« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

朝のスタミナ切れ

 昨日は雨だったので、晴れた本日は、一刻も早く散歩に行きたいシュナプーのみんと・・・行くなら暑くなる前に、 朝食前に行かねばね。

 しかし、7時台でも日向はかなり暑い・・・雨の後だけに、ムシムシしていて、 帽子をかぶっているりどみぃでさえ疲労感がありました。
まだ一日のスタートだというのにねぇ(;´Д`A ```

 近所の中学校では、野球部が大勢で朝練中、大きな声で互いに声を掛け合い、汗を流しています。

なんで、そんなに元気なの~っヽ(TдT)ノ

若さが眩しいぜ・・・と、 ひとりごちて、やっぱり元気にリードを引っ張り気味に先を急ぐみんとと共に、 里山の公園に到着。

ふーやれやれ、ここは木立があるので、半日陰・・・ありがたや、ありがたやなのです。

 そうそう、ここは日陰がありがたいかわりに、雨の後はなかなかグラウンド・コンディションが良くならない場所でして、 晴天が続いた時でないと、みんとやロングリードがドロドロになる事を覚悟して来なくてはならないのです。

しかし、敢えてりどみぃが雨の日の翌日に来たのはなぜかと言うと、前日のニュースで、 「ある地方のある場所でタイサンボクの花が咲いている」 という内容のレポートが放映されていたからなのでした。

たまたまそれを見たりどみぃ、「へーっ?そうなんだ!じゃ、あそこの公園の樹も花が咲いているのかな?」と連想しました。

そうなのです、ここにはタイサンボクの木があるのです。(*^^*)

北米原産の白モクレンの一種で、130年前頃に渡来した樹木とな。
大盞木、泰山木、大山木等の表記があるらしい。
中国の高い山である、泰山(たいざん)のイメージから名付けられた和名かと思われるが、中国産でないところがミソ。

タイサンボクというのは、高さが20mにもなる木だそうで、よっぽど庭が広い家でないと手に負えないらしい・・・
ゆえに一般家庭には植えにくい樹木のようで、りどみぃは植物園以外では見たことがありませんでした。
それも、開花時期に訪れない限りは花を見ることも無くて、幹に巻かれた名札などで、その木の名を知った程度の付き合いだったのですが、 お散歩がてら行ける公園の隅に、立派な一本があることが、去年の秋頃に判りました。

そうと知っては、実際に、 見たいじゃありませんか~ヽ(´ー`)ノ

・・・咲いていましたよ、ここでも。
とても樹の高いところに咲いていて、4倍ズームでしか撮れませんでしたし、花の香りを嗅ぐ事などもできませんでした。

でも、きれいねぇ・・・(´`)

 みんとは、樹の上の花が見えるわけもなく、ひたすら辺り一面の匂いチェックに忙しそうでした。

花を堪能したりどみぃ、みんとのロングリードを、5m+10mの15mバージョンにしてやりました。
まだドロドロなのを警戒してか、他にお散歩に来る人も犬も、ほとんど居なかったので、ボールを投げて”取って来い” をして遊びました。

お天気はいよいよ良くなって、青空が見えていました。

しかし、ボールを2,3回持って来たところで、みんとは自主的にベンチに座るりどみぃの前に来て、 休み始めました。

おっ、なんだなんだ?みんと。
まだ何回もやってないのに、もうスタミナ切れかえ?(‥ )

確かに・・・まだ朝ごはん前だもんね、では帰りましょうか!(*^^*)

りどみぃとみんと、非常に健康的な、 いい朝でございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

燃えるシュート魂

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんの” シュート”魂燃えています
もう、りどみぃには止められないくらいです。(;´Д`A

なんだかとっても達成感があるらしくて、頼みもしないのに勝手にシュートしては、入れ物が深いと自分で取り戻せなくなって、 その前で困惑していたりします。
どうやら、何度も何度もシュートしたいようです。

それがダンボール箱だろうが・・・

プラスチックのバスケットだろうが・・・

練習に使っていた、発砲スチロールの箱だろうが・・・

シュートできそうな入れ物(?)があれば、みんとは勝手にがんばってしまうのです。
ちなみに、どんな入れ物であろうとも、達成感は同じらしい・・・(^▽^;)

しかし、自分の口より高さがある入れ物だと、くわえている物を振り上げるようにして入れなければならず、 難度は高くなり、それなりに達成感も(疲労感も?)大きいようです。
努力の果てにシュートに成功すると、「んふっー」 っと鼻息吐いています。

ちなみに、シュートして達成感が得られたは良いけれど、自分でまた出せたのは、発泡スチロールの箱の場合のみです。
ダンボール箱の場合は、取れないあまりに血迷って、ジャンプして箱の中に自ら飛び込もうとまでしておりました。

プラスチックのバスケットの場合は、なまじ半透明で横から見えるのが原因か、側面を外側からかりかり☆と前足で引っかいておりました。

それでは永遠に出せないと思うぞ・・・(ーー;)

 ゴミ箱だって、みんとにとっては入れ物に違いなく、みんとが届く場所にうっかり置いておくと、 大事なおもちゃが捨てられていたりします。

・・・いらないのだろうか?(-"-;)

と一瞬思ってしまうアタクシ。

 今日はいざ散歩に行こうとしたら雨が降り始めたところだったので、回覧板を回しに行く往復のみが散歩代わりとなりました。
運動量が足りていないこんな日は、シュート魂が燃える燃える!

しまいには、大好きなぱかぱかまでシュート!

頼んでないので、どれも無報酬(ご褒美のおやつ無し)なのに、みんとさんってば、努力家ねぇ(・◇・;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

みんと自分的新記録を樹立す!

今日はクリッカーのお勉強の日・・・

ほんの少し前、まったく出来なかったことが、今日はとても上手に出来ました。

みんとじゃないみたい・・・ 感動ですっ(T^T)

それは、6月9日には出来なかった、 ”飼い主と犬が5mほど向き合った状態で何組も並び、順番に1頭ずつ、飼い主が自分の愛犬を手元に呼び寄せる”練習です。

その時は、みんとは、どの飼い主さんが自分の愛犬を呼んでも、我先に駆けつけるという行動をしていました。

それが、今日は、みんとを含めて5組だったのですが、お勉強の為にみんとの呼び順を一番最後にさせていただいたところ、とうとう最後まで動かないで、おすわりをし続けていることが出来ました!

おおっ、すごいよっ!みんと!(・◇・;)

前の4頭が呼ばれても1度も動かなかったなんて、新記録です!
だって立ち上がることすら無かったんですもん。

おまけに、最後に「みんとー」と呼んだところ、まっすぐにりどみぃの足元に駆け寄って来ました。

すごいっ!完璧じゃないかっっっ

・・・みんとじゃないみたいだ~(・・;)

正面に立っていてりどみぃが気が付いたのは、みんとがあまりよそ見をきょろきょろ☆としないで、りどみぃを見ている割合が以前よりずっと多かったことです。
りどみぃに対しての注目度がアーップ!
これは指示待ちする心が育ったのだろうか?

あ・・・そう。・・・そうですか・・・(^▽^;)

今日は、みんとが大好きなダックスフンドの三郎太くんが居なかったし、お勉強前にいっぱい遊んで満足していた感があるし・・・

次回以降の違う条件下で同様に出来てこそ、”みんとの実力となった” と言えるのかもしれません。

それでも新記録には違いない!
今日は偉かったわ、みんとさん。(☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

バスターキューブで脳は育つか?

 バスターキューブ(商品名)という犬の知育玩具なる物がありまして、みんとも1個持っています。

面取りしたサイコロみたいな形状で、穴が1個だけあいています。
内部はらせん状になっているそうで、この穴から粒状のおやつをざらざらと入れてから、ぐりぐり☆と回して奥の方へと粒を誘導し、 逆さにした程度では落ちて来ない状態にしてから、みんとに渡します。

ちなみに、 バスターキューブにはレギュラーサイズ(11.5cm角)とミニサイズ(8cm角)があるそうで、 10kg以下の犬にはミニがおすすめとのこと。みんとが使っているのもバスターキューブ・ミニです。
色は青と赤があるようですが、赤にしました。

鼻先で押したり、前足で引っかいたりしてキューブを回転させ、「どうやったらおやつが出てくるかな?」 と考えながら工夫することが、わんこのお脳を育てるらしい・・・らしい・・・な(^^;)

 みんとは、いつもドッグフードを大さじ1杯分入れてから渡しますが、 ドッグフードだけだと内容に予想がついてしまって興味が薄れそうなので、鹿ジャーキーのかけらとか、 ちょっと匂いが強い粒も少し混ぜておきます。

 これはほぼ1年前・・・みんとが子犬さんの時です。
最初にバスターキューブをサークルの中に入れた時は、遠巻きにして見ていました。比率からいって、無理もない・・・ みんとにはさぞ巨大に見えたことでしょう。(^▽^;)

しかし、りどみぃが手でころころ☆転がして見せる内に、 みんともえいえいっ☆と前足でちょっかいを出すようになりました。

やがて、獲物として見立てては、手前で静かに構えてからいきなり飛び掛ったり、 跳ね返って来たキューブに飛び退ったり・・・とダイナミックに遊ぶようになりました。

この頃はうるさかった・・・ サークルの下は樹脂性のトレーを敷いていたので、キューブが転がる音がまともに響いておりました。

 最近、運動量が多かったせいか、晩御飯が終わっても、 みんとがこれをひっくり返す様子が見られました。
しばらくは、りどみぃもサークル内に入れたまま放っておいたので、中身は補充されていなくて、空っぽなのに・・・です。

む、食い足りないというアピールだろうか?(-"-;)

まさか本当に持って来るとは思わなかったのですが、「入れてあげようか?」と声をかけると、 くわえそうな仕草を見せました。

おおっ、意味は解っているらしい!(・◇・ ;)

鼻で突っついて転がして来たら面白いなぁと思い、尚も呼びかけてみました。
すると、こちらの思惑通りに転がしたり、穴に下の歯を引っ掛けるようにして角をがばっ☆っとくわえたりして、 見事にりどみぃの手元に持って来ました。

みんとさん、すごいじゃなーい・・・(・_・;)

そこで、久しぶりに大さじ1杯、試供品でいただいて来たラム風味の中粒ドライフードを入れてみました。 すると・・・

パンチを繰り出すは・・・

部屋の隅っこに追い詰めるは・・・

くわえてから、振りかぶって床に叩きつけるは・・・と積極的! ちょっと怖いほどの迫力です。

・・・やっぱり食い足りなかったらしい・・・しつこくごろごろ☆転がしては、 こぼれ落ちる粒をカリカリ☆と美味しそうに食べておりました。

 この一年で、 みんとの脳細胞はバスターキューブのお陰で増えたのかなぁ・・・?

欲望に貪欲に、 積極的になったのは確かかも・・・(T▽T)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

つながり眉毛

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、トリミングから3週間が過ぎて、 全体的に毛が伸びて来ました。

体はもこもこ☆と羊のようになって来たし、顔も丸顔に・・・と思っていたら、眉間の毛が伸びたせいで”つながり眉毛” になっていました。

こっ、これは是非とも撮影させていただかねばっ( ̄□ ̄;)

カメラを向けて、「一枚お願いします」と言ったら、正面に座ってから、「さぁ、 撮りなされ」とでも言うかのように、カメラににゅ☆っと鼻を突き出して来ました。

ご協力ありがとう・・・(^^;)

良く見ると、目の上の白い毛より、眉間の部分の毛の方がウェーブが出ていて、 それがまたつながり具合を強調しているようです。

「前からこんなだったかなー?」と思って、写真をさかのぼってみました。

おおっ、この6月16日(8日前)の写真では、眉毛はそれぞれ独立していて、つながっていません!

それよりもっとさかのぼると・・・

眉毛自体が無いっ!( ̄□ ̄;)!!

ちなみに、これは半年前、1月1日のスナップでございます。
口の周りの毛も、今の方が白いのが多いし、胸から脚にかけても銀色がかったグレーみたいに見えるし・・・冬毛と夏毛の違いなのだろうか?

つながり眉毛は夏の間中続きそうな予感・・・

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

雨上がりは大騒ぎ

ごらんよ、みんと・・・雨が上がった後は、クローバーも生き生きとしていて、葉に残る水滴がなんとも可憐じゃありませんか・・・ (´`)

と、りどみぃが語りかけても、みんとは冷たい・・・

昨日は雨で、近所を一周程度の散歩しかしていないし、雨上がりはいろんな匂いがするらしく、忙しそうです。

雨で生き生きしている紫陽花と一枚撮らせてくださいよー(*^^*)

そんな旅人みたいなこと言っちゃって・・・(´;ω;`)
まぁ下が濡れているから、座ってポーズ取りたくない気持ちも解りますけど・・・

そーこーを、なんとか!m(__)m

と説得してパチリ☆

うーん、いいわぁ、みんとさん。
昨日、洗ったから被毛がふわふわ☆でゴージャスです。(☆☆)

ロングリードが段々と、水を含み、泥で汚れて行くのと同じ様に、みんとがきれいだったのもここまで。

しかし、それはみんとだけのことではなく、お元気わんこ達皆が同様でした。
何しろ今朝まで雨がぱらついていたので、お散歩中止だった子もいて、元気いっぱいなのです。
「お腹や足がどろどろに汚れたって、気にしな~い(´`)」・・・らしい。

ジャックのお兄ちゃんに投げてもらったコングを追いかけて、先にくわえたのはジャックくん、でもお茶目なビアンちゃんが「ちょーだーい」と横からくわえての争奪戦も見ものです。

後から追いかけて参加している気になるみんと・・・
いっぱい走って、いっぱい汚れて、帰宅してから、お風呂場で胸・お腹・脚・尻尾などを洗われました。セーフだったのは、頭のてっぺんと背中だけだったわねぇ(´`)やれやれ

連日、バスタオルでタオルドライ&ドライヤー&コームでのお手入れとなり、これからの梅雨時が思いやられる、りどみぃでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

自力で潮干狩り

 横浜海の公園では、海水浴場がオープンすると、 8月31日までは砂浜部分や芝生の一部分にペットの入場が禁止されるそうなので、その前に・・・と、みんとと砂浜を楽しんで来ました。

ちなみに、平成19年の海水浴場オープンは7月14日(土)とのことで、当日は海びらきをお祝いするイベントがある予定とか。d(・・ )

 しつけ教室の後、少し休憩してから、海には夕方に到着するように出かけました。
もう日が長いし、気温が高い内は、陽射しも砂も熱過ぎて、みんとには辛かろうと思ったものですから・・・

 現地に到着した当初は、 海のふれあいセンター付近が腐敗臭で息詰まるばかりだったので、もう逃げ帰ろうかと思ったほどでした。

なんじゃ、この臭さはっ?! ( ̄□ ̄;)

どうやら臭いの元は遊歩道脇にあったゴミ箱らしく、海草やアサリの不要なのを捨てて行った方がいたのではないかと・・・

ゴミ箱から遠ざかり、波打ち際を柴口方面に移動するに従って臭いは薄くなり、やがて磯の香りだけになりました。 やれやれ(^^;)

こういう、りどみぃやじじくんが「臭い~(T T)」と閉口するような臭いでも、 みんとにとっては、まったく問題が無いようです。

人間より鼻が良いくせに・・・”臭い”と思う基準が人間と違うんだわね。

そういえば、一夜干しのみみずに喜びを覚える子ですもんね・ ・・
「なんか強いにおいがするな」 程度なのでしょう。

理解できん(-"-;)

 さて、いつもの散歩とは趣の違う砂浜の感触や海からの潮風、打ち上げられた海草などの一々がみんとの心をくすぐるようで、 あっちへ行っては”くんくんくん”こっちへ行っても”くんくんくん” ・・・と、それはもう楽しそう!

 急に”スイッチが入って”全速力で走り回るし・・・

目にも留まらぬ速さで砂を掘るし・・・

そのあげく、なんかみんとの口元が怪しくもぐもぐ☆しているので、りどみぃが両手で口を上下に” んがー” っと開けて取り出そうとしてみても、舌の上には何も見えないし・・・

オフ!出しなさいっ!

りどみぃの厳しい態度に、みんとが口からぺっ☆っと出したのは、あさりの半ば開いている状態の物でした。
身が残っていて、それがまた強い臭いを出しておったに違いない・・・

・・・自力で潮干狩りするのはやめて・・・ (ーー;)

みんとさん、それはもう死んでるし、多分腐りかけとるぞ。
つまりは、食べられません。

いくら名残惜しげにお口の周りをなめてもダメ! (-"-;)

さぁ、もう日が暮れるから帰ろうか。
とっても楽しかったね、みんと。また、秋になったら来ましょう(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

シュナプーの理想の体重

今日、家でみんとの体重を量ってみました。

人間用の体重計に、りどみぃがみんとを抱いてのった時の数値から、りどみぃのみがのった時を引くという方法です。

計算したところ、5.4kgでした。

(りどみぃ+みんと)-りどみぃ=みんと=5.4kg

この量り方、先週の同じ頃にもやりました。
その時のりどみぃの体重は今日と違っていましたが、みんとの体重も違っていたので、結果的には同じ5.4kgでした。

体重だけを比べると変わってないのですが、みんとの食欲にはおおいに変化を感じているりどみぃです。

4月に急に寒くなったのが原因らしく、お腹の調子を崩してしまった後、5月になって治ってからは、1歳になったせいか、食べ方が落ち着き、ドライフード大さじ3杯半+霧島鶏(商品名)大さじ1杯の量だと、少し(ドライフードを何粒か)残すようになっていました。

最近の様子を見て思うに、この時は暑さに慣れずに食欲不振になっていただけだったようなのです。

しかし、その後、毎日のように真夏日が続くと暑さにも慣れ、毎食のごはんを残さず食べるだけではなくて、散歩に出た時に出会う知り合いわんこの飼い主さんたちに対して、 「おやつくださいっ」っとばかりに跳び付いたり、ウェストポーチに鼻をつっこんだり・・・のがつがつ☆とした無作法振りを見せるようになりました。

・・・お腹すいてるってこと?
ごはんが足りてないってこと・・・かな?(^^;)

しかし、ドライフードの袋に書いてある体重6kgの犬に対しての一日の標準供給量は75gです。
これ以上は増やさない方が良さそう・・・

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)という犬種(?)のみんと・・・ 理想の体重というのがわかりません。
父犬の体格がどれくらいだから・・・とか、母犬が何キロだから・・・とか、両親の組み合わせによっても違うのでしょうし。

アニマルプラネットのドッグ・ガイドによると、JKCの理想体重は、ミニチュア・シュナウザーの雌で4.5-7kgとのこと。
トイ・プードルの方が小柄であることを考慮すると、みんとに許される理想体重の範囲は6kgまでくらいでしょうか??(°_。)?(。 _°)?

今後一週間は、フードの量は変えずに、ごはんのボリューム感を増やすべく、野菜など加えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

ドライバーが心配ですか

みんとは車での移動には慣れています。
ドライバーがじじくん、助手席にはりどみぃ、後部座席には、メッシュの犬用のドライブボックスが固定されていて、そこがみんとの指定席・・・というのがほとんどのパターンです。

しつけ教室に行く時は、お出かけがうれしくて、るんるん♪していますが、現地で気を張ったお勉強モードでがんばったり、お勉強の後のわんこ友達と楽しく交流したりで体力を消耗し、帰りは車が動き出すと、すっかりリラックスして横になり、すぐに寝てしまいます。

今日はクリッカーのお教室でした。
これは平日ということもあり、りどみぃが1人でみんとを連れて行きます。もちろん、ドライバーはりどみぃ。
しかし、車で20分弱のドライブは、特に問題なく毎週通えておりました。

・・・と、今日はいつもとは違って、りどみぃが実家に行く用事ができました。
クリッカーのお教室の終了後に、家に戻って出直すと、時間的なロスが大きいので、お勉強した公園から直接の長距離ドライブとなりました。

う~ん、りどみぃ単独で、みんとを連れての高速道路2時間道中って初めて~(^^;)

実際は、半分く移動した所で、先が渋滞がひどいことが判明、休憩したくなった時に備えて、高速道路をおりて、幹線道路を行くことにしました。

みんとは、高速道路移動中、ずっと鳴きもせず、大人しくしていました。
りどみぃは、てっきりいつもの様に寝ているものと思っておりました。

が・・・高速道路をおりてから停車した時に気が付いたのですが、そういえば、道中ずっと後部座席では時折、 ちゃりちゃり☆と金属がぶつかるような音がしていたのです。

それはきっと、みんとの”狂犬病予防注射済票” ”マイクロチップ入ってます” メダルのぶつかって奏でられるハーモニー・・・
みんとはずっと横にならずに、お座りしていたということです。
(横になると金属が揺れないので、ぶつかることも無い為、音がしないのです)

あ~そうですか、そうですか、ドライバーが私では心配で、おちおち寝てもいられないってか?( ̄□ ̄;)

それとも乗り心地が悪かったのか・・・?(-"-;)

案の定、道中寝ていなかったみんとは、りどみぃの実家に着いた後、横になってだらだらと昼寝に努めておりました。

・・・寝るがええ。心ゆくまで、寝るがええだ~(T▽T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

”足裏美容”でお手入れ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとが散歩に行く所は、どこも緑がいっぱい。

樹木も土も豊かで、ロングリードで走り回れる位の広さもあります。

草によっては葉っぱも硬いのがあるようで、草地でいっぱい走った後は、肉球が荒れてたり、 時には浅いけれど切れていたりすることもあります。人間が紙で手を切るような、あんな感じですぱ☆っといってしまうのかな?とか想像しています。

土も、ガーデニングをした後は手が荒れ気味になるように、肉球を荒らすようです。

 子犬さんだった頃、すべすべだった足裏の肉球でしたが、それが荒れている感触になってしまい、 最初に気になったのが昨年の夏・・・
お散歩デビューして、数ヶ月後のことでございました。

どうやらその頃と同じ、お手入れの必要な季節になったようです。
ここ数日のみんとの足の裏は、角質化したような硬さと、 細かくささくれ立っているようなざらざら感があって、触るとこちらの指先が痛い位です。 (ーー;)

 わんこの足裏の肉球に関しては、いろいろとアロマの入っているオイルだとか、 朴の木の葉のオイルだとか種類もあるようですが、りどみぃは、みんとの肉球のお手入れには、ドギーマンハヤシの足裏美容-犬用-というのを使っています。

”保湿成分尿素配合”で、なんと株式会社ナリスアップ コスメティックスがプロデュースとのこと。
ナリス化粧品~(^^;)

これ1つで20gとのことですが、みんとが最初に買った物は、夏、秋、冬、春と過ぎる内、気になる度にぬりぬり☆したところ、 先日空になってしまいました。今日から2つ目を開けます。

みんとのお手々の大事な肉球が、またぷにぷに☆とモイスチャーたっぷりの軟らかさに戻りますように・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

ぱかぱかの受難

 いつもは行かないようなペットショップに寄ってみたら、見かけないおもちゃがいっぱい売っていました。

 じじくんが、「みんとに買ってあげよう」と言うので、ふわふわした馬のぬいぐるみを買いました。
他にも羊などありましたが、みんとには馬が似合いそうな気がしたのです。

 みんとには既に仲良しのぶたちゃんが居ますが、 他にも熊ちゃんがいて、”くま””うま”では音が似ているので、 このぬいぐるみは”ぱかぱか”と呼ぶことにしました。

 帰宅後、取り出してじじくんが「はい」と、みんとに渡すと・・・

ひぃ~っいきなり喉笛に!(T▽T)

野性全開で、喉笛に噛み付くと、頭を8の字に振る振る・・・
と、とどめをさしますか?! みんとさん!

自分には無いたてがみや、ぶたちゃんには無いストレートヘアの尻尾も気になるようで、はむはむ☆と歯でしごくようにして噛んでいます。

あわれ、ぱかぱか☆、無残にもしごかれた黒い毛が散る・・・尻尾が無くなったらどうしましょ?
このぬいぐるみはかなり綿の詰め方も少なめで、表地も毛足の長いタイプの布なので、噛むのも気持ちいい上に、 離した時の復元力でふんわり☆と動くところが、まだ生きているかのような錯覚を覚えさせるらしいのです。

何度も口から離しては、ふんわり☆動くので、また慌ててばくっ★っと食い付き、とどめを刺す・・・ という繰り返しで長い間遊んで(?)いました。

 みんとが”完全に仕留めた”と判断した時、馬はみんとのよだれでしっとり。洗濯機で丸洗いされる日も近いと思われます。
そうしないと臭くなりそうな予感が・・・(-"-;)

 獲物を仕留めての、すがすがしい笑顔・・・(^^;)

それじゃ、今日はもうぱかぱかとはバイバイね。
仲直りのちゅ☆をしましょ。 (*^^*)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

防暑対策の今後

 先日のしつけ教室の時は快晴で、真夏日と言ってもいい位の暑さでした。

人間は半袖を着て帽子をかぶって行きますが、犬は暑そうです・・・
そこで、以前みんとにいただいた夏のお洋服を着せてみることにしました。

あーら、みんとさんってば、 なんてお似合いなの~(*^^*)

 このお洋服は、パイル地で出来ていて、これをあらかじめ水で濡らしてから着せると、 その気化熱でわんこが涼しいらしいとのことでした。

よりひんやり感を求めるなら、冷凍庫で凍らせてから着せてもいいそうな・・・ 真夏になったらそれも必要かもしれません。

 みんとは、 服を着ることやリュックなどの小物を背負わされることに対しては抵抗が無いので(慣れるように育てました)、 これもあっさりと着てくれました。
乾いた状態で公園に持って行き、現地の水道で濡らして絞ってから着せたのですが、濡れていることは全然構わないようでした。

 お教室のお勉強が始まり、木陰とは言えそれなりに暑かったのですが、 みんとはちゃんと気を散らせることもなく、真面目にやっておりました。

こうして写真を改めて見てみると、暑そうに口を開けてませんねぇ(゚O゚;)

 休憩時間になって、お洋服に触れてみたところ、かなり全体的に乾いていました。
服の裾の方からぺろり☆と半分めくって、みんとの背中に触ってみたところ、ひんやり☆しているではありませんか!

おおっ、効果あり!(゚O゚;)

すっかり気を良くしたりどみぃ、無精者がよせばいいのに、みんとが服を着た状態のまま、 上から水をかけて服を濡らすという作戦に出ました。

・・・と、これは大失敗。( ̄□ ̄;)!!
背中の部分からかけたので、そのある一部分が水を一気に吸ってしまい、 みんととしてはイキナリべしゃっっと濡れたような気がして不快だったようです。
おまけに、濡らしてから絞った状態の服に比べて、水を含み過ぎて重みも増したらしい・・・最初に着せた時にはまったく平気だったのに、 背中を嫌そうに気にする様子を見せました。

休憩時間も終わるので、また1度脱がせて絞り直してから着せ直す暇も無く、この時点で諦めて脱がせ、 後半は服を着てない状態でお勉強を続けました。

 お勉強後の写真を見ると、日陰とは言え暑そう・・・

 濡らした物をを着せることで、「蒸れるのでは?」という意見もありましたが、 実際にはどうなのかはまだ確認できていません。

りどみぃが見た限りでは、みんと自身は涼しくて快適だったようなので、 元気いっぱいで首輪もリードも泥だらけにしてしまう活発さを考えると、今後は防暑対策のお洋服も、洗い換えを用意しなくては・・・ と思っています。

 ・・・自分で作れるだろうか・・・?( ̄□ ̄;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

挑戦者は切り株に君臨する

みんとと北海道に来ている・・・わけではなくて、単なるハーブガーデンのラベンダーの前です。(^^;)

まだまだつぼみが多くて、辺り一面良い香り・・・とまではいきませんが、それだけに、これから楽しめそうです。

さて、シュナプーのみんと、6月9日の時点で” ひらり☆” の技をマスターしたと思っていたのですが、まだまだ完成ではないことがわかりました。
無言で合図をするだけでも出来なくてはいけないし、逆に手で合図したりは一切無しで、 言葉だけで指示しただけでも出来なくてはならないとな。(^^;)ひえ~

無言で合図する時にも、りどみぃは 「ここに乗ってっ!」っという気持ちを込めてしまい、つい膝上をパン☆っと両掌で叩いてしまったのですが、音を出してはいけないそうです。 (^^;)

そこで、10日(日曜日)からは、音を出さずに両手をちょい☆っと胸元に向かっってやるだけで、みんとがひらり☆と跳び上がってくる様に練習しました。

最初は、膝は軽く曲げて、「みんとに期待している動きは"ひらり☆"だよ」と解ってもらいやすいようにしましたが、すぐに膝を曲げなくても、手の合図だけで跳んで来る様になりました。

跳び方も、最初に教え始めた時は、りどみぃに正面からどかん★っとぶつかって来るような跳び付き方だったので、みんとの体重5kgの衝撃が腰に来るような感じでしたが、段々駆け寄って、”りどみぃの足元で上方向にジャンプする”ようになりました。

受け止めてくれるかどうかは、まっすぐ立っているりどみぃの姿勢からは不確かなのに、身を投げてくるのは感動です。(☆☆)
「きっと受け止めてくれる」と信じてくれてるのかな~?

と言うことで、ついに”ひらり☆”技完成宣言です。\(^^@)/

ここしばらくの練習で体力がついたのか、高さに対する恐怖心を克服したのか・・・?
2週間前には上がれなかった、植え込みの縁にも上がれるように。

これだけでも「すごいなぁ」とりどみぃは感心していたのですが、みんとは挑戦する心を持っているようで、 りどみぃが指示したわけではないのに、練習に使っていた切り株の近くに行ったところ、 自ら一番高い部分(80cmくらい)から上に乗ろうとしました。

残念ながら、一回目は力及ばず、海老反るような姿勢になって失敗だったのですが、めげずに再び挑戦し、今度は見事に上がったのです。

成功に満足している様子は、君臨しているライオンみたい・・・?

おぬし、やるなぁ! あっぱれである~ヽ(´▽`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

仲良しスナップが撮れるまで

見てやって下さいまし~可愛い笑顔じゃありませんか! (*^^*)

仲良しさんが肩を並べてのツーショットです。
左はパピヨンのココアくん、右はシュナプーのみんと。
この可愛らしい一枚をモノにするまでには、数々のボツショットがありました。

幼馴染のこのわんこ達、仲良く遊んでいる様子も可愛いのですが、いかんせん動きが止まらないので、ブレブレ写真しか撮れません。
せっかくの仲良しさんなんだから、記念にスナップが撮りたいものです。
「ツーショットが欲しいね(*^^*)」 というのが、 ココアママとりどみぃのかねてからの希望でした。
しかし、みんとが止まることは無いのです。まるで転がる石のように・・・これではココアくんがばっちり☆でも、みんとはブレブレの妙なスナップになってしまいます。

この日、みんとは疲れるまで遊んでいた為、かなり動きが遅くなっていて、簡単に大人しくなりそうでした。 (^^;)ちゃーんす
そこで、ココアくんと並んでもらって懸案のスナップ撮影に挑戦。

いいですか、おすわり、待て・・・だよ。d(・・ )

あっ!みんとっ、動くな!
ココアくんは、ちゃんと座ってるよ!

・・・失敗

ア、アングルが悪い~
顔は可愛いのに・・・これはりどみぃの責任ね。(´;ω;`)

失敗!

・・・ちっとも”仲良しツーショット” っぽくない・・・
みんとの鼻も切れてるし(^^;)あわわ

失敗・・・

あっち向いてる子がいるかと思えば・・・

おしいっ(^^;)

こっち向いてる子がいるし・・・

うわぁ~ん(T▽T)

わんこたちの目線を上に釘付けにする為に、ココアママがおやつを上の位置で見せてくれたり、それはもう協力してがんばったのですが、ここに至って「もう、今日は諦めるか・・・」と弱音を吐きそうになった時・・・!

撮れた~! ほぼ文句無しのらぶり~な1枚が!!(☆☆)

なかよし~♪

撮影後、ご褒美を貰ってモデル業から解放された2頭は、また仲良くノン・ストップで遊んでおりました。

モデルありがと。(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

自己主張はほどほどに

これ、なんだと思いますか?

黒土の上に左下から右上に向かって、二筋黒々と線状の物が見えますでしょ?
・・・これは、みんとがうんちをした後に、後肢でケリケリ☆した時に地面が掘れてしまった、後肢の爪の跡です。

がトイレの後に後肢でケリケリ☆するのは、自分の痕跡を消すという意味からなのに比べて、 は反対に自分の排泄物を強調して「ここは俺の縄張りだぜ」とか「今日もここに来たぞ」とかいうのを伝える為にするそうな。

みんとも当然わんことして、「あたしっ!あたしが今日もここに来たわよっ!ヽ(´▽`)ノ」 と強調していると思われます。

その強調に熱心になると、こんなに念入りにすることも・・・

360度回転しつつ、全方向にケリケリ☆しておりました。
実際に用を足したのは画面上に当たる、ちょっと離れた場所なのですが、手前に戻って来ると、ケリケリ☆一周が始まりました。

うーん、太陽マークのような、図形のような・・・(ーー;)

ま、みんとは女の子なのに、時々片脚上げてちっちする位ですからね・・・自己主張が強いんでしょう。支配性の現われとか言うらしい。

しかし、この強調のケリケリ☆も、場所によっては大変なことに・・・!

新緑の季節になって、新しい葉っぱが出て来ると不要になった古い葉っぱが落ちる仕組みの木があるようで、公園では秋でもないのに枯葉がいっぱい落ちています。

みんとが、このような枯葉の近くでうんちをしたら、すぐに誘導してりどみぃの後辺りに行かせ、リードを踏んで動けないようにした状態で、うんちを拾う間待たせなくてはいけません。
この、「みんとのうんち完了」という見極めにはかなりの注意力が必要で、ぼんやりと見ていると、排泄直後のみんとに枯葉をケリケリ☆されてしまい、うんちをまるっきり隠されてしまうのです。
みんととしては、隠しているつもりは無くて、自分の存在を強調しているのだと思うんですけどね。

枯葉は茶色、うんちも茶色となれば、保護色っぽいし、ナイスなうんちはころころり☆と転がるので、全パーツ(?)を集め終わるのにも手間がかかります。

枯葉の山をかきわけて、うんち探しもおつなもの
・・・なわけないでしょう!(T▽T)

枯葉の山をかき分けるのも気苦労ですが、したばかりのうんちを、この強調のケリケリ☆で、みんとのはるか後方に蹴り飛ばされたこともあります。
1mは飛んだろうか・・・止める隙もあらばこそ・・・

飛んだうんちを、てくてくと歩いて拾いに行くのも、かなりせつないものでした。 (ーー;)

みんとさん、自己主張はほどほどに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

今度は手作り首輪とな

以前、適当に作った手抜かりリードですが、意外に便利に使っております。

なんたって、手で持つ部分がジョイントパーツの脱着によって、ウェストベルトやジーンズのベルト通しなどに簡単に通すことができるし、そうした場合でも、市販品より短めに作ってあることで、みんとの脚に絡まることもありません。

しかし、便利であればあるほど使いますので汚れてしまい、
「同じ様なのがもう1つ、洗い替え用に欲しいのぅ(´`)」
と思えてきたのでした。
そうね、今度は前回の反省を踏まえて、もう1つ作ってみましょう。

    今回は、 こげ茶のナイロンテープ(2cm幅)と苺柄の麻混*1のテープ(1.5cm幅)を使います。

*1 綿70% 麻30% だそうで

このナイロンテープは、リードとしては幅がちょっと広めに感じるのですが、手芸店などで手に入りやすい幅が2.5cmか2cmということもあり、日頃から2cm幅のロングリードを違和感無く使えていること、何よりも、使いたかった苺のテープ幅が1.5cmあるので、このまま使いました。

前回は、ナイロンテープの上に飾り用のチロリアンテープを重ね、何箇所かをマチ針で打って仮止めをし、その上から押さえるために端ミシンをかけるという方法でした。
これはいろいろとやり難い点がありました。

まず、ナイロンテープというのに、マチ針が打ちにくい! (T▽T)
それから、針を打ったままミシンをかけるとでこぼこして送りにくい!(-"-;)
しかし、針を外して縫おうとするとナイロンテープとチロリアンテープがずれてしまう! (T▽T)

・・・今回は、知恵を使って、まずナイロンテープと麻混テープとを両面アイロン接着シートで接着してからミシンをかけることにしました。
これならマチ針を打たなくていいし、ミシンをかける時にテープ同士がずれることも無いでしょう。d(*^^*)

今では、アイロン接着できる糸なども売られているようですが、りどみぃの手元には2cm幅のテープ状の物があったので、それをハサミでちょきちょき☆と半分の1cm幅に切り、それをナイロンテープの上に並べてから麻混テープをのせ、その上からアイロンをかけることで接着しました。

この時、あやうく高温設定にして、ナイロンテープを溶かしてしまうところでした。麻混は熱には強いけれど、ナイロンは・・・ね。
結局はっと気が付いたので、アイロンの設定表を見て、中温にしてかけました。

予想通り、端ミシンをかける時には、とてもやりやすかったです。
金具を通してとりあえず完成。

麻混テープは1.5mの製品だったので、短いリードを作っただけでは余りました。
「これだけあれば首輪くらい作れそうねぇ」
と思いついたのがきっかけで、おそろいの首輪を作ってみることにしました。

うーん、りどみぃ、リードはともかく、首輪まで作るか?!
いや、作れるのかっ?!(-"-;)

「首輪なんて作れるだろうか?」と最初は思いましたが、わんこグッズの本にも載っているようだし、強度にさえ気をつけて作れば、使える物が出来上がるような気がしてきました。

気になっていたのはDカンの付け方ですが、市販品のみんとの首輪を数点見てみると、それぞれ違う付け方をしてあります。

なんでもいいんだな・・・強度さえ十分に保てれば(・_・ )

気が楽になったりどみぃ、その内の好みの付け方を真似っこして、Dカンを挟み込み、Dカンの両側をミシンで押さえることで固定しました。

首輪崩壊(?)でみんとがノン・リード状態になって、事故にでも遭ってはいけないので、ここはしっかりと往復で縫っておきました。
ジョイントパーツの取り付けも、同様にしっかりと縫いました。

市販品の首輪には、サイズ調節する為のパーツがもう2種類使われているのですが、麻混テープを重ねた状態では厚さがかなり厚くなっていて、型のパーツを重ねて通すのも難しいのでやめてしまいました。

考えてみれば、これはある意味お誂えなのですから、みんとに丁度良いサイズで作ればいいのであって、となればサイズ調節用のパーツは不要かと・・・と自己完結、めでたし、めでたし。(^^;)

早速に新しい首輪を付けて、公園に散歩に行きました。
この季節は、紫陽花の花がきれいですね。

モデルさんの位置を決めて、  「みんと~!はい、チーズ!」と言ってみたら、案の定うれしそうな顔をしました。(爆)
最近、ご褒美のチーズをあげる時に、「よくできたねーチーズあげちゃう」とか呼び戻しの練習で戻ってきた時に、「チーズ食べようね」とか言っていたので、チーズ=おいしい食べ物のアレだと認識したようですの。(^^;)

もちろん、撮影後にはチーズをあげました。

ん~いいわぁ(☆☆)
苺の赤とみんとの被毛の色が映えて、かわいいじゃありませんか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

”私が”脱いだらすごいんです

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、ほとんどの場合、 お散歩は一日一回です。

それは、りどみぃが早起きが苦手なのと、微妙に関係しているかもしれません。(^^;)えへへへ

 夕方のお散歩は1~2時間という充実したもので、運動量としては” わん歩計”によれば10,000~20,000歩を刻みますので、 帰宅後にはすぐにみんとが寝ちゃうことを考えても足りているのではないかと思います。

家の中でも「取って来い」とかしてずどずど☆と遊びますしね。(^^;)

 それでも、活発なみんとはお散歩が大好きで、たとえ家の近くの区画を一周するだけでも満足してくれるくらい、 外の空気が好きです。
そこで、”ごみを集積所に置きに行くだけ”とか” 近くのクリーニング屋さんに出しに行くだけ(また別の日は受け取りに行くだけ)” とか短いなりにりどみぃに同行してもらうことにしています。

そういう場合は、着心地が良くて動きやすいスウェット系のホームウェアから、カジュアルながらも外出用のシャツやジーンズに着替え、帽子をかぶり、 バッグを持って・・・と身支度をすることになります。

 ある日、みんとは眠そうにだらりん☆としていたのですが、りどみぃだけはてきぱきと片付けたり、 アイロンをかけたりと働き者をしていました。
その間、何度リビングも、2階に行ったり洗面所の洗濯機の仕上がりを見たり、台所を片付けたり・・・ とめまぐるしく居場所を移動したのですが、リビングから出て行ってはすぐに戻って来るので、みんとはついて来ようともせずに、 りどみぃの動きだけを目で追っている状態でした。

上の写真のように、ちろりん☆と歩き回るりどみぃに目をくれるだけ・・・って感じです。

 そんなみんとが、いきなりがばりっ☆と起き上がりました。
目もきらきらと輝いていますし、口も半開きで笑っています。

なんだ、なんだなんだっ?( ̄□ ̄;)!!

傍に居たりどみぃの方が、みんとが起き上がった音で驚いちゃったくらいです。
しかし、すぐにその動きの原因が解りました。
実はりどみぃはその時、アイロンがけや掃除の動きでかなり汗ばんでしまい、せめてTシャツを着替えようと、軽く脱ぎかけていたのです。

みんとは、”りどみぃが着替える=お散歩” という図式を勝手に作っているらしい・・・

私が脱ぐと、みんとの反応がすごい・・・ (^^;)うっわ~

期待に満ちた瞳の輝きでしたが、そこはあえて「違うよ~」とお茶を濁しておきました。

みんとは、「あれー??(°_。)?(。_°)?」としばらく立ったまま考えていましたが、やがてまたお昼寝モードに戻りました。

その後、1時間ほどして昼食をとってから・・・というように時間をずらした上で、”お肉屋さんに買い物に行く”・・・ という目的で外に出ました。みんとは喜んでお供してくれました。

 これからも何度もみんとの前で着替えて、「着替えても散歩に行くとは限らない」と悟らせるか、 他の部屋で着替えるか、それが問題だ・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

指示待ちする心

昨日のしつけ教室で、かなり勝手なことをしたシュナプーのみんと・・・
今日は土下座をして詫びていたので、「今後は気をつけるように」と諭しておきました。

このとーり、土下座してお詫びいたします
本当は謝ってる写真じゃないじゃないかー(じじくん談)

先生のおっしゃるには、みんとはりどみぃに対して、まだまだ緊張感が足りないそうです。

この緊張感というもの、恐怖から来るような類のものではなくて、言うなれば”指示待ちする心”みたいなものらしい。
リーダーに対して払う注意力とでも言いましょうか・・・?

そうね~そう言えば、みんとはりどみぃなんか見てないこと多いし(たまにアイコンタクトしてくる程度)、いけないと解ってることを目を盗んでやろうと繰り返しては叱られて、でもめげずにいたずらしようとしたり・・・

りどみぃの「まぁいいか・・・」とか「しょうがないな」という徹底してない部分が、みんとが好き勝手しようとする大きな原因のようです。
反省したりどみぃは、今までよりしっかりした飼い主になることにしました。

リビングと廊下のドアが開いている時は、りどみぃはみんとが勝手に出て行って玄関やらお風呂場やらをパトロールして来ることを許していました。
”ドアが閉まっている時は出て行けないけれど、開いている時は常に出入りが許可されている状態”であったわけです。

りどみぃがリビングから洗面所に行く時も、黙っていればみんとは後について来ました。
これを、今日からいちいち許可が必要な状態にしたのです。

ドアが開いていても、みんとだけが出て行きそうになった時は、「NO!」と言って呼び止めました。

また、それに気が付かずに出て行ってしまった後でも、「みんと~」と呼んですぐにリビングに戻って来ればほめますが、呼んでもすぐに戻って来なかった時は、廊下へのドアを閉めてしまい、入りたくても入れないようにしてしまいました。

この”締め出し”はほんの10秒とか30秒とかなのですが、ドアが締められる音に「あっ?!」と焦るらしく、あわててドアの前に戻って来て、その前でドアが開くまでお座りして待っています。
(ドアのガラスを通してぼんやりと姿が見えるのでわかります)

りどみぃが先に廊下に出た時も、「OK」 とか「おいで」と言ってついて来させる時と、「待て」と言って用事が終わって戻るまで、リビングの内側で待たせておくことで出てはいけない場合とを作りました。

これによって、みんとは、少しは「今度は出ていいのかな?」と一拍指示を待つようになりつつあります。

かしこーい(☆☆)

”探して”の遊び方も変えました。
今までは、みんとを廊下かリビングのどちらかに待たせておき、みんとがいない方のスペースにりどみぃがぬいぐるみなどを隠しに行き、みんとの前に戻ったらすぐに「探して!」と探しに行っていいよという意味の指示をしていました。

これを、みんとの前に戻っても、まずは前に来て座らせたり、ツケをさせたりして、それがちゃんと出来たら「探して」を言うことにしました。

みんとは探す遊びが大好きなので、「いつ許可してくれるのかな?」と今か今かとりどみぃに注意を払うようになりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

誰が呼んでもダッシュで参上

恒例の土曜日のしつけ教室、心配されていた雨も時折ぱらつく程度で、無事にお勉強することが出来たのですが、りどみぃは・・・ものすごく疲れました。(´;ω;`)

滑り出しは良かったのです。
一緒に歩く練習の時は、そんなに脚から離れず、アイコンタクトも以前よりはずっとしながら歩く・・・という感じで、みんとはがんばっていました。

しかし、それぞれのわんこ達を”横一列に並んでお座りさせ、マテをかけた後に5m程離れ、順番に一頭ずつ呼び寄せる”・・・という練習となっては、もういけませんでした。

みんとは並び順では3番目なのに、1番目のわんこの飼い主さんがご自分の愛犬に「おいで」と言った時に、つられてりどみぃの所に来てしまうのです。

だめじゃーん( ̄□ ̄;)

すかさず、元の場所まで連れ戻して、もう1度お座りさせ、待てを指示してまた離れます・・・

2番目の飼い主さんが呼んだ時も・・・動いてしまいました。
(実は3番目に成功した後、4番目の飼い主さんが呼んだ時も動きました。
つまり、全部の飼い主さんの声に反応して動いたのです。)

それでも、後から思えば、この時はまだマシだったのです。
りどみぃの所に来ていたのですから・・・

その後、呼ぶ番の飼い主さんは、犬の正面ではなく、列からは離れた場所・・・犬にとっては右斜め前から呼ぶ練習になったところ、みんとまでそちらに駆けつけて行く様になりました。

あんたが呼ばれたんじゃないでしょうがっ( ̄□ ̄;)

本当の愛犬より速く馳せ参じることもあり、練習のお邪魔をさせないようにみんとを連れ戻す&勝手に動いたから元の場所に戻すため、りどみぃはみんとが動いたのと同時に走り出さなければならず、ダッシュの繰り返しに・・・き、きつい~(> <)、

この頃になると、みんとは動いたことをりどみぃに叱られても懲りもせず、りどみぃに対してはほとんどアイコンタクトを取ってきませんでした。
あっちやこっちをキョロキョロしたり、歩いて離れて行く呼ぶ順番の飼い主さんを目で追ったり・・・

みんと~あたしはここよぉ!あたしを見てよ~(T▽T)

きつかったのは、ダッシュを繰り返して疲れる肉体だけではありませんでした。「待て」と言っているのに、それを裏切ってよそ様の元へ走って行ってしまうみんとを見ると、 精神もボロボロに疲れて行くのでした。

ああっ待てと言ったのに、なぜ動くっっっ! (ーー;)

先生のお言葉、「なんだ、みんとは~誰が呼んでも行くなぁ」。

・・・おっしゃる通りでございます。(ーー;)

尚、みんとの名誉の為に付け加えておきますと、最後の練習の”立って待て”では、さすがに繰り返し動いてはりどみぃに怒られたのが効いたのか、課せられた時間の長さだけ、動かずに我慢できたのでした。ほっ(^.^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

ひらり☆自由自在

シュナプーのみんとが先日から練習していた新技の” ひらり☆”、家の中でも外の公園でも、抵抗無く出来るようになりました。\(^^@)/

最初に宿題として出されたのが5月26日の土曜日だったので、できるようになるまで2週間弱ということになります。

”翌週までの宿題”とはいえ、出した先生が忘れていたので、一週間目には出来ていなくても問題ありませんでした。 (^^;)
一週間経っても出来る様にならないので、コツを聞いたところ、りどみぃが教えていた方法とは違うことが判明・・・その後、正しい教え方で教えたところ、もう3日目にはほぼできていました。

うーん、最初から正しく教えていたら、もっと早く出来たかも・・・
でも、ゆっくり高さについての抵抗感を失くして行ったから出来たのかもしれないし、結果オーライです。(^o^;)をほほほほ

ひらり☆と跳んで抱きつけるのは楽しいのか、成功後のごほうびのチーズがうれしいのか、みんとは喜んでやります。

とはいえ、体力はいるらしい。
公園に到着したばかりの頃は軽々とやってくれますが、お友達わんこと走り回って息が上がってからは、やってくれません。 (ーー;)ケチ~

トリミングからわずか5日目、もう眉毛がもこっ☆っと立ち上がって来ました。口の周りも盛り上がって来たし、すっきりとビロードのようだった背中や胸、頭の上などもくるくる巻き毛っぽいウェーブが出始めました。
毛が伸びるのは早いものですねぇ。
今回は、口の周りと目の上がとても白くはっきりしています。

(∩.∩)にこってしているみたいで、なんかおかしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

楽しいクリッカー教室

木曜日、クリッカーのお教室がありました。
所によってにわか雨が振ることもあるかもしれない・・・という天気予報ではありましたが、家を出る時には真夏日とも言える暑さで、半袖のTシャツでちょうど良い位でした。

道はすいていて、開始時間より20分程度早く到着したりどみぃとみんと・・・ロングリードにして、お勉強前にだらだらと遊んでいました。

気が済むまで匂いを嗅いだり、水を飲んだり、”来ましたちっち”(マーキング?)をしたりしていたみんとですが、ふと、物問いたげにりどみぃの足元に来て見上げました。

むむ・・・この表情は・・・

「みんなが来ない・・・」

そうです、以前クリッカー教室が行われていた別の公園で遊んでいた時と同じ様に、みんとにとっては「ここは、みんなとお勉強したり遊んだりするところ」という認識がしっかりとされていて、他の御友達わんこが姿を現さないのは異常事態なのです。(^^;)

みんとは、ここでもみんなを待ってたんだねぇ(・・;)

なんだか犬の心が覗けた様な気がしました。
また、そのみんなが来ない不思議さを、りどみぃに問いかけて来るところが、嬉しいじゃありませんか!

「みんと、大丈夫だよーみんな来るよきっと。まだ時間じゃないからね」と説明しているところへ、 パピヨンのココアくんがママと登場

みんとは喜びのあまり突進し、ココアくんは驚いて思わずキャン☆と鳴いてしまいました。いやはや、申し訳ない・・・(^^;)

ココアくんは、みんとがパピーパーティにお邪魔していた頃からのお友達で、言うなれば幼馴染です。
クリッカーも土曜日のしつけ教室も御一緒しているので、週に1,2回は会えていることになり、とっても仲良しで微笑ましいのでした。 (*^^*)

その後、チワワのクッキーくんとママゴールデンレトリーバーのピーナッツちゃんとママ、先生とその3頭のわんこたちも集い、楽しくお勉強しました。

クッキーくんのカメラ目線の写真も撮らせていただいたのに、りどみぃの腕が未熟で手振れしておりました。 (^^;)
あのラブリーさを、いつかまたご紹介したい・・・
チャームポイントのくりくり☆おめめがパッチリ見えてない一枚ですが、姿がカッコイイのは解っていただけるかと思います。

ピーナッツちゃんについても、頭部分がフレームから出ていたり、ぜんぜん可愛いところが紹介できるショットをものすることが出来ませんでした。
ううっ、未熟者のりどみぃが憎い。(´;ω;`)ウッ…

さて、お教室のお勉強が始まると、昨日の散歩の時にはあまり言うことを聞かなかったみんとが、ちゃんと指示通りに待ったり、つけをしたり、かなり真面目にやっていました。
風が強くて気が散りやすい日だと言うのに、偉いじゃな~い!

お教室の終わった頃に合わせて、ダックスのさくらちゃん、小太郎くんのママが、先日生まれたばかりのさくらちゃんの赤ちゃんたちを見せに来てくれました。

ママになったさくらちゃん、ちょっとほっそり。
4頭生まれたので、お乳をあげるのも大変みたいです。お産の為にお教室をお休みしているのに、相変わらずアイコンタクトばっちり☆ですばらしい。(☆☆)いいな~

パパの小太郎くんの写真を撮らせていただくのをうっかりしました。(^^;)
いやはや、生後20日のちっちゃいさんたちに目が釘付けで・・・

小さいねぇ、可愛いねぇ(*^^*)

ワクチン接種前なので、みんとたち成犬と接触させることは出来ず、見せてあげることはできませんでしたが、さくらちゃん家に何頭か残るそうなので、もっと大きくなったら一緒に遊ぶこともできるでしょう。

みんとは、自分より月齢が若いわんこにでも、へりくだってご挨拶をするのですが、この子たちにはどうかな?
少しはおねえさんぶるかな?
その日が今から楽しみになりました。

みんな元気に大きくなってねー\(^^@)/

お教室から帰宅すると、みんとは疲れてぐーぐー寝ます。
りどみぃも暑かったので疲労感が・・・ちょっと寝ましょう・・・
くまちゃんもぶたちゃんも一緒にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

ビクターの犬

何ゆえかはいまだに不明なのですが、3日ほど前から、みんとがよく行く公園で、夕刻になると朗々たる民謡(?)が聞こえるのです。

広い公園なのに、みんとの友達わんこココアくんのママのよれば、「公園の反対側の端からも聞こえた」とのこと。
アカペラの男性の声で、節回しも見事だという以外はどんな方が唄っているのかも不明、りどみぃも不思議に思って聞いていました。

それでも、河川敷でトランペットの練習をする若者がいるように、広い公園だけに、毎日歌うのに練習場所として選んだのかな?位に思っていました。

みんとや友達わんこたちが遊んでいる時間を考えると、1時間くらいは歌い続けていることになります。

ふむ・・・(・_・)

りどみぃは、ある日、みんとと公園から帰る時、わざと歌声のする方の道を選び、どんな方が歌っているのかを確認しながら帰ろうと思いました。

さて、声を頼りにそちらの小道を選んでみれば、初老の男性が、木々の間からその下の方に広がる広い公園の新緑に向けて、近くで聞いても見事な声で、歌っていました。

りどみぃは、その方の背後の小道をそのまま通過しようとしたのですが、みんとが1mほど手前で立ち止まり、動こうとしません。

あれー?っと思ったりどみぃが、リードをくいくい☆っと引くと、2,3歩前進してから、お座りしてしまいました。
そして、その男性の斜め下から不思議そうに見上げて、声に聞き入っていました。

ちと、その瞬間の写真は取り損ねたのですが、似たような雰囲気で↑

お座りして、小首をかしげたこのポーズは・・・

おおっビクターの犬だっ(゚O゚;)

ビクター・JVCのビクターマークってあるじゃありませんか。
イギリスの画家フランシス・バラウドが描いた絵が元になっていて、フランシスの亡くなった兄でもある、犬の本来の飼い主だったマークの蓄音機に録音されていた声を、小首をかしげて聴いている・・・あれです。

思えば、りどみぃだってじじくんだって民謡なんて歌えないので(難しそうだ)、みんとの場合は、民謡を聞くのは初めての経験でした。

話し言葉でもなく、犬の鳴き声でもなく、楽器のメロディでもない音は、さぞかし不思議に聞こえたんでしょう。

みんとがじーっと男性を見つめている視線を感じたのか、ある節を歌い終えたその方が振り向くようにして、みんとを認めました。
みんとは、その途端に、ちぎれんばかりに尻尾を振っていました。

「あれっ?」っという顔をなさったので、りどみぃが「お歌を聞かせていただくのは初めてなので、聴いていたかったようです」とご挨拶しました。(^^;)

「それはそれは・・・大きな声ですみませんでしたね」とその方は笑い、みんとに微笑みかけてくれました。

「よいお声で、聞き惚れていたようですよ(*^^*)」とご挨拶し、お邪魔になるといけないので、その場を離れました。

みんとは、なんだか納得したようで、おとなしくりどみぃに従って、公園を後にしました。

ビクターの犬のように、じーっと聞き耳を立てるように小首をかしげていた姿・・・なかなか興味深い姿でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

参加することに意義がある

みんとが良く遊びに行く公園は、自然がいっぱいで、お花も次々に咲く、季節感あふれる公園です。

みんとが公園デビューした頃から、お散歩に来るいろいろな犬種のわんこに仲良くしてもらい、犬同士の戯れなど、微笑ましい姿が堪能できるのでした。(´`)うっとり

今日は楽しい、シーンが激写(?)出来たので、ご覧に入れましょう。

この賢い三頭と言ったら!
ジャックラッセル・テリアのジャックくんとビアンちゃんとミニチュア・ピンシャーのカカオくんです。
ジャックのお兄ちゃんによって、我慢大会が催されています。(^^;)

ベンチの上に置かれたささみ(?)を前に、「待て!」を指示されて、ちゃんと待っている・・・すごいわぁ(☆☆)

あ、この時、みんとが何をしていたかと言うと、ちょっと離れた場所をうろうろ☆していました。

この後、「よし!」の指示で、1個のささみに三者三様の反応を・・・

カカオくんは、ベンチにひらりと飛び乗って、パクリと賞品をゲット!
反射神経がすばらしい!

ジャックは、「きっとくれる」と信じていたのか、お兄ちゃんへのアイコンタクトを外しませんでした。
周囲の動きで、ベンチ上を見ると、ささみが無くなっている事が判明、「ん??(°_。)?(。_°)?」っといぶかしんでおりました。

ビアンちゃんは、ちょっと目を離した隙にカカオくんがゲットして食べてしまったのに気が付かず、何度もベンチの上をくんくん☆嗅いだり、「下に落ちてるかな?」とベンチの下を捜したり・・・と、愛らしい仕草を見せていました。

次の機会には、みんとも参加させてもらいました。
後から、みんなと同じ方向を見ていますが、りどみぃは、みんとがベンチ上のささみの存在に気が付いているとは思えない・・・ (^^;)

で、でもっ、参加することに意義があるよね。

案の定、「よし!」と許可が出ても、みんとはぼーっと見ておりました。
その後、ベンチの上の匂いを嗅ぐ事もあまりしないことを考えると、みんながなぜ待っていたのかさえ、理解していなかったようです。

それって、付き合って待っていただけ?
・・・いいけど・・・付き合ってただけでも・・・(ーー;)

内におやつを入れることが出来る、ロックンロールコング(商品名)を投げると、ジャックくんとビアンちゃんが仲良く取り合いの遊び(?)をします。

どちらも体格も似てるし、遊び心も同じ様なので、本気の喧嘩ではなくて、「ちょーだいっ」「僕のだよ!」的に楽しんでいるようです。

みんとが最初、この状況に遭った時は、喧嘩しているのかと思って、「やめなよっ!」っとばかりに鳴いて、平和を訴えておりました。(^^;)ええ子や

しかし、これが平和的な遊びだと解ってからは、楽しそうなので、近くに行って気分だけ参加しています。

きっと、テリアの血が騒ぐのね・・・(´`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ひらり☆とね

 5月26日土曜日のしつけ教室で出た宿題、”跳び上がるみんとを抱き上げる(?)”技ですが、りどみぃは、 みんとは上下運動に慣れていなかったので、まずは段差に対して抵抗感が無くなる様に教えることにしました。

・・・が、実は跪いて、そこに犬が来たらほめる・・・という方法で教えて行くらしいです。(^^;)

ま、正しい教え方は置いといて・・・だって知らなかったんだもんね~

 ダイニングテーブルの椅子に飛び乗れるになったので、 もう少し高さを出す為に、座面に座布団を置いてみました。

まずは一枚。

あら、やるわね。それじゃもう一枚・・・

 どうも高さに対する抵抗感は計画通りに無くなったようで、この頃から、 勝手にソファーに上がったり、このダイニングテーブルの椅子が出しっぱなしだと、その上に上がったりするようになりました。

やると思った・・・ (-"-;)

というわけで、見つけ次第「下りて!いけない!」と言って手を下にサッ☆っと振ってみました。

最初は「はてな?(°_。)?(。_°)?」となっていたようですが、 りどみぃがみんとの体を押しやって下ろしている内に、手振りだけでも、言葉だけでも自分で下りる様になりました。
また、そういう機会を持たせないように、ソファーの上に大きなバスケットを置くとか、テーブルの椅子は必ずテーブルの下にしまう等して、” 指示した時以外はのる機会を作らない”ようにもしました。

 ”椅子じゃないと上がれない”様になってもいけないので、屋外研修の機会を作りました。
いや、なんのことはない・・・散歩に行った時に、何か小高い物があったら、飛び乗るように指示してみただけです。(^^;)

切り株にも自力で飛び乗りました。低い方からですけど・・・
低い方は、りどみぃの膝上程度の高さです。

切り株は、座布団2枚重ねに比べれば低いのですが、 いろいろな素材の上に乗る経験を積ませるのが大切かと思われます。

なので、石のブロックにだって乗っちゃいます。切り株に比べれば、こんなの簡単?

狛犬さんみたいね(じじくん談)

合図として、上に乗って欲しい物に向けて手をサッ☆っと振り下ろす様にしていましたが、 言葉ではなんと教えようか・・・というのが思案のしどころでした。

「ジャンプ」は、ハードルやグレーチングを跳び越す時、 水たまりをよけて欲しい時等に使っている言葉なので、これは使いたくない・・・

「おいで」は、離れている犬を呼び寄せて、足元に付けたり、前でお座りさせる時に使っている言葉なので、 これも使いたくない・・・

「アップ」とか、将来、階段を上がる時に使いたいので、これもダメ・・・

「乗って」がいいかな?と思っていたところ、自分で合図をしながら「はい、乗って!ひらり☆と!」 と呼びかけていることが何度かあり、いつの間にかみんとには「ひらり☆」で通じるようになってしまいました。(^^;)

ということで、みんとのこの技は”ひらり☆”に決定。

ちなみに、正しい教え方を習ってきた後、跪いた状態で「ひらり☆」と言うと、 みんとが抱きついて来るようになりました。
宿題を出されてから、一週間目のことです。

正しい教え方だと、習得も速そう・・・さすがですわ、先生。(゚O゚;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

みんと肥満説は払拭できるのか?!

 昨日で1歳2ヶ月を迎えたシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんと、 本日はかねてから予定していたトリミングに行ってきました。

前回のトリミングでは、茶色い犬になって戻って来ましたが、 今回は如何に?・・・だって毎回結果が違うから~(^^;)

ちなみに、これがトリミング前日、昨日のみんとです。

 みんとの場合、トリミングは、動物病院併設のサロンでお願いしています。
今回は、先日真ん中くんに噛まれちゃった傷が目頭付近にあったので、 (もう傷としては治っているのですが)毛が線状にハゲている理由をトリマーさんにお話しておこうと思って行きました。
しかし、既に先方で診察の際のカルテが用意されていて、それを参照した上での状態確認となり、安心な上に楽々でした。

 この時、体重測定もあるのですが、今回はどれ位か・・・?
りどみぃはちょっとどきどき☆しておりました。
最近、”みんと肥満説”がささやかれていたからです。

 みんとは、以前はドライフード50g(大さじ5杯すりきり)と大さじ1杯のレトルトパックのフードという組み合わせで完食していました。

4月中旬にお腹の調子を崩したことがあり、 それ以降はドライフードの割合を大さじ1杯から徐々に増やして行き、以前と同じ食事内容に戻そうとしていました。

この時にドライフードと手羽先の組み合わせで毎日食べさせていたところ、一時は5. 65kgをマーク!

ひょえ~(^^;)

でも、いきなりドライフードを多めの割合にすると、うんちがナイスではなくなり、体重も減ってしまうのも経験、 ここはお腹の調子を整える方が優先順位かと思い、ドライフード+ささみ& 手羽先&胸肉の生活は2週間ほど続きました。その間、5.65kgという体重は2回記録されました。

このまま6kg位の犬になるのか?と思っていた頃、お腹がすっかり良くなって、鶏肉生活は終わり、以前と同じ食事内容に戻りました。

ところが・・・成長期が終わったのか?食べる量が以前より減ったのです。
3杯・・・ 多くても3杯半+レトルトパック大さじ1になりました。

それ以上の量を与えても、満腹そうに残してしまうのが続き、もう4月上旬まで食べていた大さじ5杯という量には戻さないことに決定。

実質的に生肉よりはカロリーも減って、量も減っているから、5.65kgからは減っているのではないか?と思ってはいましたが、 毛が伸びるに従って、お散歩の時に「みんとちゃん、太った?」とか「また大きくなった? 」などの声がかかっていました。

いえ・・・ 毛が伸びただけですぅ(^^;)

りどみぃとしては、アジ・ オイル臭くなった時に洗った際、ふわふわ☆なのが濡れるとほっそり・・・というのを見たばかり、 全然太っているとは思わなかったのですが、じじくんにまで「ちょっとダイエットさせた方がいいんじゃないか?」などと言われてしまいました。

「で、でも背骨も触れるし、上からボディを見るとちゃんと両脇くびれてるし・・・(^^;)」と抗弁しつつ、 ちょびっと不安になってしまいます。

じじくんなら、これまでの経験から言って、カットしたり濡れたりすれば、いきなりほっそりした実体が現れることは知っているはずなのに、その人が”みんと肥満説” とも取れるアドバイスをするとは・・・(-"-;)う、う~ん

そして、運命の体重測定・・・!
結果は、5.5kgでした。

トリミング前で首輪&リードを付けたままで5.5kgだったことで、みんと肥満説は払拭されたのです!

すっきり☆とカットしていただいた後の、スリムなみんとさんをご覧下さいまし。このプロポーションが証拠です。

みんとは太ってないっっっ! (^^;)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

ぶたちゃんのこと

ペティオの商品「あごまくら 安眠ブタ」というのがありまして、これがシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのお気に入りです。
そら~もう、お腹がいっぱいの時には、貴重な手羽先をあげちゃうくらい、愛しているようです。(^^;)

最初は、りどみぃが子犬の育て方について書かれている本に、”子犬はきょうだいから離されて寂しいのです。身を寄せることができるような、大き目のぬいぐるみを与えると安心して眠ります”という主旨の記述があり、「ほ~それでは何か買ってやろうかね(・_・)」と思って買い与えたのでした。

子犬さんの時のみんとは、ブタと似たり寄ったりの大きさ・・・
なのに、狩の本能は失われておらず、喉笛にかぶりつくと、首を左右に8の字に振ってとどめをさす練習をいたします。 こわっ(^^;)

この積極的に獲物をしとめるところは、小動物を狩るように作られたミニチュア・ シュナウザーの本能(*1)であろうか・・・?

*1 ミニチュア・シュナウザーのお仕事は、牧場に出没する野ネズミや馬小屋に現れるネズミなど、害獣としての小動物を狩ることだったそうな。
目の上の眉毛のような毛は、ネズミ等からの攻撃から目を守る為・・・とか。
”窮鼠猫を噛む”・・・ならぬ、噛まれたシュナウザーもいたんだろうに、捨て身のネズミに立ち向かうとは、勇敢。

でも、ぶたちゃん(我が家での固有名詞)としては、死んだふりして、されるがままでいるしかあるまい。
あごまくらという商品ゆえに、お腹にぴーぴー☆鳴る笛が仕込まれていないのが、まだしも救いと言えましょう。(鳴ると鳴き声のように感じて、余計に興奮して噛むと思われます)

家の中で、りどみぃがボール投げのように「ぶたちゃん、取って来ぉーい!」と叫びつつ放り投げれば、喜び勇んで走り寄って持って来る・・・

すごいじゃなーい。(゚o゚;)

自分と大して大きさの違わない大きな獲物を、 がぶり☆とくわえて運ぶこともすごければ、 ちゃんと持って来るのもすごいことではなかろうか?

子犬なのに、既にレトリーブ(回収)の才能があるとは、父犬トイ・プードル(*2)の血筋ゆえ?

*2 トイ・プードルのお仕事は、猟師が撃ち落した水鳥を、回収して来ることだったそうな。池や湖に落ちた鳥でも、泳いで行って取って来てくれるという、ありがたさ。

こうして、ある時は獲物、ある時は寝る時の友として、 ぶたちゃんはみんとの大切な存在になっていったのでした。

そんなぶたちゃんは、みんとが噛むので、段々と汚れて真っ黒になります。

素材がパイル地なので、それも歯がはむはむ☆と噛みほぐすことによって伸び、スリムだったぶたちゃんのプロポーションは、ずんぐりむっくり☆して行きます。

ある程度汚れが目立つようになったら、りどみぃが洗濯ネットに入れて、洗濯機で丸洗いしてしまいます。
洗濯機から取り出して干そうとすると、脚にすがりつくようにして「ぶたちゃんを返してっ」とアピールするみんと・・・ 毎回のことです。

あのね、 まだ湿ってるからダメなのよ~ (ーー;)

何度も洗っている内に、ほころびてきました。そこで、2代目ぶたちゃんを購入。
この頃は、ブタの他に、同シリーズでカバとかカエル、形違いでゾウサルなどもありましたが、みんとにはカバがあまりウケなかったので、以降は我が家ではブタ以外は買わないことにしました。

最初は初代のブタがボロボロになった時の為に買った2代目ですが、洗い換えとして両方をかわりばんこに与えていたところ、思いのほか破けずに、今でも遊べています。

よくする遊びは、1匹のぶたを持っているみんとと、「交換♪」と言って、 もう一方のりどみぃが持っているぶたと交換をする遊びですが、みんとは、常にりどみぃが持っている方のぶたを欲しがるので、 魔の永久運動になります。 (ーー;)

あげくには、2匹のぶたを独り占め・・・
欲ばりみんとちゃん、それっていけないわぁ。

二豚を追うものは、一豚をも得ずってことわざ、あったでしょ?
あ、あれは豚じゃなくて、兎か・・・( ̄□ ̄;)!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

オリジナル・バッグ完成なれど

先日から手がけていた、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとの写真を使った オリジナル・バッグが完成しました。\(^^@)/めでたいっ

持ち手は、最初に用意したナスカンを使って・・・ではなくて、既製品の35cmの皮の持ち手を使いました。

ファスナーを開閉する時につまみやすいスレダー部分に、犬にちなんで(^^;)スヌーピーの野球姿のストラップのチャームをつけました。
これは食玩です。

らぶり~☆なみんとの写真をアイロン・プリントして作った、親ばか丸出しのミニ・バッグですが、やはり第一作目なので、改善の余地が多数ありました。

まず、仕立て全体に言えることですが、りどみぃはバッグ裏面をピンクのデニム一枚布にしたので、自分としてはかなり硬い布を使ったつもりでした。

しかし、出来上がってみると、デニムではまだまだ軟らかかったと思います。中に財布や携帯電話を入れたいなら、 帆布くらいの硬さがあった方が、しっかりした出来上がりになって、 使いやすかったように思います。

(床の上に置いて写真を撮ろうとしていたところ、みんとがお鼻をぐいぐい☆押し付けて来ました。・・・なんの意味があるのやら?(^^;))

今回、りどみぃは苺のプリントで外表に内袋を作り、ファスナーやDカンをつけた後の本体にまつり付けることで、バッグの内側をスッキリ仕立てました。

なんとか出来上がりはしたものの、アイロン・プリントをした布は手縫いには向かない、織目がつんだブロードだったので、この部分は手縫いでファスナーを付けるのにも、内袋をまつり付けるのにも苦労しました。

最終的には、表面と裏面が四角い布である状態の内に、ミシンでファスナーを先に付けてしまう仕立て方にした方が、もっと楽だろうと思いました。

これはこれとして、りどみぃは今後もみんと・オリジナル・グッズを作るべく、アイロン・ プリントの最近の事情を調べに、家電店の売り場に行って、数種類を選んで仕入れてきました。(^^;)

今回りどみぃがバッグを作るのに使ったのは、10年位前に展示会に行った時、「もうすぐ商品化しますので」というコメント共に、プリンターを展示していたCanonのブースがくれたサンプルだったのですが、時代は流れ流れて、 メーカー数も商品種類も多々あることが解りました。

商品名としては、「アイロンプリントペパー」とか「アイロンプリントシール(プロ仕様)」とか「布プリ」などなど・・・

りどみぃが失敗しかけたような剥離タイプ(高熱で貼って、熱い内に剥離紙をはがす)だけではなくて、冷めてから剥離紙をはがすタイプやら、プリンターに直接入れて紙送りと同じ様に印刷をした後、乾燥してから水洗いし、アイロンで定着させるタイプやら、いろいろと工夫されていました。

用紙のサイズも、Lプリントからはがきサイズ、A4まで様々です。

アイロン・プリントした部分が、ごわごわに硬質にならないしなやかなタイプは、ナイロン地のジャンパーやポロシャツなどにもOKとか、洗濯してもひび割れないとか、日本のテクノロジーはすごいわぁ(☆☆)

これら最新(?)のアイロン・プリントアイテムを使って、こーんな可愛い♪みんとの写真を生かした巾着など、オリジナル・グッズの手作りは続きます。d(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

笑点大喜利での晴れ姿?

重ねられた座布団は、みんとが笑点の大喜利で獲得した・・・わけではなく、単に椅子の代わりです。

でも、あと5枚集めたらハワイに行けそうな・・・無理か。(^^;)

ちょっと顎が上向きで、見ようによっては誇らしげにも見えますが、これは単にバランスを取っているだけかと思われます。
座布団の中心に重心を置くことが大切で、前か後にずれると、山が崩れて転げ落ちそうになるから。

みんとがなぜこんな座布団の山に乗っているかと言うと、先日のしつけ教室で、 宿題が出たからなのです。

飼い主が軽く膝を曲げて立っている状態で犬に合図を送り、犬がその足を踏み台にして胸元に跳び付いて来る・・・飼い主はそれをすくい上げるようにして抱き上げる(抱きとめる?)・・・というです。

うーん、ここまで難しいと、芸というより技と言ってしまうアタクシ。(^^;)

りどみぃは、これまでしつこく、みんとに跳び付かないように教えて来たので、大丈夫だろうか?と思ったのですが、先生は「許可した時だけ跳びつくと教えればいいんだから大丈夫」とおっしゃいます。

な、なるほど~理屈は理解しました。しかし、それをみんとが理解してくれるまでは険しい道のりになりそうな予感がします。 (^^;)←弱気

家での自主トレは、クリッカーを使って始めました。

いきなり丸太のようなりどみぃの太ももに乗るのは安定が悪そうなので、まずはちょこっと高い所に跳び上がって乗ることに慣れてもらいましょう。

そこで、座面が高さ37cmのソファーの近くに呼び寄せて、座面を手で指示してみました。
ごほうびを指でつまんで動かすことで誘導し、飛び乗ることに成功。カチ☆

数回繰り返すと、りどみぃが手でひらり☆と合図をするだけで、飛び乗るようになりました。この高さに対しては、克服したようです。

次に高いのはダイニングテーブルの椅子だったので、それに乗る練習をしました。これもすぐに乗れるようになりました。

この椅子にりどみぃが座って、その膝の上に乗るように練習させようと思ったのですが、肘掛部分がぶつかりそうで怖いのか、りどみぃの太もも分高くなるのがイカンのか、乗ろうとしません。

恐怖を覚えるほど、太くてごめんねっ(-"-;)

ここで、座布団5枚重ねの術です。
座布団5枚の高さは、ダイニングの椅子よりも低いので、簡単に乗れます。

まずは”座布団のみ”の上に乗る練習をして、その後、座布団の上にりどみぃが腰掛けて、そこに飛び乗る練習をしました。

ダイニングの椅子と違って肘掛などが無いせいか、りどみぃの膝の上に飛び乗ることが出来ました。

どかん★と5kgの衝撃がきつい・・・

これを立ったまま抱きとめるなんて、りどみぃに出来るだろうか?(^^;)
とりあえず、一日目の練習終了。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »