« もこもこの予感 | トップページ | ダンバー君との出会い »

2006年10月29日 (日)

飼い主の予習

りどみぃは、小学生時代から成人するまで位の間、延べ3頭の犬を飼っていました。そして、いつも犬からは、家族の中の地位はいつも犬の下にみなされておりました。

自分が犬には下の者に見られているな・・・と感じたのは、

1.りどみぃが命令しても従わない
2.餌を食べている時に頭に触ろうとしたらうなられた
3.散歩に連れて行くとぐいぐい引っ張られる
4.近くに行くと、喜んで尻尾を振りながら跳びついてくる
5.「なでろ」とばかりに、りどみぃの手を鼻先で持ち上げて、自分の頭の上にポンとのせられる

などなど、いろんな無礼な振る舞いをされていたからです~(O.O;)(o。o;)

それでも犬が好きだったのは、尻尾をちぎれんばかりに振って愛情表現してくれるのが嬉しかったからでしょうか・・・
社会人になって、お世話に時間が取れなくなるのを潮にわんことの暮らしはやめていたのですが、いつかはまた犬が飼いたいと思っていました。

犬猫等のペット禁止のアパート暮らしで犬が飼えない頃でも、りどみぃは、その気持ちを持っていましたが、いざ環境としては飼えるような状況に引っ越ししてみると、今度はいろいろと忙しくてやっぱり飼える状況じゃない・・・というのが数年続きました。

しかし、いつか来るべきわんこお迎えの日に備え、お勉強しておくことにしたのでした。予習・・・ですね!

2005年9月~11月に、NHK趣味悠々で放送された「犬と暮らしを楽しもう」という番組も、テキストを買って、放送を録画して、一度も欠かさず観たものです。

このテキスト&番組は、犬を実際に飼い始めた今となっては、大変よくできていたのだなぁと感じとります。

犬と暮らしを楽しもう Book 犬と暮らしを楽しもう

著者:井本 史夫,鳴海 治
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« もこもこの予感 | トップページ | ダンバー君との出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/4001260

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い主の予習:

« もこもこの予感 | トップページ | ダンバー君との出会い »