« 一歩ずつお散歩二日目 | トップページ | 一歩ずつお散歩四回目 »

2006年12月31日 (日)

一歩ずつお散歩三日目

三日目ともなると、みんととしても少しはルールが解ってきたようです。

どうもツケと言われたらやらなければ少しも前には進まず、やれば褒められて進める・・・
でも、お散歩に行ける興奮でそれどころじゃないし、りどみぃの言うことを聞くのは悔しい・・・

みんとの心の声としては、こんな感じでしょうかね。

三日目第一回は、 80m進んだ所で近所の方に会ってしまい、遊びたくてたまらない気持ち全開のみんとは、前肢を宙に泳がせるようにして、ぴょんぴょん☆とその方に飛びつこうとしていたのでした。

この状態で、「いけない」と言って、みんとがやめれば良かったのですが、三回言って&首輪を押さえても興奮状態が止まなかったので、 アウト! お散歩は終了。帰宅しました。

お散歩終了で帰宅する時は、おもむろにみんとを抱き上げ、りどみぃの小脇に抱えます。そして、有無を言わさぬ態度で無言で、今来た道をずんずん☆と引き返して行きます。

玄関で、抱えたままでリードと首輪をはずし、そのままリビングに入って、動物用のウェットティッシュで足を拭いてしまいます。
その後、みんとは離してやりますが、りどみぃは上着を脱いだり、部屋着に着替えたりをこれ見よがしに行い”散歩は終了だぜぃ!(‐_‐)”と無言で宣言します。

この一連のお散歩終了&お持ち帰りも回を重ねると、みんとの態度も違ってきます。

最初に小脇に抱えて帰ろうとした時、みんとはじたばた☆と逃れようと暴れました。
しかし、りどみぃは、しっかりと抱えて、逃がしませんでした。力のあるところを示して、どちらがリーダーかを悟ってもらうことを意図していました。

それから、来た道を帰ることで、「せっかくここまで来たのに、振り出しに戻るだ」と思わせることで、抱っこしてお散歩の続きをするのではないという事も、解ってもらいたいと思っていました。

お持ち帰り二回目以降、もう暴れることはありませんでした。
ただ、横顔が「あ~あ・・・」とタメイキでもつきたそうな表情で、こちらも胸が痛むのでした。
そして、最初はりどみぃが気まぐれで終了したように感じていたようなのですが、やがて「どうやら自分が何かやってしまったらしい。何がいけなかったんだろう?」と考えるようになったようです。

最近では、あきらめて遠くを見つめる瞳をしとります。

三日目第二回は、なんと近くの区画をぐるっと一周することに成功しました。

みんと的に、「さっきはよその人と遊ぼうとしたからお持ち帰りされたらしい」と思い至ったようで、通行人を発見すると遊ぼうとして引っ張ってしまったりはしましたが、「あ、いけない」とばかりに、すぐにツケの位置に戻ってみせるので、クリアの連続で先に進むことが出来たわけなのです。

ちょうど家の前に戻った所で、近所のお子様達の遊ぶ声に刺激されてぐいぐい☆引っ張り、結果的にお散歩終了になりました。

う~む・・・みんとに「引っ張ることはいけないんだよ」 と悟ってもらうのは難しいなぁ(´`)

|

« 一歩ずつお散歩二日目 | トップページ | 一歩ずつお散歩四回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/4793591

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつお散歩三日目:

« 一歩ずつお散歩二日目 | トップページ | 一歩ずつお散歩四回目 »