« 飼い主の予習 | トップページ | ダンバー君だしイアンだし »

2006年11月12日 (日)

ダンバー君との出会い

「犬と暮らしを楽しもう」というNHKの番組テキストは、これから犬を室内で初めて飼うりどみぃにとって、大変読み易く参考になる本でした。

こういう本は、カラー写真がいっぱいで、必要な道具など解りやすいし、字ばっかりみっちり書いてある本より、気軽に読んでみる気になります。

犬が人に触られることに慣れるようにしつけていく方法も、とても丁寧に段階的に写真付きで説明されていて解りやすく、お手入れの仕方や一緒に遊ぶ方法など、必要なことが一通り書かれています。

同じ様なタイプで、やっぱり読みやすかったのは、ベネッセコーポレーションの「子いぬと仲良くなる育て方 しつけ編」「子いぬと仲良くなる育て方 健康・お世話編」でした。

子いぬと仲良くなる育て方 (しつけ編) Book 子いぬと仲良くなる育て方 (しつけ編)

販売元:ベネッセコーポレーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

子いぬと仲良くなる育て方 (健康・お世話編) Book 子いぬと仲良くなる育て方 (健康・お世話編)

販売元:ベネッセコーポレーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらの本は、実際に犬を飼っている人が、「子犬の時にこうしておけばよかった」と思うことなど、生の声が多数掲載されていて、説得力があるように思いました。そういったコメントは、犬との生活が伝わってきて、とても身近に感じました。

犬の飼い方やしつけというキーワードが明確になってくるにしたがって、りどみぃは他にも読んでおかねばならない本はないかな・・・とAmazonで書籍を検索してみましたところ、イアン・ダンバー博士の著書がヒットしました。

イアン・ダンバー博士については、ネットサーフィンで犬のことを調べていた時に、「是非読んでおくべき本」という紹介や、その理論に沿ってのしつけ方法を詳しく教えているホームページなどに行き当たり、何も知らなかったりどみぃとしては、「これはすごい博士らしいぞ」と単純に思っていたのでした。

しかし、ヒットしたAmazonの書評を拝読すると、賛否両論ではありませんか!

ある人には好評でも、ある人には不評・・・どんなことが書かれてるんでしょう?!
これは、実際に自分で読んでみるしかないではありませんか!

りどみぃは、「ダンバー博士の子イヌを飼うまえに」と、 「ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに」を両方とも注文してみることにしたのでした。

ダンバー博士の子イヌを飼うまえに Book ダンバー博士の子イヌを飼うまえに

著者:イアン ダンバー
販売元:レッドハート
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに Book ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに

著者:イアン ダンバー
販売元:レッドハート
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 飼い主の予習 | トップページ | ダンバー君だしイアンだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/4163105

この記事へのトラックバック一覧です: ダンバー君との出会い:

« 飼い主の予習 | トップページ | ダンバー君だしイアンだし »