梳かしてから、お直しレインコートのモデルを頼みました。

ふむ、尻尾の根元で背中に折り返されてた着丈が、みんとにジャストフィット☆いいんじゃないでしょうか?

尻尾を通す部分も、尻尾が垂直に立ち上がっている根元に当たるので、以前より抜けにくそうに見えます。 (この状態のままであるかどうかは、歩いてみないとわからないですけど)

次回、雨上がりの時でも、家から着せて出かけてみたいと思います。

ええ、お似合いですわ!(*^^*)

|

« シット・ハイができるまで | トップページ | てるてる坊主を作ろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/7109195

この記事へのトラックバック一覧です: レインコートのお直し:

« シット・ハイができるまで | トップページ | てるてる坊主を作ろう! »