« みんと肥満説は払拭できるのか?! | トップページ | 参加することに意義がある »

2007年6月 5日 (火)

ひらり☆とね

 5月26日土曜日のしつけ教室で出た宿題、”跳び上がるみんとを抱き上げる(?)”技ですが、りどみぃは、 みんとは上下運動に慣れていなかったので、まずは段差に対して抵抗感が無くなる様に教えることにしました。

・・・が、実は跪いて、そこに犬が来たらほめる・・・という方法で教えて行くらしいです。(^^;)

ま、正しい教え方は置いといて・・・だって知らなかったんだもんね~

 ダイニングテーブルの椅子に飛び乗れるになったので、 もう少し高さを出す為に、座面に座布団を置いてみました。

まずは一枚。

あら、やるわね。それじゃもう一枚・・・

 どうも高さに対する抵抗感は計画通りに無くなったようで、この頃から、 勝手にソファーに上がったり、このダイニングテーブルの椅子が出しっぱなしだと、その上に上がったりするようになりました。

やると思った・・・ (-"-;)

というわけで、見つけ次第「下りて!いけない!」と言って手を下にサッ☆っと振ってみました。

最初は「はてな?(°_。)?(。_°)?」となっていたようですが、 りどみぃがみんとの体を押しやって下ろしている内に、手振りだけでも、言葉だけでも自分で下りる様になりました。
また、そういう機会を持たせないように、ソファーの上に大きなバスケットを置くとか、テーブルの椅子は必ずテーブルの下にしまう等して、” 指示した時以外はのる機会を作らない”ようにもしました。

 ”椅子じゃないと上がれない”様になってもいけないので、屋外研修の機会を作りました。
いや、なんのことはない・・・散歩に行った時に、何か小高い物があったら、飛び乗るように指示してみただけです。(^^;)

切り株にも自力で飛び乗りました。低い方からですけど・・・
低い方は、りどみぃの膝上程度の高さです。

切り株は、座布団2枚重ねに比べれば低いのですが、 いろいろな素材の上に乗る経験を積ませるのが大切かと思われます。

なので、石のブロックにだって乗っちゃいます。切り株に比べれば、こんなの簡単?

狛犬さんみたいね(じじくん談)

合図として、上に乗って欲しい物に向けて手をサッ☆っと振り下ろす様にしていましたが、 言葉ではなんと教えようか・・・というのが思案のしどころでした。

「ジャンプ」は、ハードルやグレーチングを跳び越す時、 水たまりをよけて欲しい時等に使っている言葉なので、これは使いたくない・・・

「おいで」は、離れている犬を呼び寄せて、足元に付けたり、前でお座りさせる時に使っている言葉なので、 これも使いたくない・・・

「アップ」とか、将来、階段を上がる時に使いたいので、これもダメ・・・

「乗って」がいいかな?と思っていたところ、自分で合図をしながら「はい、乗って!ひらり☆と!」 と呼びかけていることが何度かあり、いつの間にかみんとには「ひらり☆」で通じるようになってしまいました。(^^;)

ということで、みんとのこの技は”ひらり☆”に決定。

ちなみに、正しい教え方を習ってきた後、跪いた状態で「ひらり☆」と言うと、 みんとが抱きついて来るようになりました。
宿題を出されてから、一週間目のことです。

正しい教え方だと、習得も速そう・・・さすがですわ、先生。(゚O゚;)

 

|

« みんと肥満説は払拭できるのか?! | トップページ | 参加することに意義がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/6669971

この記事へのトラックバック一覧です: ひらり☆とね:

« みんと肥満説は払拭できるのか?! | トップページ | 参加することに意義がある »