« ぶたちゃんのこと | トップページ | ひらり☆とね »

2007年6月 4日 (月)

みんと肥満説は払拭できるのか?!

 昨日で1歳2ヶ月を迎えたシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんと、 本日はかねてから予定していたトリミングに行ってきました。

前回のトリミングでは、茶色い犬になって戻って来ましたが、 今回は如何に?・・・だって毎回結果が違うから~(^^;)

ちなみに、これがトリミング前日、昨日のみんとです。

 みんとの場合、トリミングは、動物病院併設のサロンでお願いしています。
今回は、先日真ん中くんに噛まれちゃった傷が目頭付近にあったので、 (もう傷としては治っているのですが)毛が線状にハゲている理由をトリマーさんにお話しておこうと思って行きました。
しかし、既に先方で診察の際のカルテが用意されていて、それを参照した上での状態確認となり、安心な上に楽々でした。

 この時、体重測定もあるのですが、今回はどれ位か・・・?
りどみぃはちょっとどきどき☆しておりました。
最近、”みんと肥満説”がささやかれていたからです。

 みんとは、以前はドライフード50g(大さじ5杯すりきり)と大さじ1杯のレトルトパックのフードという組み合わせで完食していました。

4月中旬にお腹の調子を崩したことがあり、 それ以降はドライフードの割合を大さじ1杯から徐々に増やして行き、以前と同じ食事内容に戻そうとしていました。

この時にドライフードと手羽先の組み合わせで毎日食べさせていたところ、一時は5. 65kgをマーク!

ひょえ~(^^;)

でも、いきなりドライフードを多めの割合にすると、うんちがナイスではなくなり、体重も減ってしまうのも経験、 ここはお腹の調子を整える方が優先順位かと思い、ドライフード+ささみ& 手羽先&胸肉の生活は2週間ほど続きました。その間、5.65kgという体重は2回記録されました。

このまま6kg位の犬になるのか?と思っていた頃、お腹がすっかり良くなって、鶏肉生活は終わり、以前と同じ食事内容に戻りました。

ところが・・・成長期が終わったのか?食べる量が以前より減ったのです。
3杯・・・ 多くても3杯半+レトルトパック大さじ1になりました。

それ以上の量を与えても、満腹そうに残してしまうのが続き、もう4月上旬まで食べていた大さじ5杯という量には戻さないことに決定。

実質的に生肉よりはカロリーも減って、量も減っているから、5.65kgからは減っているのではないか?と思ってはいましたが、 毛が伸びるに従って、お散歩の時に「みんとちゃん、太った?」とか「また大きくなった? 」などの声がかかっていました。

いえ・・・ 毛が伸びただけですぅ(^^;)

りどみぃとしては、アジ・ オイル臭くなった時に洗った際、ふわふわ☆なのが濡れるとほっそり・・・というのを見たばかり、 全然太っているとは思わなかったのですが、じじくんにまで「ちょっとダイエットさせた方がいいんじゃないか?」などと言われてしまいました。

「で、でも背骨も触れるし、上からボディを見るとちゃんと両脇くびれてるし・・・(^^;)」と抗弁しつつ、 ちょびっと不安になってしまいます。

じじくんなら、これまでの経験から言って、カットしたり濡れたりすれば、いきなりほっそりした実体が現れることは知っているはずなのに、その人が”みんと肥満説” とも取れるアドバイスをするとは・・・(-"-;)う、う~ん

そして、運命の体重測定・・・!
結果は、5.5kgでした。

トリミング前で首輪&リードを付けたままで5.5kgだったことで、みんと肥満説は払拭されたのです!

すっきり☆とカットしていただいた後の、スリムなみんとさんをご覧下さいまし。このプロポーションが証拠です。

みんとは太ってないっっっ! (^^;)

 

 

 

|

« ぶたちゃんのこと | トップページ | ひらり☆とね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/6657357

この記事へのトラックバック一覧です: みんと肥満説は払拭できるのか?!:

« ぶたちゃんのこと | トップページ | ひらり☆とね »