« ひらり☆自由自在 | トップページ | 指示待ちする心 »

2007年6月10日 (日)

誰が呼んでもダッシュで参上

恒例の土曜日のしつけ教室、心配されていた雨も時折ぱらつく程度で、無事にお勉強することが出来たのですが、りどみぃは・・・ものすごく疲れました。(´;ω;`)

滑り出しは良かったのです。
一緒に歩く練習の時は、そんなに脚から離れず、アイコンタクトも以前よりはずっとしながら歩く・・・という感じで、みんとはがんばっていました。

しかし、それぞれのわんこ達を”横一列に並んでお座りさせ、マテをかけた後に5m程離れ、順番に一頭ずつ呼び寄せる”・・・という練習となっては、もういけませんでした。

みんとは並び順では3番目なのに、1番目のわんこの飼い主さんがご自分の愛犬に「おいで」と言った時に、つられてりどみぃの所に来てしまうのです。

だめじゃーん( ̄□ ̄;)

すかさず、元の場所まで連れ戻して、もう1度お座りさせ、待てを指示してまた離れます・・・

2番目の飼い主さんが呼んだ時も・・・動いてしまいました。
(実は3番目に成功した後、4番目の飼い主さんが呼んだ時も動きました。
つまり、全部の飼い主さんの声に反応して動いたのです。)

それでも、後から思えば、この時はまだマシだったのです。
りどみぃの所に来ていたのですから・・・

その後、呼ぶ番の飼い主さんは、犬の正面ではなく、列からは離れた場所・・・犬にとっては右斜め前から呼ぶ練習になったところ、みんとまでそちらに駆けつけて行く様になりました。

あんたが呼ばれたんじゃないでしょうがっ( ̄□ ̄;)

本当の愛犬より速く馳せ参じることもあり、練習のお邪魔をさせないようにみんとを連れ戻す&勝手に動いたから元の場所に戻すため、りどみぃはみんとが動いたのと同時に走り出さなければならず、ダッシュの繰り返しに・・・き、きつい~(> <)、

この頃になると、みんとは動いたことをりどみぃに叱られても懲りもせず、りどみぃに対してはほとんどアイコンタクトを取ってきませんでした。
あっちやこっちをキョロキョロしたり、歩いて離れて行く呼ぶ順番の飼い主さんを目で追ったり・・・

みんと~あたしはここよぉ!あたしを見てよ~(T▽T)

きつかったのは、ダッシュを繰り返して疲れる肉体だけではありませんでした。「待て」と言っているのに、それを裏切ってよそ様の元へ走って行ってしまうみんとを見ると、 精神もボロボロに疲れて行くのでした。

ああっ待てと言ったのに、なぜ動くっっっ! (ーー;)

先生のお言葉、「なんだ、みんとは~誰が呼んでも行くなぁ」。

・・・おっしゃる通りでございます。(ーー;)

尚、みんとの名誉の為に付け加えておきますと、最後の練習の”立って待て”では、さすがに繰り返し動いてはりどみぃに怒られたのが効いたのか、課せられた時間の長さだけ、動かずに我慢できたのでした。ほっ(^.^;)

|

« ひらり☆自由自在 | トップページ | 指示待ちする心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/6729477

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が呼んでもダッシュで参上:

« ひらり☆自由自在 | トップページ | 指示待ちする心 »