« ボールキャッチ屋外研修 | トップページ | みんとの辞書に警戒の文字は無い?! »

2007年5月23日 (水)

自力でアジ・オイル?

 この写真をじじくんが撮ってくれた時・・・みんとは、既に臭い犬でした。

だって・・・誰に想像できたでしょう?
このシロツメクサ(クローバー)の可憐な花の下に、
くっさい(-"-)魚の残骸があるなんて・・・?!

おニューの10mロング・リードが災いして、みんとに、みみずと同じことをされてしまった時、 止めるのが間に合わなかったのです。

 今回も、最初にみんとが仰向けになってごろんごろん☆と転がった時、「ふふふ・・・可愛い奴。 草の感触がたまらないのねぇ(*^^*)」なんて、のんきに思っていたのです。

しかし、みみずの時と同様に、次の瞬間気がつきました。

これは怪しい!あの悦楽に満ちた動きは、におい付けの動きです。

あわてて「やめなさーいっ!」と声を上げつつ、手元の10mのリードをたどる姿は、 大物一本釣りの漁師が獲物を釣り上げる時のような、すばやい手さばきでの糸のたぐり・・・

・・・でも10mは長過ぎた・・・りどみぃがリードをぴん☆と張って引いた時、 既にみんとの背中や脇腹には、目には見えねども、臭い物質が擦り付けられていたものと思われます。ええ、十分に。(´;ω;`)

りどみぃがリードを引いても、みんとは仰向けのまま、すすすーっと草の海の上を滑って来るのみでした。

ああ、 これは魚河岸で冷凍マグロが引きずられて移動されているのに似ている・・・

みんとがじじくんとりどみぃの足元に来た時、ぷ~ん★と臭い風が吹き抜けて行きました。臭いの元は、みんとです。( ̄□ ̄;)

何が臭いの元だったのかは、ふんわりと丈が伸びてしまったシロツメクサに被い尽くされて不明でした。
でも、魚の干物が傷んだ様なにおい・・・それも、りどみぃの経験上のデータから推し量るに、魚の種類はアジではないかと思われました。

考えられるのは・・・

  1. ここいら辺に棲む野生の猫に与えられたキャットフードの残骸が暑さで傷んだ
  2. ごみ集積所に捨てられていたアジの干物の食べ残しを、カラスが失敬して持ち込み、放置した
  3. 魚系のフードを貰った犬の糞を、飼い主が拾わないで放置した

これらの理由のどれかではないかと。
1、3の場合だと、アジではなくてマグロとかかなぁ(; ;)

みんと・・・そりゃーりどみぃは、「つやつやになろうねっ」って言ったよ。
でも、自力でアジ・オイル塗ってくれとまでは頼んでない。(>_< )( >_<)

 この場で、「家に帰ったらお風呂場直行!顔は濡らさないようにするけれど、 身体はシャンプーします!」と宣言されたのも、自業自得というものです。
みんと大好きじじくんをして、 「みんとの風下にいると臭いっ(-"-;)」 と言わしめたのですから・・・

くなったのが、 そんなにうれしいのかっ!?

 

|

« ボールキャッチ屋外研修 | トップページ | みんとの辞書に警戒の文字は無い?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/6519788

この記事へのトラックバック一覧です: 自力でアジ・オイル?:

« ボールキャッチ屋外研修 | トップページ | みんとの辞書に警戒の文字は無い?! »