« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

愛していないからコンタクトしない・・・

アイ・コンタクトって言葉がありますが、みんとはりどみぃに、 目もくれないので、”アイ・コンタクトしない犬”ってことになります。
みんとはアタシを愛してないのね?愛してないから、コンタクトしてこないのね・・・

こんなにラブリーなアイ・キャッチの写真は、カメラを構えたじじくんを見ているのでもないし、カメラの後のりどみぃを見ているのでもなくて、りどみぃが持っている音が出るおもちゃとか、美味しいおやつだとか、そういう目が釘付けになる物を見とるのです。

子犬さんの時、名前を覚えさせるのと同時に、飼い主を見ればいいことがあるよと教えておくのが大切なのは知っていたのですが、りどみぃはミスをしました。

子犬のみんとはころころ☆としていて、何をしても可愛いので、結構厭きずに眺めていましたし、みんとが嫌がることも一切しませんでしたし、アイ・コンタクトの練習も今よりやらない位でした。

おまけに、その役割をじじくんにさせてあげたのです。

みんとに一瞥もされないのは、思い返すとこれが原因の大きな部分ではないかと思われます。

みんとが子犬さんだった頃(今でも生後10ヶ月程度なので、子犬ではあるけれど)、じじくんはお仕事からの帰宅が遅いので、みんととのふれあいの時間を持つことがほとんど出来ませんでした。
これではみんとの人気者になれません。
そこで、当時のみんとの一番好きなご褒美の、シカのジャーキー(5mm角)は、じじくんが帰宅してアイ・コンタクトの練習をする時にしか貰えないという事にしました。

シカは匂いが強いこともあり、みんとはじじくんが名前を呼ぶ度に、じじくんに熱い視線を送っていました

じじくんに関して言えば、アイ・コンタクト作戦は大成功だったのです。
今でも、みんとはじじくんが大好きです。ほとんど家にいないし、散歩も連れて行ってくれないのにね・・・

ところが、りどみぃは自分がみんとにアイ・コンタクトさせる練習をする時には、このシカ・ジャーキーを使いませんでした。みんととしては、「じじくんを見るとすごく美味しい物がもらえる。りどみぃを見てもあんなに美味しい物はもらえない。 見なくてもいいや。」と思ったのか・・・?

20日のしつけ教室で、先生にみんとがりどみぃに対してはアイ・コンタクトを全然しない点を指摘され、りどみぃはアイ・コンタクトを改めて熱心に練習することにしました。
と同時に、気が付いたのです”みんとは先生やじじくんにはアイ・コンタクトしっぱなしなのに、りどみぃのことは見ない”と。

りどみぃのアイ・コンタクト強化週間が始まって10日が経ちますが、以前に比べると、みんとは自分からアイ・コンタクトを取ってくるようになりました。効果アリです。
そして、アイ・コンタクトを取るようになるのと同時に、「おすわり」の要求に応じる速さは速くなり、引っ張らないで歩く歩数も多くなってきています。

すごいぞアイ・コンタクト!なんて素晴らしいんだ、アイ・コンタクト!

みんとは、りどみぃがそこにいることに、やっと気がついた・・・って感じ・・・(感涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

みんとが死んだら恨むぞよ

名前:みんと
種類:シュナプー(トイ・プードルの父とミニチュア・シュナウザーの母)
月齢:もうすぐ10ヶ月

笑っているお顔がらぶり~♪なおとぼけわんこ

 りどみぃの同居人のじじくんは、こよなくみんとを愛していて、「仕事から帰って来るのが楽しみになった」 (なった?!それまでは楽しくなかったのか!りどみぃの立場は・・・(゚O゚;))と公言してはばからないのですが、ちょっと前の朝、こんなことがありました。

前の晩に帰宅した時、じじくんは着ていた物を適当に脱いで、ソファーの背もたれ部分などにかけておいたようです。一刻も早く、楽な服装になってみんとと遊びたい気持ちの現れでしょうか・・・?

翌朝、りどみぃが朝食中に、みんとがちゃっかりとそのソファーの上に前肢をかけて背伸びをし、ウールのカーディガンを引っ張り下ろして、はむはむ☆と噛み始めたのを発見、「いけない!オフ!」と声をかけて取り上げ、届かない所に置きました。

さて、後刻、それを着て出かけようとしていたじじくんは、 「あっボタンがないっ!」と叫ぶことに・・・
Vネックのカーディガンの前をとめるボタンの一番上が糸だけを残して無くなっていたのです。

「あらま・・・」とのことで、ふと床を見ると、かけらを発見しました。
このボタンは、4つ穴で、直径が18mmの物でしたが、それが割れて落ちていました。

もちろん、犯人はみんとです。
そんなところに置いておいたじじくんが悪いんです。

それはさて置き、じじくんの狼狽ぶりといったら・・・!

りどみぃとしては、穴が空いているボタンであること、普段食べているおやつ類やみんとが生産するうんちの直径(^^;)などから推し量って、まるごと1個でもないし、窒息も腸閉塞も無く、通常通りに出てくるのではないかと考えました。
様子を観察して、水の飲み方その他に変化があるようなら、すぐに動物病院に連れて行こうとは思いましたが、元気に遊んでいるので、まったく問題無く見受けられました。

じじくんは、「これは動物病院でレントゲンを撮ってもらって確認しないとまずいのでは?!」と具体的な算段を始め、当のみんとはその足元で元気に「あそぶ?」と尻尾を振りつつ、じじくんを見上げておりました。

りどみぃ「大丈夫だよ」
じじくん「本当に?」
りどみぃ「大丈夫!」
じじくん「・・・そうかなぁ・・・」

上記の根拠を挙げて、りどみぃは大丈夫だと強調したのですが、じじくんの”みんと愛してやまない魂"は、救われなかったようです。
りどみぃへの不信感と共に口走った言葉は、

「そんなこと言って・・・みんとが死んだら、恨むよ・・・(- -)」

(ひえ~っそこまでおっしゃいますかっ!(O.O;)(o。o;))

「大丈夫だってばっ!」←ほとんど喧嘩腰の強調

じじくんは、それでも首をひねりながら違うカーディガンを着ることにして、のろのろと出勤の身支度を整えていましたが、その肩の辺りには朝だと言うのに哀愁が漂っておりました。
「りどみぃは大丈夫だって言ってるけど、りどみぃの言うことは当てにならないよな・・・とはいえ今日の仕事休めないからなぁ、でもちょっと遅れて行く事にして動物病院に連れて行こうかなぁ」
そんな心の声が聞こえてきそうだわさ。(-"-)

しかし、かけらはどこに行っちゃったんでしょうねぇ~飲んじゃったのかなぁ・・・と床の上を注意深く探すと、じゅうたんの色柄にまぎれつつも落ちているかけらを発見。

 これで、もし飲んでしまったとしても、残りのかけらはかなり小さい可能性が高くなります。 ちょっと安心。

 やがて、カーディガンを噛んでいた現場からかなり離れた場所で、残りのかけらが落ちているのが発見されました。
取り上げた時には口の中に入っていた模様。「食えん。ぺっ」ってことで吐き出されたのかと思われます。

かくしてボタンのジグソーパズルは完成し、歯の跡ででこぼこになったとは言え、1個の円い形状を取り戻したのでした。

これを見て、じじくんも安心し、心置きなく出勤して行きました。

やれやれ・・・(ーー;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

日々の過ごし方でしつけ教室の日が決まるようだなっ

みんとが毎週、毎週しつけ教室に通っている内に、その時にどれだけりどみぃの言うことを聞くかには、前回からその日までの一週間をどのように過ごしてきたかが関わりがあるように思えてきました。

つまり、散歩を訓練の時間として、毎日積み重ねるような時間の過ごし方をすれば、服従が入ってきて、 しつけ教室の日も結構言うことをきく・・・ということです。
りどみぃの立場は、"この人ってアタシのリーダーなの? "程度かと思われます。
そして「まぁ今日はとりあえず言うこときいておこうっと」なのではないかと・・・

反対に、外出していて、散歩に行くには夜が更け過ぎていて、室内で運動させることしかしなかったり、キャリーバッグに入れて、 遠出に連れ出すような遊びに近い過ごし方をしていた週は、せっかく入りかけていた服従の気持ちも霧散するらしく、 りどみぃの立場は"楽しい遊び仲間"格下げされてしまいます。
そして、その週末のしつけ教室は、言うことなんぞ聞いてくれない結果となります。(; ;)

人間が熱を出して寝込んでいようが、仕事をしていて構えないだけであろうが、理由は関係なく、みんとにとっては 「今日は訓練はなかった」事でしかないようです。

それから、散歩の時に受ける刺激の大きさも関わりがあります。
散歩コース大きな公園にするか広い歩道付きの住宅街にするかによって、 会う人間の数や散歩中のわんこの数は大きく異なります。

みんとは、遊びたいわんこに出会うと(顔見知りのわんこである場合もあり)興奮して、 りどみぃの言うことが耳に入らなくなってしまう場合があります。

りどみぃとしても、飼い主さんが知らない人だったら「すみませんっ」とみんとを小脇に抱えて帰ってくる事もできますが、 顔見知りになってる飼い主さんだったら、ご挨拶しないわけにもいきませんので、いつものお持ち帰り作戦が出来ません。

すると・・・ですね、みんとのせっかく良い状態だったのが(あんまり引っ張らないとか)台無しになってしまうのです。

「騒いでも、言うことをきかなくても大丈夫だった♪ やっぱり自分の好きに振舞っていいんだわっ」

・・・とみんとが考えているのかどうか・・・とにかく台無しになると、翌日は台無しのところから訓練のやり直しです。(; ;)

せっかく、あんまり引っ張らなくなっていたのに・・・せっかく、「ツケ」と言えば、 一度ですぐつくようになっていたのに・・・振り出しに戻るだぁ(/_;)

ところが、反対に誰にも会わず、散歩中のわんことも行き会わなかったような散歩をすると、 良い状態のまま帰宅することが出来、次回の散歩も良い状態で始まることが出来るのです。

みんとは、あっさりした散歩過ぎて、物足りなそうですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

みんとが優秀になっていく?!

前回アップできなかったので、みんととWon da Ball(ワンダーボール)の写真を♪

ちゅ☆っとしているけど、目が真剣でこわい・・・耳も裏返ってるし・・・

 

10日に38.5℃の熱を出して寝込んでしまったりどみぃは、13日土曜日のしつけ教室は、「お休みしようかな~(´`)」 とか一瞬考えました。

しかし、しつけ教室に行くと、ためになることを教えていただけるので、 行くか行かないかではその後の一週間が大違いになりそうな予感がして、温かい格好の完全防備を調えつつ、出席することにいたしました。

この日は、初めて体験するハードルなども用意されていて、みんとは指示に従ってジャンプして越えたり、 離れた場所から伏せの指示をしても出来たり・・・と、大変優秀だったのでした。(☆☆)

昨年の最後のお教室の日に、何も言うことをきいてくれないのが悔しくて、泣きながら帰ったのが嘘のようです! ああっ感動ですわっっっ

とはいえ、その翌週、1月20日のお教室の日は、13日のこの優秀だった犬とは別犬かのように、アイコンタクトはしないは、 遊ぶ気にばかりなっていて要求には従わないは・・・で、先生をして「なんだ、みんとは・・・先週は、すごく良くなったって言ってたのに」 と言わしめるほどでございました。

栄光の日々は短い・・・(/_;)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ワンダーボールで運動不足解消

9日は、りどみぃがアルバイトで外出したので、帰宅は暗くなってからになってしまい、お散歩をパスしてしまいました。
もちろん訓練も出来ませんでした。

最近のみんとは、訓練で短時間&短距離の散歩しか出来ないので(以前は毎日1時間は行っていたのに)、ちょびっと欲求不満のようで、 自分の尻尾にじゃれてくるくる回るという遊びをするようになってしまいました。
犬の行動の本には、ストレスがある時や運動不足の時に見られることもある・・・と書いてあり、りどみぃはひえ~(汗)っとおののくのでした。
でもねぇ・・・ここで可哀想だからって訓練をやめたら、引っ張りわんこの汚名を欲しいままに生きていくことになり、りどみぃの 「お散歩行くのいやだなぁ気分」は強まるばかりに思われます。
ここはわしら一人と一匹の踏ん張りどころよねっ!

運動不足解消の一助にでもなれば・・・と、以前買ってあったワンダーボールをおろしました。
これはスイッチを入れると内蔵された電池とモーターの力で、自動的にコロコロ☆転がるサッカー・ボール柄の犬のおもちゃなのですが、 動く物を追う犬の習性を刺激するようです。
中のモーターに特徴があるようで、多少の段差や行き止まりにぶつかった時でも、転がる方向を変えることで動き続けることが出来ます。

みんとのお母犬は、馬小屋のねずみを捕るのがお仕事として作られたという犬種、ミニチュア・シュナウザーなので、 動く物を追う習性は強いのではないかと予想できまして、野生丸出しのわんこになるとまずいかな・・・と、遊ばせるのをためらっていたのです。
しかし今回は、運動不足解消が目的ですから、野生丸出しで追っていただきましょう~!

予想通り、みんとは夢中で遊んでくれました。
ボールの速度には負けてないので、追いついてくわえるのですが、口の中でもぐりぐり☆回られて気色悪そうにぽろり☆と出したり、 1mほど離れて様子を見てから、躍りかかって押さえつけようとしたり・・・と、いろいろ面白い行動が見られました。

そうそう、前肢で、ちょいちょい☆とか、バシッ☆っとか叩く仕草などは、猫の前でねこじゃらしを揺らした時と同じ手付きで、 ラブリ~ですのよ。

時々、がしっとくわえたみんとの歯が、ちょうどボールのスイッチを押してしまい、ぴくり☆とも動かなくなるという事もありましたが、 目の前でスイッチを入れて再び動くようにしてやったところ、仕組みを理解したのでしょう・・・動かなくなると、 とことことりどみぃの前に来て、「あのね、動かなくなったの」と目で訴えてくるようになりました。(汗)

しまいには、みんとが疲れて息を切らしているようなので、「おしまいね」 と言ってみんとの届かない所に置いてあるおもちゃ箱にしまいましたが、直後に抱っこしてみたところ、みんとの心臓はばくばく☆でした。
運動不足解消ね。作戦大成功です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

一歩ずつお散歩五回目

5日の金曜日は、みんととお出かけの用があって、訓練は出来ませんでした。

リードを付けて歩かなくてはならなかった時は、しっかりとリードを握ってりどみぃより前に行かせないようにした程度・・・それでも、ぐいぐい☆引っ張られながら歩くよりはマシなはずです。

お正月にあまり外に出ている時間が無かったせいか、バッグに入れて電車での移動中も、メッシュの部分からずっと外を眺めていました。(いつもだったら寝ちゃうのに)

6日の土曜日はお天気が悪くて、お散歩はナシ。
ストレス解消の遊びの為に、トイレットペーパーの芯を与えました。

たのし~♪ by みんと

新聞やティッシュを噛まれてはたまらないので、紙類は全てみんとの届かない所に置くようにしていますが、みんとの「紙を噛んで遊びたい」という欲求もかなり強いようなので、 ご褒美として与える紙類だけは噛ませてやろうかなと思いました。

この紙は噛んでいいけど、これはダメというのはみんとには難しいでしょうから、単票の紙や本と区別がつくように(つくのか?)、りどみぃから与える噛んでOKの紙は、ロール状の物だけに限っています。ラップの芯、トイレットペーパーの芯などです。

ほんの少しの時間で芯は粉々に噛み千切られ、みんともすっきり☆

7日は動物病院で爪切りしていただいた事くらいがニュースです。
1,050円でしたが、りどみぃは自分で切ろうとは思いません。みんとの爪は全部黒い爪だから、どこまで血管なのか見えなくて、勇気が持てない・・・(汗)
ギロチン型の爪切りも買ってないし・・・
まだみんと、りどみぃに完全に服従していないから、暴れそうだし・・・

そして今日、8日は一歩ずつお散歩の五回目でした。

五回目の一回目は、一歩×三回、三歩×三回、五歩×三回などは全部一度でクリアして、八歩に挑戦しました。
八歩歩く間、一度も引っ張らなければクリアなのに、途中でちょこっと引っ張ってしまったりして、なかなか八歩連続三回クリアならずでしたが、ツケの要求には多くて二回で応えました。

その後、八歩×三回もなんとかクリアしたので、十歩に挑戦したのですが、みんとの集中力や根気が続かなくなってきて、ツケの要求をされると、りどみぃの左足のかかとの後に横向きで座るという態度を取り始めました。

「ツケばいいんでしょっ!ついたわよ。でも、もうウンザリ」 という、みんとの心の声が聞こえてきそう。(^^;)

りどみぃ、左膝の辺りをぽんぽん☆と叩いて正しいツケの位置につく様に要求しましたが、みんとはちろり☆とりどみぃを見上げてから、 「ふんっ」とばかりにそっぽを向いて、 重いお尻を動かそうとはしませんでした。

こ、こいつ・・・間違ってしまったのではなくて、わざと反抗的な態度をとっている・・・
ああ、そうですか、そうですか!

当然、りどみぃはみんとを抱き上げて、お散歩終了&お持ち帰りです。
記録は四分の三区画。
家へ向かう時、みんとの「んふ~っ」といいうタメイキが聞かれました。(笑)

帰宅後、リビングでみんとはリビングを猛ダッシュして走り回り、短かった散歩のストレスを発散していました。
その荒れ様が収まった時、声をかけてツケを要求したところ、みんとは直ちにびしっと正しい位置につくことで応えました。ご褒美をやって、別の位置に立ってから再びツケを要求すると、やっぱり直ぐに傍に来て正しい位置につきます。三回目も同様。

やればできるじゃなーい(・_・)

お持ち帰りされた原因・・・やっぱこれかぁ(ーー;)

・・・とみんとが思い至ったらしく、一時間半の後、五回目の二回目の訓練に出た時には、一回目に横向きにツケをした場所まで進んでも、今回はちゃんと要求に応えました。

その後、順調に引っ張らない&ツケを要求されたらすぐにつくをこなし、十歩×三回、十五歩×三回もクリアできちゃったのです。

二十歩×三回、二十五歩×三回もクリア・・・結果として、五回目は二区画歩くことに成功しました。
めでたい!

引っ張られない散歩はなんて楽なんでしょ(☆☆)と、りどみぃは、 うれしくなったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

一歩ずつお散歩四回目

お正月~親戚を訪問したり、飼い主が酒を飲んだり朝寝していたりして、正しい訓練が出来ません。

毎日続けるのがいいとは解っておりますが、雨の日もあれば、飼い主が煩悩に敗ける日もあるってことで・・・
そこで、タイトルを"四日目"ではなくて、"四回目"にしてみました。

みんともちゃんちゃんこなど着て、だらりん♪と過ごしているイメージです。

年が明けて四日、それまでに、みんとも毎日一度は外に出る機会がありました。
しかし、それは駅伝の応援という遊び的な意味合いだったので、訓練は一切しませんでした。

りどみぃに出来たのは、自分より前を歩かせないように、リードをしっかり持つ事位でしたが、みんとはしっかりとぐいぐい☆引っ張って前を歩こうとしてくれまして、「ああっ年末にやった訓練は何だったの?! まったくの時間の無駄だったのっっっ?!」と、りどみぃを嘆かせるのに十分だったのです。

その外出の他、お散歩に行かない代わりに、家の中ではいっぱい遊びました。家の中だと余計な刺激が無いせいか、ナイスなみんとちゃん・・・アイコンタクトもばっちり☆
「りどみぃ命」とその瞳に書いてあるような・・・いいわぁ~(´`)うっとり

さて、今日は心を入れ替えて訓練再開。

四回目の第一回目は(ああっわかりにくい)、 75mほど進みました。
今回から、ツケをしたら褒めてチーズを与える、その後、名前を読んでりどみぃを見上げてアイコンタクトが取れたら、また歩き出す・・・というようにして、「横にいるといいことある」というのと、「りどみぃを見ないと先に進まない」というのを理解させるように努めました。

チーズの力は偉大よね・・・

玄関前から、ツケでスタート

一歩前に出て言葉のみで「ツケ」。二回言葉で言っても出来なければ、三回目は膝の横辺りを叩きながら「ツケ」と言う。

正しい位置にツケが出来たら言葉で「いいこ(*^^*)」とチーズでごほうび

アイコンタクトできたら、またスタート

一歩×三回は難無くクリア。
三歩×三回も見事にクリア。
五歩×三回は、電柱の根元を嗅ぎたいそぶりがあったりして危なかった(?)けど、クリア。

また、歩いている途中で自らりどみぃを振り仰いでアイコンタクトを取って来た時は、ただちに褒めてチーズを与えるというのを繰り返しました。
この法則はすぐに理解したようで、75m進むまでの間は、何度も見上げてくれたのでした。(☆☆)

そうだよ、みんと!それでいいんだよっっ!!

しかし、その後、みんとが行こうとする方向から妙齢のお嬢さんが歩いて来て、遊びたくなったみんとはリードを引っ張りまくり、「いけない」との制止に耳を貸すこともせず、ツケもしなかったのでアウト。お持ち帰りとなったのでした。

四回目の二回目は、遠くで子供が遊ぶ声が聞こえても、新聞屋さんが配達のバイクで脇を通っても、みんとはきちんとツケをして待つことが出来ました。
すごいじゃなーい(゚゚;)

どうやらさっきは、よそのおねーさんと遊ぼうとしたから帰ることになった・・・と思ったようです。正解!

それはさて置き、どうもみんとの動きを見ていると、「ツケと言われたらツケばいい」とは理解しているようです。だって、たとえ一歩目で引っ張られたのでツケをさせようが、十五歩歩いてからツケをさせようが、ちゃんとやるのでした。
でも、これは一番大事でりどみぃが理解してもらいたい”引っ張っちゃダメなのよっ!”というのは、 ちっとも理解していないと思われるのです。

そこで、一歩一歩を、ゆ~っくり歩くことにしました。それから、口に出して「い~っぽ、に~ほ」とカウントすることにしました。
引っ張られた時と、五歩や十歩の切りのよい歩数まで歩けた時に、ツケを要求しました。

するとどうでしょう?! みんとがそっぽを向きながらとはいえ、ゆ~っくり歩いてくれるではありませんか!

おおっ、すごいぞ みんと! 理解したのか?!

少しは、リードを引っ張ると停まることになるという法則を理解したのか、リードがぴん☆と張らない様に上体を前に出す感じで進もうとします。犬の平行移動みたな動き・・・いいじゃないの~(感涙)
まだ瞳は行きたい方を見つめていて、ちっともりどみぃを見ませんけどね。引っ張らないだけマシですわ。

なんと偉いことに、みんとはこの後125mほど進んだ所で近所のお子様達に声をかけられましたが、一度飛びつこうとはしたものの、りどみぃの「いけない」という制止を聞き分け、ちゃんとおすわりして尻尾を高速で振ることで好意を表すことが出来たのです。
みんとに声をかけてくれた子供達が立ち去った後も、名残惜しそうに見送ってはいましたが、きちんとおすわりしていました。
すごいわぁ(☆☆) みんとは、いいこだねぇ~

しかし、その後ある建物の植え込みポットの角を執拗に嗅ぎたがり(よその犬がマーキングしてある模様)、三回ツケの要求を無視して、お散歩終了となったのでした。記録は150mくらい。

四回目の三回目は、二回目にこだわった植え込みポットはほとんど嗅ごうとしませんでした。
「これを嗅ごうとしたから帰ることになった」と考えたようです。 その通りだよ!
でも、結局はその先に進んだ方にあった電柱の根元を嗅ぐことを熱望してリードを引っ張り、ツケの要求も無視し続けて・・・お散歩終了&お持ち帰り。記録は200mほどでしょうか。区画のちょうど半分くらいでした。
数日前に、区画を一周することが出来たのに比べれば短いようですが、今回は通行人とすれ違ってもやり過ごすことが出来たとか、みんとがイライラしていなかったとか、ちょっと様子が違います。

りどみぃとしては、今日の方がずっといい出来だったと思いました。未来は明るいかもしれん・・・(´`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »